ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

地域連携の記事

大学と連携したまちづくりとは?活動内容と事例を紹介:r000017002429 | PARAFT [パラフト]

2017.03.15

地域連携の記事2017.03.15

ゼミや授業で参加する地方創生

大学と連携したまちづくりとは?活動内容と事例を紹介

keyword: 地域連携 産学官連携 まちづくり 大学地域連携まちづくりネットワーク 地方創生

このエントリーをはてなブックマークに追加
まちづくりをするにあたって、地域にとって欠かせないパートナーである大学。地方活性化のため、公共交通の整備や景観の形成など、地域連携した学生や住民の手によってさまざまな活動が各地で行われています。今回はメジャーなまちづくりの取り組みから、ちょっと変わった面白い試みまでピックアップしてご紹介します。

2017.03.15 文章 / PARAFT編集部

大学と地域のまちづくりにおける関係

地域にとって大学は自立したまちづくりにおける大切なパートナーであり、大学にとって地域のまちづくりは教育のフィールドを展開し授業の幅を広げることができる重要な存在です。双方が互いに支えあって発展することによって、地域活性化につながるという好循環を生み出すのです。

内閣府地方創生推進事務局でも、都市再生プロジェクトの一つとして、大学や地方公共団体間で情報・意見交換を行うことで地域連携のもと、まちづくりに取り組むことを推奨しています。これは大学地域連携まちづくりネットワークと呼ばれています。

また、経済産業省では街元気といわれる中心市街地活性化のための、まちづくりの情報Webページも運営しています。

では、実際に行われているまちづくりの取り組み事例を見ていきましょう。

大学と地域によるまちづくりの事例①

大学と地域が連携したまちづくりの取り組みや活動内容をご紹介します。

① 太秦地域交流プロジェクト(京都外国語大学)

商店街で行われる夏祭りの一環として、灯籠づくりワークショップや、スタンプラリー、写真展など、地域内で交流が広がるよう様々なイベントを毎年企画・実施しています。

② 南山城村を元気にするプロジェクト(龍谷大学)

人口減少・高齢化問題の危機にある南山城村の地方活性化のため、龍谷大学のゼミ生が茶農家と提携し、企画から栽培・出荷までプロリュースしたオリジナル宇治茶を生み出しました。

③ 夏季子ども科学教室(帝京大学)

八王子市立小学校に通う子どもたちが、帝京大学の教員や学生のアドバイスのもと、DNAを調べたり顕微鏡を使う体験をするなど本格的な科学的実験が味わえる貴重な場となっています。子どもたちに科学へ興味を持ってもらうことにより、将来の働き方の間口を広げる機会を提供しています。

大学と地域によるまちづくりの事例②

④ 漆サミット(明治大学)

漆は栽培型資源であり、その文化や伝統を守りつつさらなる発展を目指すため、インクジェットで蒔絵に施す新しい技術を生み出しました。このプロジェクトで、研究室の学生だけではなくさまざまな異業種の人間の交流が生まれました。また、漆サミットと呼ばれる事業で、キャンパス内でパネルディスカッションや工芸品の展示なども大々的に行われています。

⑤ 泉州RUSHプロジェクト(大阪観光大学)

観光地としてはあまり発展していない泉州を盛り上げたい、地域活性に貢献したいという学生の思いのもと計画されたプロジェクトです。観光大学の名に相応しく、地域に密着した藍染体験などの交流イベントや、地産地消を意識した地元の食材を活用したオリジナルツアーを企画しています。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

まだまだご紹介しきれないほど、全国の各大学では地方活性化のためプロジェクトやボランティアが発足され、学生や地域住民が活動に励んでいます。自分の母校や、地域の大学では何が行われているのか目を向け、積極的に参加してみるのもよいかもしれません。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
大学と連携したまちづくりとは?活動内容と事例を紹介:r000017002429 | PARAFT [パラフト]

OTHERS

ゼミや授業で参加する地方創生

RELATED POST

関連記事はありません

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]