ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

出版業界の記事

出版業界で働く! 仕事内容、職種、働き方とは?:r000017002402 | PARAFT [パラフト]

2017.03.11

出版業界の記事2017.03.11

1冊の本を世に出す過程は様々

出版業界で働く! 仕事内容、職種、働き方とは?

keyword: 出版業界 出版社 雑誌 編集者 書籍

このエントリーをはてなブックマークに追加
本好き、雑誌好き、漫画好きの方なら一度は考えたことがあると思われるのが出版業界への就職。ドラマや小説の舞台になることも多いのでイメージはしやすいかと思いますが、「本が売れない」「雑誌が売れない」そんな話を聞くようになって久しい今日このごろ。実際には1冊の本を世に送り出すのにどんな過程がありどんな仕事があるのでしょうか。

2017.03.11 文章 / PARAFT編集部

1冊の本を作る工程とは?

本の種類にもよりますが、1冊の本を出すにあたり出版社内での動きを見ると、企画からはじまり、執筆依頼、集まった原稿を編集し、印刷会社に入稿、戻ってきたものを校正したあと印刷所へ……と過程を辿ってやっと製本に至ります。

また自社内でおこなうのか社外に発注するのか、仕事をどのように分けて何人でおこなうのかなどは企画によっても変わってきます。そうした中で出版社内での仕事としては、制作、編集、校閲、そして営業などがあります。制作や編集では、雑誌および書籍の企画立案、執筆者やカメラマンなどへの外注依頼、そうした関係者との打ち合わせや原稿のデザインを編集するなどの作業を担当し、校閲では原稿を隈なくチェックして足りないところはないか、間違いはないかなどを細かく念入りに確認し訂正していきます。

地味にすごい? 苦労と楽しさ両方あります!

過密で厳密なスケジュールに追われながら、制作に関わる関係者との打ち合わせや、締め切りなどのスケジュール管理も行います。何度も繰り返される細部の確認や、内容自体の確認などの細かい作業も続き、本が出来上がるまで苦労の連続です。しかしながら、苦労が多いものは面白さも多いものです。

たとえば編集者などは、担当する作家やライター、イラストレーターなどから締め切り前に原稿をもらうという大きな使命を抱えており、編集者の腕の見せ所とまで言われるこのタスクをクリアすると大きな安堵感と達成感を得られます。原稿を誰よりも早く見られるというこの仕事ならではの楽しみもあります。苦労を重ねた書籍や雑誌が書店に並んだときは感慨深く、評判がよければなおさら嬉しいものです。

また、本や雑誌の制作を裏で支えるだけでなく本人が原稿を手がける場合もあり、そうした場合には自分が書いた記事が世に出て多くの人に読んでもらえるという達成感があります。関わる企画ごとに仕事内容や範囲が変わってくることもあり、常に違うやりがいや達成感があるのも面白さの一つです。

売りにださなきゃはじまらない! 営業の活躍

制作や編集、校正のような仕事は私たちがもつ出版業界のイメージそのものという感じですが、出版社の仕事の中にはもうひとつ大変重要な仕事があります。それが営業です。書籍や雑誌を作ったら、それを置いてくれる書店や出版取次会社に営業活動をおこなったり、セールスに最適な提案をしたりして自社の出版物を世に送り出さなければなりません。データに基づいた説明や売上向上のための陳列などの戦略を担当者とともに話し合いを重ねます。

またそれと同時に広告活動も重要となります。新聞やチラシ、インターネットなどさまざまな選択肢の中から最適と思われるものを選び、戦略的におこないます。せっかく送り出した出版物が売れ残って戻ってくるのはできるだけ少なくしたいものですから、書籍や雑誌の内容と同じく、営業や広告担当者の腕も重要となってくるのです。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

インターネットの普及が大きな要因となり、従来の書籍や雑誌が売れなくなったと言われる現代。出版社もこれまでとは違った戦略をとる必要に迫られるなど、取り巻く環境は厳しいものがあります。そんな中、チーム一丸となって新たなアイデアを打ち出し、本や雑誌の魅力を改めて世に伝えて売るということは、非常にやりがいのある仕事です。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
出版業界で働く! 仕事内容、職種、働き方とは?:r000017002402 | PARAFT [パラフト]

OTHERS

1冊の本を世に出す過程は様々

RELATED POST

関連記事はありません

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]