ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

意思決定の記事

意思決定のタイプを知って人間関係ストレスを回避しよう:r000017002527 | PARAFT [パラフト]

2017.03.29

意思決定の記事2017.03.29

家族や同僚の悩み相談に疲れたら

意思決定のタイプを知って人間関係ストレスを回避しよう

keyword: 意思決定 カーニー 悩み相談 ストレス 人間関係

このエントリーをはてなブックマークに追加
職場で悩み相談に乗ってあげたのに、結論を出せずに愚痴をこぼし続ける人っていませんか? 最初は善意で聞き役に徹していても、聞き続けるだけだと人間関係が面倒に感じてしまうのも無理はありません。家族や夫婦であっても、度が過ぎれば関係に亀裂が入ることも……。そんなとき思い出してほしい、カーニーが提唱した4つの意思決定スタイルについてご紹介します。

2017.03.29 文章 / PARAFT編集部

カーニーが提唱した4つの意思決定タイプとは

意思決定の際に、まずは自分がどういう状態にあるのかを知ることで、現在の自分の状況や考え方の傾向、足りないものが見えてくるものです。カーニーは「自己理解」と「自己の置かれた状況への理解」の2軸よって、意思決定のタイプを4つに分類しています。

① 混乱型

自分について知らず、置かれた環境についても知らない状態で意思決定するタイプ。その人が決めたことに、「なぜそうなる?」「WHY!?」と理解不能になることばかり……という場合は、このタイプかもしれません。

② 直感型

自己理解は進んでいるけれど、自身が置かれた環境については知らない状態で意思決定するタイプ。思いつきで行動しているように見えることが多いでしょう。

③ 依存型

自身を取り巻く環境については把握できているけれど、自分のことをあまり知らない状態で意思決定するタイプ。一見冷静に見えることが多いのですが、「自分軸」が無いため、他者に「答え」を求めてしまう傾向があります。

④ 計画型

自分についても、自身が置かれている状況についても、しっかり把握できたうえで意思決定するタイプ。

後悔しない意思決定を下すために目指すべきは計画型の意思決定ですが、その人の特性上、あるいは悩みの内容によっては、計画型で考えを進めるのが難しいことも長い人生においては多々あります。だからこそ、人は悩み、人に相談し、自分らしい選択にたどり着こうともがくのではないでしょうか。

4つの意思決定スタイル それぞれの特徴

それぞれのタイプの特徴や心理状態を見てみましょう。

① 混乱型

大きな不安があって意思決定できないタイプ、または現状で意思決定しても、今後大きな不安が生じる危険がある状態です。自分についてはやりたい仕事が思い浮かばない、自分の気持ちがわからないなどであり、環境については、自分がどんな環境に置かれるかわからない、どうやって適職を探したら良いかわからないといった状況です。

② 直感型

思い込みや独りよがりなど、情報不足の状態であるにも関わらず意思決定に踏み切ってしまう危険があります。自分がどうしたいかは把握していても、それが可能かどうかは情報不足で判断できていません。後になってから後悔するという経験を繰り返してしまいます。

③ 依存型

自分の気持ちが固まっていない、または自分に自信が無いために意思決定できないか、決定したとしても周囲の言葉によって迷いが生じやすいタイプです。自分の意思で物事を決めることを避け、周囲の言葉に流されて動きます。このタイプの相談に乗る場合は、「あなたに言われたからこう決めたのに」と責任転嫁されるリスクがあることを覚えておきましょう。

④ 計画型

自分の希望や気持ちも固まっており、置かれる環境や情報についても把握したうえで意思決定するタイプです。就職や転職後に働き方などで後悔する危険が少ないと言えます。

家族や同僚の悩み相談に乗ることに疲れたら

夫婦間や親子間などの家族で、あるいは職場で同僚や部下の悩み相談に乗っているときに、相手と人間関係に支障をきたすほどのストレスを感じる原因は、「自分の本当の気持ちを隠している」「自分が置かれた状況を分かってなさすぎて、甘い」などと、イライラしてしまうためではないでしょうか?

悩みを抱えているときほど、”計画型”になることは難しいものです。ましてや、結婚、転職、独立起業や、異動の希望を出すかどうかなど、人生の選択といえる悩みであれば、なおさらです。

また、聞き手としても、相談に乗っている相手のことが大事であればあるほど、「役に立ちたい」「幸せになってほしい」と、つい力が入ってしまいます。何度も同じ悩みを繰り返し聞いたり、理解できない結論に至りそうになると、自分のことのようにストレスを感じてしまう人も多いことでしょう。

そんなときは、カーニーが提唱した4つの意思決定スタイルのうち、相手がどのタイプなのかを分析してみて。「この人はいま混乱型だから、まずは自己理解を促すように話を聞いてみよう」「この人とは付き合いが長いけれど、どうやら依存型の傾向が強いようだ。積極的にアドバイスばかりするのは控えておいたほうが無難かもしれない。」など、悩み相談に乗る自分自身がとるべきスタンスを冷静に考えることができれば、人間関係のストレスからも解放されていくのではないでしょうか。


【こんな記事も読まれています】
~キャリア相談の仕事をしたいなら~
キャリアカウンセラー・キャリアコンサルタントの資格と働き方

~キャリア相談の仕事をしたいなら~
人生の選択に迷ったとき後悔しない決断をするために必要なこと

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

自分自身が悩みを抱えた場合にも、参考になるカーニーの意思決定理論。ここで挙げた4つの意思決定スタイルを踏まえて自分がどのタイプか意識すると、転職や結婚など大きな決断を下す時に冷静な判断ができます。大切な決定だからこそ感情や周囲の言葉に流されず、自分らしい生き方、働き方を手に入れてください。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
意思決定のタイプを知って人間関係ストレスを回避しよう:r000017002527 | PARAFT [パラフト]

OTHERS

家族や同僚の悩み相談に疲れたら

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]