ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
憧れの沖縄暮らし! 沖縄県への移住支援について:r000017002414 | PARAFT [パラフト]

出典:Pexels

沖縄県の記事

憧れの沖縄暮らし! 沖縄県への移住支援について:r000017002414 | PARAFT [パラフト]

2017.03.12

沖縄県の記事2017.03.12

沖縄移住を具体的に考えよう

憧れの沖縄暮らし! 沖縄県への移住支援について

keyword: 沖縄県 移住支援 働き方 情報収集 仕事

このエントリーをはてなブックマークに追加
冬は寒く、夏は異常に熱い本州から、冬はほどほどに暖かく、夏はそこまで熱くない、さらに海がきれいで世界的なダイビングスポットもあり、マングローブなどの大自然も残る南国情緒あふれる沖縄に移住したい、と一度は考えたことのある人も多いのではないでしょうか。 今回は、憧れの沖縄暮らしをするための、沖縄への移住支援について紹介します。

2017.03.12 文章 / PARAFT編集部

沖縄県が行っている移住支援について

出典:Pexels

移住の人気エリアである沖縄県では、那覇などの都市部では住宅の無料支援や助成金などの移住そのものに対する支援は基本的にないものの、移住相談や住宅探しの相談は随時実施しています。また、市によっては県内の事業者を使って住居のリフォームなどを行う場合、支援金制度が設けられています。

その他、沖縄本島の一部地域や離島などで、結婚、就農や新規ビジネス開業に合わせて、いくつか特徴的な支援制度があるので紹介します。

▼ 久米島の結婚支援制度

新郎・新婦のどちらかが久米島町に住所登録をしていて、町内で結婚式を挙げる場合、最大50万円の助成金がもらえます。

▼ 農業関連

国頭村などの一部地域で実施されている制度で、新たに農業を始める場合、青年就農給付金という形で最大年間150万円の支援金がもらえます。

また、県の実施ではないですが、県内の企業では県外からの人材を募集している企業もあります。そういった企業に就職すれば、引越代や家探しなどを支援してもらうことは可能です。その他にも、民間企業で、沖縄移住者に向けた支援サービスを実施している企業もあるため、そういったところを利用することも一つの手段です。

沖縄移住に向けた情報収集の方法

出典:Pexels

実際に沖縄に移住することを考えた際、まず沖縄の情報を収集することが重要になってきます。多くの方は、沖縄移住を紹介するサイトや、沖縄移住者のブログなどを見て情報を集めるのではないでしょうか。また、不動産屋などでも、沖縄移住に合わせた相談などを実施しているところもあるため、そこで相談することもできます。

ただ、そういった情報はもちろん重要ですが、一番は自分で経験することです。下見を兼ねて一度沖縄に滞在してみることをお勧めします。その際に、観光地だけではなく、沖縄在住の人が行くところをしっかり見ることが重要です。また、可能であれば沖縄に現在住んでいる方、もしくは沖縄から県外に移住した方などの話を聞いて、沖縄のさまざまな面を知ることで、より沖縄移住がリアルに見えてきます。

沖縄移住のメリットとデメリット

出典:Pexels

沖縄県への移住にも、もちろんメリット、デメリットがあります。

沖縄へ移住することのメリットとして、まずは気候があげられます。一番寒い時期でも平均気温が17度を超えていて、春や秋でも20度を超える温暖な気候です。ダイビング、サーフィンやゴルフなど、自然の中で行うことができるスポーツが一年中楽しめる環境で、しかも、関東と比べれば安い料金で楽しめます。その上で、那覇市や沖縄市などの地域であれば、朝まで営業している居酒屋やクラブなども多くあり、街遊びが楽しめる点も魅力的です。

ただ、もちろんデメリットもあります。まず、沖縄県内では、那覇市内にあるモノレール「ゆいレール」の他に電車が走っていないため、基本的に車がないと移動が難しいようです。バスはありますが、本数が少ないエリアもあります。沖縄暮らしを楽しみたいのであれば、車かバイクが必須です。さらに、海が近いため、塩害がひどく、色々なものがすぐ錆びてしまいます。また、台風も多く、本州に上陸する台風の強さの比ではないため、台風対策も必須です。
次に、沖縄の平均年収は全国で最も低く、都心部で仕事を辞めて沖縄県内で就職した場合、収入が下がる可能性があることは予め留意しておくべきです。また、家賃以外の生活費、ガス代や食費などは沖縄のほうが高いというケースも少なくありません。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

沖縄には「うちなータイム」という独特の時間感覚があり、例えば友人同士で飲み会を開いた場合、待ち合わせ時間に誰も現れないという光景がよく見られます。都会で時間に追われていた人にとって、はじめは、そのゆっくり流れる時間に驚くかもしれませんが、その感覚に慣れると「なぜ慌ただしくしていたのか」と感じるかもしれません。移住の際は、メリットもデメリットも考えることで、後悔のない沖縄暮らしが実現できるでしょう。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
憧れの沖縄暮らし! 沖縄県への移住支援について:r000017002414 | PARAFT [パラフト]

LOCATION

沖縄移住を具体的に考えよう

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]