ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 転職・応募に役立つ情報をいち早くゲットできる!
  2. 気になる企業に直接エントリーができるようになる!
  3. 履歴書・職務経歴書がカンタンに作成できる!

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. ご入力いただいたメールアドレスが既にご登録いただいている
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

ツールの記事

目の見えない人向けのタブレット?バリアフリーなツール紹介:r000017002298 | PARAFT [パラフト]

2017.02.24

ツールの記事2017.02.24

ITデバイスの利用を助ける

目の見えない人向けのタブレット?バリアフリーなツール紹介

keyword: ツール 障がい インターネット ダイバーシティ 商品開発

このエントリーをはてなブックマークに追加
私たちは日々さまざまな道具を使って暮らしていますが、視覚障がいを抱えている人にとっては使いづらいものも。テレビ視聴の際、視覚障がい者の方のために副音声が設けられているように、タブレットやPCなどでを利用するときにはどのようなサポートツールやアプリがあるのでしょうか。

2017.02.24 文章 / PARAFT編集部

iOSで利用できるアプリいろいろ

iOS上で利用できる視覚障がい者向けのアプリは、数多く開発されています。

▼ VoiceOver

iPhoneに標準搭載されている、音声読み上げ機能です。表示中の文字情報やタップしたメニュー、ソフトキーボードのキーなどを読み上げてくれます。つぎに紹介するTapTapSeeなどを利用する場合も、VoiceOverを起動しておくことが前提となっています。読み上げ速度やヒントの読み上げなど、13項目について自分好みの設定ができるようになっています。

▼ TapTapSee

アプリを起動し、識別したい対象を写真撮影すると、それが何かを音声で読み上げてくれます。缶詰や瓶詰の種類など、手で触れただけでは分かりにくいものの識別には特に威力を発揮します。しかし、アメリカで開発されたソフトゆえか、漢字の読み取りはやや苦手です。

▼ 言う吉くん

日本の国立印刷局が開発した、お札識別用無料アプリです。お札にカメラをかざすだけで、撮影しなくとも金額を識別して読み上げてくれます。残念ながら、お札が本物か偽物かの識別はできません。また、紙幣が使い古されて劣化している場合は読み取りにくいことも。

▼ NantMobile マネーリーダー

ドルやユーロ紙幣など20か国の通貨の紙幣額面金額を読み上げるアプリで、日本円にも対応しています。

Windows向け便利なソフトウェアいろいろ

Windows用にも読み上げソフトはたくさん出ています。

▼ PC-TALKER

Windowsの画面情報を音声で読み上げ、操作を案内してくれるソフトです。

▼ NetReader

PC-TALKERに対応した、インターネット読み上げソフトです。Webページから情報を集めてくれるほかに、YouTubeの操作もできるようになっています。スマホやタブレットでも利用できるよう、タッチ操作も可能です。英語のWebページを日本語に翻訳することもできます。

無料の読み上げソフトは他に、SofTalk、テキストークなどがあります。

▼ JAWS for Windows

画面に表示された情報や入力した文字を読み上げてくれます。読み上げ可能なブラウザは、Internet ExplorerだけでなくFireFox、Google Chromeにも対応。Microsoft Officeなど、オフィスワークの主要ソフトにも対応しています。カスタマイズすることで、電子カルテや図書システム、財務システムなど、業務ソフトの操作も可能にしてくれます。

アプリの発達が、社会参加の後押しにも

ここ数年で「多様性(ダイバーシティ)」という言葉をよく聞くようになりました。さまざまな個性・バックグラウンドを持った人材の活用進める企業が増え、性別、人種、信仰や障がいなどの“多様性”を受け入れることで、新たな発想を生み出したり、生産性を高める取組につなげようとしています。例えば商品開発の現場では、さまざまな視点を持った人が集まるほうがアイデアが出やすく、社会的マイノリティーの方たちも含めた多種多様なニーズに対応する商品を生み出すことができるからです。

最近は職場でPCやインターネットを使用する風景は当たり前のようですが、改めてふり返ってみると視覚から得る情報がとても多いことに気付かされます。視覚障がい者向けのソフトやアプリの開発が進むことは、就業・キャリア支援はもちろん、多様な個人が働く企業を増やすことにもつながるでしょう。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

スマホ、タブレットやPCほかインターネット端末が多様化し、1人が扱うデバイスの数も増えてきています。リモートワーク推進などの働き方改革はこうしたデバイスの活用なしでは進められませんから、障がいを抱える方の就業のサポートとなるツールがより増えていくことを期待します。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
目の見えない人向けのタブレット?バリアフリーなツール紹介:r000017002298 | PARAFT [パラフト]

BIZ ETIQUETTE

ITデバイスの利用を助ける

RELATED POST