ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
約4割の人が「趣味は読書」と回答しているけれどその実態は?:r000017002288 | PARAFT [パラフト]

出典:freepik

読書の記事

約4割の人が「趣味は読書」と回答しているけれどその実態は?:r000017002288 | PARAFT [パラフト]

2017.02.15

読書の記事2017.02.15

寒い冬こそ読書で頭を熱くしよう

約4割の人が「趣味は読書」と回答しているけれどその実態は?

keyword: 読書 国語 読書量 速読 識字率

このエントリーをはてなブックマークに追加
趣味は読書です、と言い切れるくらいには本を読んでいると思っています。今年のお正月に文化庁の「国語に関する世論調査」を読んでいて愕然としました。今回はこの調査で気になったデータを材料にして読書を取り巻くリアルをちょっと覗いてみたいと思います。(タイトルのデータは2011年総務省統計局から)

2017.02.15 文章 / 千歳敬雄

1か月に1冊も本を読まない人は何%か?

文化庁が「日本人の国語に関 する意識や理解の現状について調査し,国語施策の立案に資するとともに、国民の国語に関する興味・関心を喚起する」という目的のもとに毎年実施されているこの調査。そこで気になった数字です。

【質問】あなたが1ヶ月に読む本は?
「読まない」47.5%
「1〜2冊」34.5%。
「3冊以上」18%。

約半数が「読まない」という衝撃の結果。
参考までに日本人の識字率を確認しておきましょう。近頃は識字率の調査が無いので古いデータになりますが、戦後間もない1948年に実施された「日本人の読み書き能力調査」で非識字率に該当する割合が2.1%とあります。逆算すると識字率は98%になります。70年前に98%の識字率があったと推定される訳ですから、大抵の人は「字は読めるけれど、本は読まなくなっている」という事になります。

では何故、読書出来ないのでしょうか? (複数回答)

「忙しくて時間が無い」51.3%

これは何となく想像どおり。読書に限らず「やった方が良いのは分かっているけれどやってない時の理由」のNo.1ですので。さて、前回の調査結果と差が大きいのは

「情報機器で時間が取られる」26.3%

という項目です。これは嫌な感じです。情報機器で情報収集していれば良いのですが、それ以外の用途に時間が取られてしまっているのかも。SNSやゲーム、音楽が悪い訳ではないですが、時間が無い要因はそのあたりなのかな、と。

上手に本を読むための工夫を伝授します

字が読めない訳では無いが読む時間が上手く作れない、という人が大半だと仮定した場合、解決の方向性は「限られた時間で上手に本を読むこと」になります。たくさん本を読むことが目的ではなく、良い本から知的興奮を得る機会をたくさんもつことが大切です。だから速読術というのは昔から一定の支持を集める訳です。私は速読術に関しては書店で立ち読みした程度で、軽く読みたい作品は我流の飛ばし読みをしています。

▼ 私の本選びのパターン
① テーマを決める

興味がある、必要に迫られた、などきっかけはいろいろありますが、まずはテーマです。知りたい事がどの分野なのか分からない場合は素直に書店や図書館で司書さんに相談。
② その中からピンとくるやつを探す
個人的には好みのリアル書店で見て回るのが幸せです。もちろん、ECは便利なので、後述する横の読書をする場合はアマゾンのレコメンデーション機能がお利口さんで面白い作品を紹介してくれるのでついで買いしています。
③ そのテーマにどの程度深入りしたいのか決める
一冊でお腹いっぱいの場合と、気になって色々知りたくなる場合など興味分野は人それぞれです。この先、その分野とどのくらい腰の入ったお付き合いをするのかを何となく決めておきましょう。でないと、似たような書籍を買い続けたりする事になり、お金と時間を無駄にしてしまいます。私はこの時に「縦の読書と横の読書」というマトリクスを脳内に描いて本棚整理しています。

▼ その本を買うかどうかの判断基準
① 目次をたどる

本で得られることの目安を持つためです。
② 書評を読む
書評やレビューは確認してから判断する。
③ 参考文献を確認する
どうしても迷う場合や高額な書籍の場合は参考文献などをチェックして、著者の情報量や感度を確認する。

その上で、
・タイトルや著者がふと気になったレベルなら①で確認
・テーマそのものに関心がある場合は①と②は必須
・専門家の世界を垣間見たりしたいなら③まで

【番外編】ほかに装丁を見る というのがあります。これは出版社の本気度も確認出来るので時には有効ですが、「装丁買い」して失敗する事も当然あります。

あなたが残り人生で読める本は何冊くらいあるのか?

それでも30代の回答者における「今後、読書量を増やしたいですか」に対して「はい」と回答している人は女性84%、男性76.2%とまずまず健全です。

現在30歳の人の平均余命57.5年と月の平均が2冊という前提で計算すると、今30歳のあなたが残りの人生で読める本はおよそ1380冊です。これを多いと感じるか、少ないと感じるか。

一年で76,000点くらいの書籍が出ているので、今後もこのペースが続いたと仮定した単純計算だと、あなたが平均余命を終えるまでに世の中に出てくる本のわずか0.032%にしかなりません。読んだ本というのはその人の人格に必ず何かしら影響すると思うのですが、私たちが生きている間に接する事が出来る書籍は本当にわずかな範囲でしかありません。だからこそ本選びは大切ですし、本に限らず映画や舞台など美術・芸術も含めて、「他人が発したものに触れる」習慣を今のうちに身につけておきましょう。40歳を過ぎる頃には持ってる引き出しの数に差が出ているはずですから。

【参考文献】
・平成25年度 「国語に関する世論調査」(文化庁)
・「国際教育協力論集」第15巻第1号(2012) 、 広島大学教育開発国際協力研究センター、識字能力・識字率の歴史的推移――日本の経験 (斉藤泰雄、国立教育政策研究所)
・「日本人の読み書き能力調査」(1948)の再検証 / 角知行

WRITER

マーケター

千歳敬雄

最後に「それでも読書苦手だなぁ」という人向けに、短編やエッセイなど読みやすいものも含めてご紹介しておきます。 ▼「 小泉今日子の書評」小泉今日子 (中央公論新社) 本が苦手でも手に取りたくなる本が一冊は見つかるはず。 ▼「嘘つきアーニャの真っ赤な真実 」米原万理 (角川文庫) 複雑な民族と歴史が交差するプラハで共に学んだ4人の少女の30年後を巡る旅を通じて生きていく現実を知る。 ▼「大人のための残酷童話」倉橋由美子 (新潮文庫) おなじみのギリシア神話やグリム童話の世界も一皮むけば人間の業がむき出しになる現実的なお話ばかり。毒のある文書で楽しむ創作童話。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
約4割の人が「趣味は読書」と回答しているけれどその実態は?:r000017002288 | PARAFT [パラフト]

BOOKS

寒い冬こそ読書で頭を熱くしよう

RELATED POST