ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
中高生から”働く”を考える! 13歳のハローワークって何?:r000017002418 | PARAFT [パラフト]

出典:Pexels

13歳のハローワークの記事

中高生から”働く”を考える! 13歳のハローワークって何?:r000017002418 | PARAFT [パラフト]

2017.03.13

13歳のハローワークの記事2017.03.13

13歳のハローワークから学ぶ

中高生から”働く”を考える! 13歳のハローワークって何?

keyword: 13歳のハローワーク 仕事 働き方 職業体験 村上龍

このエントリーをはてなブックマークに追加
もっと幼い頃から仕事や将来について教えてくれる大人がいたらよかったのに、もっと機会や情報があったら違った道を選べたかもしれないのに、などと考えたことはありませんか? 大学を卒業するにあたって就職活動をするまで、就職について考えたことなんてなかったという方は、むしろ多数派かもしれませんね。羨ましいことに、今の子どもたちの環境は私たちの時代とはだいぶ変わってきています。

2017.03.13 文章 / PARAFT編集部

子どものための職業情報、その名も『13歳のハローワーク』

出典:Pexels

幼い子どもでもスマートフォンなど多様なデバイスを通じてインターネットに触れられる今、一世代前に比べて「仕事」について考える機会は格段に増えています。

そんな中でも、多くの学校で生徒のキャリア学習のために利用されている書籍が『13歳のハローワーク』です。これは2003年に出版された村上龍氏の著書で、さまざまな職業の紹介を、中高生にもイメージしやすいようイラストがふんだんに用られています。幼い頃から仕事について考えるきっかけを与えてくれると評判です。

発売されるとメディアなどで取り上げられ大きな話題を呼び、13歳に限らず小学校から高校までさまざまな学校で教材として使用されたり、本を題材にしたゲームやドラマなどが発表されるなどさまざまなメディアミックスが展開されました。その後新たな職業を加えた新版が発売されたりなどもしましたが、10年以上たった今日の日本社会にも少なからぬ影響を与えていると言えます。また書籍だけではなく、内容に基づいたWebページもあるので、さらに手軽にアクセスできるようになりました。

本もWebページも、見たらどんなことが分かるの?

出典:Pexels

気になるその内容ですが、書籍『13歳のハローワーク』は自分の好きなことや興味があることをキーワードに仕事の紹介を見るという流れになっていて、子どもが好きなことや興味、好奇心を大切にして、それによって学問や技術や仕事を選ぶことができれば有利性が生まれるというメッセージを含んでいます。また、子どもにも興味を持てるようなわかりやすさだけでなく、好きなことを仕事にするという働き方が見直されるきっかけをつくったといわれています。

そして発売から2年後には、書籍をもとにしたWebページが開設されました。自分自身の好きなことから仕事の情報へとたどりつく書籍版の特徴をWeb版にも最大限に活かし、自分の好きなことを軸として職業名、マップ、思い出、検索といった方法から職業を調べることができるようになっています。

就職できない年齢なのに、見ると何かいいことがあるの?

出典:Pexels

13歳のハローワーク公式Webページによると、子どもが将来の仕事や職業を考えるにあたりその職業の世界を見たり感じたりすることができる入り口となることを目的とし、またそうしたきっかけでより多くの子どもたちが自分の天職に出会い、充実した人生を切り開いていくことを狙いとしているそうです。

また書籍の著者である村上龍氏のインタビューも文章、動画両方が掲載されていますが、その中で村上氏は興味の対象の発見は自分から探すのではなく、日々好きなことを忘れずに、好奇心を失わずに過ごし、ある日興味の対象に出会うのを待つことの大切さを述べています。逆に世間でよく聞くような、人生は苦労と我慢の連続であるということを子どもに向かって言うことは、子ども自身の好奇心を消してしまい、自分が好きなことに出会ってもそれに気づかない状態にしてしまうという、その人の人生においては大きなリスクを生み出しかねないといっています。そうした考えによるこれら書籍やWebページは、人生をより豊かにするために好きなことから仕事を知り、それと同時に好きだという気持ちを深めて持ち続けるきっかけを提供していると言えますね。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

子ども向けに作られた書籍ですが、すでに中高生の時期は過ぎて仕事をしている社会人であっても、好奇心を忘れずに過ごして将来自分の興味の対象と出会うことはありえますよね。人生の充実という点において、このスタンスは大人にもおおいに役立つものになるのではないでしょうか。

■収益金について
本のある生活はあなたの人生を豊かにします。パラフトは、あなたの行動により生まれた収益金のすべてを寄付し、次世代を担う子どもたちの人生をより豊かなものにします。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
中高生から”働く”を考える! 13歳のハローワークって何?:r000017002418 | PARAFT [パラフト]

BOOKS

13歳のハローワークから学ぶ

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]