ロゴ | PARAFT [パラフト]
clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

宇宙開発の記事

Google LXPが国際競争に火をつけた民間団体の宇宙開発:r000017002312 | PARAFT [パラフト]

2017.02.26

宇宙開発の記事2017.02.26

宇宙開発のイノベーション!?

Google LXPが国際競争に火をつけた民間団体の宇宙開発

keyword: 宇宙開発 Google 国際競争 資金調達 イノベーション

このエントリーをはてなブックマークに追加
アポロ11号が月面着陸を果たしたのは1969年のこと。アームストロング船長は「これは1人の人間にとっては小さな1歩だが、人類にとっては偉大な飛躍だ」という有名なセリフを残して月面着陸を果たしました。それから約半世紀が経ち、今や宇宙開発は国家事業ではなく、民間団体同士の競争となっています。そんな宇宙開発の国際競争の活性化に寄与するのがGoogle Lunar XPRIZEというコンペティションです。

2017.02.26 文章 / PARAFT編集部

月で探索車を500メートル走らせたチームが勝ち!

Google Lunar XPRIZE(グーグル・ルナ・エックスプライズ)を主催しているのは、XPRIZE(エックスプライズ)財団という非営利団体です。過去には、民間団体として有人弾道宇宙飛行をどこが最初に行うか競争するコンテスト「アンサリ・エックスプライズ」や、軌道エレベーター技術の「スペース・エレベーター・ゲームズ」というコンテストなどを行ってきました。

Google Lunar XPRIZEがスタートしたのは、2007年のこと。純民間開発ロボット探査機を月面に着陸させること、その探査機を着陸地点から500メートル以上移動させること、そして探査機が撮影した高解像度の動画や静止画データを地球に送信することなど、いくつかのミッションが課せられていて、これらを最初にクリアした団体には、2,000万ドルが賞金として贈られるというものです。2着だったチームには賞金500万ドルが贈られるほか、アポロ計画で月面に残してきた痕跡の映像や画像を撮影することができたら、ボーナスとして400万ドルが贈られるなど、さまざまなボーナスミッションも設定されています。

民間団体同士の対決だから低コスト化も求められる

これらの莫大な賞金を提供するのが、冠スポンサーとして名前が付いているGoogleです。かつて宇宙開発は、国家間の国際競争でしたが、Google Lunar XPRIZEの特徴は、参加しているのが民間団体である点です。

参加しているのは企業や大学などの民間団体ですから、自分たちで資金を調達しなくてはなりませんし、ビジネスとして成立させることが求められます。つまり、この賞金レースには、宇宙開発のイノベーション(技術革新)だけではなく、低コスト化を実現することも求められているといえます。

実は、このコンペティションには日本の民間団体も参加しています。チーム名はHAKUTO(白兎)。メンバーは、本業で宇宙開発に関わった経験者たちだということです。資金調達の方法は、クラウド・ファンディング。集めた資金で、試作車を製作しました。

最終段階に進める5チームの中に日本チームも!

HAKUTOは、この宇宙開発競争に参加しているチームの中で、賞金2,000万ドルに近いチームといっても過言ではありません。というのも、2015年に発表されたモビリティサブシステム中間賞を受賞した5チームの中の1チームだからです。

また、2017年1月には、レースの最終段階に進むことができる5チームが発表されました。その5チームとは、SpaceIL(スペースアイエル/イスラエル)、Moon Express(ムーンエクスプレス/アメリカ)、Synergy Moon(シナジームーン/インターナショナル)、TeamIndus(チームインダス/インド)、HAKUTO(日本)です。わがHAKUTOは、今年の12月には、インドチームの宇宙船に相乗りさせてもらい、探索車を月へ上陸させる計画が進んでいます。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

Google Lunar XPRIZEなどのコンペティションを通して宇宙開発のイノベーションが進めば、宇宙はより身近なものになってくるでしょう。ライト兄弟が有人動力飛行に成功してから数十年の間に、世界中の人々が世界を飛行機で旅行できるようになったことを思えば、宇宙が職場となる日もそう遠くはないのかもしれません。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
Google LXPが国際競争に火をつけた民間団体の宇宙開発:r000017002312 | PARAFT [パラフト]

OTHERS

宇宙開発のイノベーション!?

RELATED POST

関連記事はありません

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]