ロゴ | PARAFT [パラフト]
clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

ノーマライゼーションの記事

障がい・ハンディキャップに対する理念ノーマライゼーション:r000017002494 | PARAFT [パラフト]

2017.03.22

ノーマライゼーションの記事2017.03.22

障がい意識のバリアを越える

障がい・ハンディキャップに対する理念ノーマライゼーション

keyword: ノーマライゼーション 障がい ハンディキャップ 4つのバリア ダイバーシティ

このエントリーをはてなブックマークに追加
障がいの有無の関係なしに、人々が平等に生活を送るという理念であるノーマライゼーション。人材の多様性を活かすダイバーシティが浮かんで来る方も多いのではないでしょうか。普段何気なく生活しているとつい意識し忘れてしまいがちですが、障がいに特化したノーマライゼーションとそれにまつわる4つのバリアについてご説明します。

2017.03.22 文章 / PARAFT編集部

ノーマライゼーションとは何だろう

ノーマライゼーションとは、ダイバーシティとは異なり、高齢者や障がいなどハンディキャップを持った人でも特別視せずに、障がいのない人と限りなく同じに近い状態で生活を送り自立できるための社会や、生き方を見直すための環境整備のことを指します。これは標準化・正常化を意味する英語のnormalizationから来ており、社会福祉用語の一つとなっています。

1959年デンマークで世界で初めてノーマライゼーションという言葉が提唱され、法律で定義づけられました。これは1959年法と呼ばれ、のちの福祉法の元になっています。

日本でもノーマライゼーションの観点から、障がい者が自主的・積極的にスポーツが行えるよう文部科学省が推進したり、障がいの区分をなくした特別教育支援制度を設けたりと福祉の整備は着々と進みつつあります。

ノーマライゼーションと4つのバリア①

ノーマライゼーションを考えるにあたり、議題に上がる論点が1994年に日本で初めて発行された『障害者白書』がベースとなっています。

障害者白書とは、内閣府によれば「障害者基本法に基づき、平成6年から毎年政府が国会に提出している年次報告書であり、障害者のために講じた施策の概況について明らかにしているもの」で法律の概要や、条約、最近の施策について記載されており、その中では4つのバリア(障壁)があるとされています。

①物理的なバリア

身体の障がいをサポートしてくれる車いすや、歩行器具・杖などを使って移動する場合、家の中だけでも階段や間仕切り、外に出ればたくさんの障害物があります。今でこそバリアフリーという概念が浸透し、各施設やホテル・バスなど歩行補助や段差のないよう配慮がなされている部分もありますが、まだ完全とはいえません。

ノーマライゼーションと4つのバリア②

②文化的・情報的なバリア

情報障がいと呼ばれる視覚・聴覚に障害がある場合、対人コミュニケーション方法を始めとし、様々な情報を収集するにあたり起こり得る問題です。テレビでは字幕や同時手話通訳・副音声などがありますが一部に留まり、外では点字ブロックや誘導床材があるものの、地域や場所によってばらつきがあるのが現状です。

③制度的なバリア

学校の入試や資格・就職試験において、一部事由を除き試験方法・会場環境などの整備において、法改正や制度の導入が必要な状態です。

④心(意識上)のバリア

障がい者に対する意識の問題です。制度や環境を整備すれば解決する他のバリアに比べ差別や偏見を完全になくすことは難しいですが、考え方を見直す努力が必要です。

【関連記事】
障がい者雇用の「合理的配慮」を知ろう

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

障害者雇用促進法により、障がい者の法定雇用率も民間企業で2%となっており、障がい者とともに働くことも増えています。普段何気なく過ごしていた職場でも、これを機に4つのバリアの有無を確認してみるのもひとつかもしれません。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
障がい・ハンディキャップに対する理念ノーマライゼーション:r000017002494 | PARAFT [パラフト]

BIZ ETIQUETTE

障がい意識のバリアを越える

RELATED POST

関連記事はありません

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]