ロゴ | PARAFT [パラフト]
clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

経営相談の記事

経営に関する相談は誰にどうすれば良い?目的別に紹介:r000017002338 | PARAFT [パラフト]

2017.03.02

経営相談の記事2017.03.02

社外の専門家に相談するなら

経営に関する相談は誰にどうすれば良い?目的別に紹介

keyword: 経営相談 コンサルタント 税理士 社労士 弁護士

このエントリーをはてなブックマークに追加
会社を経営していくとなれば、得意先との条件の食い違いや従業員との契約など、さまざまなトラブルが起こります。それらを経営者だけの力で乗り越えていくのは困難。そんなときには、経営コンサルタントや税理士など、その道のプロに経営相談に乗ってもらうことは欠かせません。どんな相談事がどのプロに持ち込まれているのか、目的別の相談先を調べてみました。

2017.03.02 文章 / PARAFT編集部

会社の経営の仕方についてアドバイスをくれるのがコンサルタント

もっと売り上げを伸ばしたい、右肩下がりになってしまった業績を何とかしたい……。そんなとき、相談に乗ってくれるのは経営コンサルタントです。

経営コンサルタントに相談すれば、会社をどのように経営していけばいいかアドバイスしてもらえます。現状会社がどうなっているのかを売り上げ高や数値などから客観的に判断。将来会社としてこうなりたいというビジョンを踏まえた上で、そこにたどり着くにはどんなプロセスを踏めばいいのか、コンサルタントがいっしょに考えてくれるのです。

コンサルタント自身の経験やデータに基づき、現状の課題整理から戦略立案・実行計画までアドバイスをしてもらえますから、客観的で的確な意見を求めたいときには大いに助けになるでしょう。

税務の相談は税理士へ、財務表監査が必要なときは公認会計士へ

会社を経営していくには、お金絡みの面倒なことは常につきまといます。そんなときに助けてくれるのが、税理士と公認会計士です。税理士と公認会計士は、それぞれどんな役割を担っているのでしょう。

税理士は税金の専門家です。売り上げが上がれば税金を納める必要がありますが、代わりに納税に必要な書類を作ってくれたり、出納帳を管理してくれたりするのです。

一方の公認会計士は、監査業務の専門家です。資本金が5億円以上か、あるいは負債合計が200億円以上の株式会社の場合は、財務諸表監査というのを受ける必要があります。財務諸表とは、会社の財務状態がどうなっているのかを記したもので、これが正しいかどうかチェックするのが財務諸表監査です。

法律の解釈が必要なトラブル時は弁護士に相談を

社員を雇えば社員を保険に加入させなくてはいけません。となればさまざまな書類を作って提出したり、保険の支払額を算出したりする必要が出てきます。それらのことを経営者に代わって代行してくれるのが社会保険労務士、いわゆる社労士です。社労士は他に、労務管理などの相談にも乗ってくれます。

万が一残業代の支払いや過労などをめぐって従業員とトラブルになったときに頼りになるのは、弁護士です。弁護士はほかにも、取引先と契約を結んだり、契約書をチェックしたり、就業規則を整備したりするときにも相談に乗ってもらえます。単発で相談することもできますし、顧問弁護士という形で契約を結べば、会社の法務についてあらゆる相談に乗ってもらうことができます。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

規模・売上ともに小さな企業においては、”お抱え”専門家を月極契約するほどの案件も資金もない場合がほとんどでしょう。そういった場合は、案件発生ベースで依頼できる専門家とのつながりを複数維持しておくなどの努力も必要です。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
経営に関する相談は誰にどうすれば良い?目的別に紹介:r000017002338 | PARAFT [パラフト]

OTHERS

社外の専門家に相談するなら

RELATED POST

関連記事はありません

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]