ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
副業への入り口に?趣味を生かした個展開催の費用をリサーチ:r000017002476 | PARAFT [パラフト]

出典:Pexels

趣味の記事

副業への入り口に?趣味を生かした個展開催の費用をリサーチ:r000017002476 | PARAFT [パラフト]

2017.03.20

趣味の記事2017.03.20

個人でも個展を開くには?

副業への入り口に?趣味を生かした個展開催の費用をリサーチ

keyword: 趣味 個展 費用 副業 ギャラリー

このエントリーをはてなブックマークに追加
趣味の写真や絵画を楽しむ方の中には、本格的になるにつれて自分の作品を誰かに見てもらいたい、発表したいと考えている人もいるのでは? 個展を開いて生で作品に触れてもらうことは、Webで作品を公開することとはまた違う魅力があります。会場準備から予算、告知方法までご紹介します。

2017.03.20 文章 / PARAFT編集部

なにはなくともスケジューリングから

出典:Pexels

ある程度の作品数がたまってきて「個展」というアイディアが浮かんできたら、まずはスケジューリングから始めてみましょう。いつごろ、どこで開くのか、今までの作品を展示するだけでいいのか、あるいはテーマに合わせて新しい作品を創るのかどうか等から「こんな個展になったらいいな」というイメージを具体化していきます。写真の場合ですと印刷したりパネルにする準備期間も考えておかねばなりません。

開催日時を決めたら個展を開催するギャラリーを探しましょう。ギャラリーのレンタル費用は予算の大きな部分を占めますので、大きさや場所を考慮して。1日数万円のところもありますし、東京・銀座近辺は数日で数十万かかるところもあります。

ギャラリーはネット検索が便利。レンタルギャラリーなどのサイトで調べ、よさそうであれば下見に行きましょう。

個展の成否を分ける、集客方法

出典:Pexels

やはり個展を開くのですからたくさんの人に見てほしいもの。知人に声をかけるのはもちろんのこと、TwitterやFacebookでも告知しましょう。自分のブログやWebページを持っていればどんどん宣伝しましょう。あるいは、個展なびなど個展情報サイトもありますので掲載するのもひとつの方法です。登録すれば無料で個展情報を掲載してもらえます。

また、DM(案内状)を創って送るとより本格的になります。その中に作品を少し載せておけば個展のイメージをわかってもらいやすくなるので集客につながります。大量に印刷するのであればキンコーズなどのオンデマンド印刷ショップへ頼むのもいいでしょうし、それほど大量でなければ良質の紙やハガキに自分で印刷してもよいでしょう。

そのほかにかかる費用は?

出典:Pexels

写真の個展を開く場合なら、家のインクジェットプリンタでA4サイズでプリントして紙のままペタペタ貼る、というわけにはいきません。専門業者に依頼し額縁かパネルを使って展示することになります。

カメラのキタムラで調べてみたところ、フォトコンテストにおすすめだというクリスタルプリントの場合、A3サイズで1枚2,000円。印刷代込みでパネルにしてもらおうとすると、一番安い木製パネル使用でA3サイズで4,600円、マットパネルですと6,500円です。

ヨドバシカメラで調べたところ、A3の木製パネルは531円程度なので、自分でパネルにするとかなりコストを抑えられます。

また個展の開催期間中、ずっとギャラリーに詰めていられればいいですがお昼休憩も必要ですから、その間に交代してくれる知人を探しておきたいところ。もちろんお願いした場合のお礼も費用に計上しておきましょう。

【関連記事】
着物・オブジェ作家重宗玉緒さん流のアーティストとしての生き方

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

趣味の作品で個展を開くなんて考えただけでワクワクしてしまいますね。 主な費用としては、 ①会場費 ②作品作成費 ③DM費 が主なものとなります。 個展という目標を設定すると趣味にもさらに力が入りそうですね。自分の作品を大勢の人に見てもらえる喜びは格別です。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
副業への入り口に?趣味を生かした個展開催の費用をリサーチ:r000017002476 | PARAFT [パラフト]

BALANCE

個人でも個展を開くには?

RELATED POST