ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
厚生労働省運営の「働き方・休み方ポータルサイト」とは?:r000017002439 | PARAFT [パラフト]

出典:Pexels

働き方・休み方改善ポータルサイトの記事

厚生労働省運営の「働き方・休み方ポータルサイト」とは?:r000017002439 | PARAFT [パラフト]

2017.03.15

働き方・休み方改善ポータルサイトの記事2017.03.15

最近きちんと休めていますか?

厚生労働省運営の「働き方・休み方ポータルサイト」とは?

keyword: 働き方・休み方改善ポータルサイト 厚生労働省 企業 自己診断 見える化

このエントリーをはてなブックマークに追加
社員の、あるいは自分の仕事と休みの実態を把握でき、問題がある場合は改善にも役立つ、厚生労働省の「働き方・休み方ポータルサイト」。どう働くかだけでなく“どう休むか”にも焦点を当てたユニークなコンセプトが特徴のこのサイト、使い方や目的などをみていきましょう。

2017.03.15 文章 / PARAFT編集部

働き方・休み方ポータルサイトが開設された目的とは

出典:Pixabay

働き方・休み方ポータルサイトは厚生労働省により2015年1月30日に開設され、長時間労働や過労死を防止するため、すべての人の「働き方」と「休み方」を“見える化”することを目的としています。

また、サイトの開設のみにとどまらず、厚生労働省内において長時間労働削減推進本部、各都道府県労働局において働き方改革推進本部を置き、企業が自社の働き方の見直しをするよう進めています。

日々の仕事に忙殺されてしまうと、労働時間と休暇の適正バランスが崩れることがありますが、これは社員にとって肉体的・精神的に悪影響を及ぼすだけでなく、過労などを理由に社員が辞めてしまうことは企業にとってもマイナス。自己診断を行い労働時間と休息時間を数値にして表し、経営トップの判断に役立てようとするのが「働き方・休み方ポータルサイト」です。

【社員向け】働き方・休み方ポータルサイトの使い方

出典:Pixabay

Webサイト内にある「自己診断」のうち「社員向け自己診断」をクリックし所定の質問を回答し終えると、労働時間と休息時間が数値であらわされ“見える化”されます。また問題点や改善方法の提案も同時に表示されるので、実態把握だけでなく改善に向けた具体的なステップを知ることができます。

社員の場合、仕事についての考え方や業務の標準化、会議の進め方、目的・成果の確認、労働時間管理、生理整頓の6項目についてどのように改善したら良いか、アドバイスがもらえます。何よりポイントなのは、自分が置かれている状況について客観的視点から助言をもらえるということ。最近あまり休めていないな……とぼんやり考えている方こそ、利用してほしいツールです。

【企業向け】働き方・休み方ポータルサイトの使い方

出典:Pixabay

企業向けの自己診断は、経営者はもちろん人事・労務を担当する社員が行うとよいでしょう。診断結果はポジションマップとレーダーチャートの2つの図で示されるので、どこに問題があるのか見てすぐ判断できます。これも見える化に力を入れた結果で、非常にわかりやすくできています。

ポジションマップでは、図の中のどこに印が表れるかで自社の働き方・休み方における問題点がわかります。問題が無い場合もその状況が把握できますが、問題がある場合はどういった方向で改善すれば良いのかが一目でわかります。

レーダーチャートでは8項目(方針・目標の明確化、改善推進の体制づくり、改善促進の制度化、改善促進のルール化、意識改善、情報提供・相談、仕事の進め方改善、実態把握・管理)について数値化され、完全な八角形に近づくほどバランス良く取り組めていることになります。自社ではどのような課題を抱えているのか、こちらも“見える化“することで今後経営判断する上での指標となることでしょう。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

自己診断で提示される改善案は印刷・ダウンロードもできるので、社内で働き方と休み方についての課題を共有する際にも役立ちます。今後の社会において、ワークライフバランスを見直すことは欠かせないので、ぜひ一度自己診断してみてはいかがでしょうか。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
厚生労働省運営の「働き方・休み方ポータルサイト」とは?:r000017002439 | PARAFT [パラフト]

TIME

最近きちんと休めていますか?

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]