ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
Googleの革新的な人事制度を築いたラズロ・ボックとは?:r000017002531 | PARAFT [パラフト]

出典:Pexels

ラズロ・ボックの記事

Googleの革新的な人事制度を築いたラズロ・ボックとは?:r000017002531 | PARAFT [パラフト]

2017.03.28

ラズロ・ボックの記事2017.03.28

人事必読『ワーク・ルールズ』

Googleの革新的な人事制度を築いたラズロ・ボックとは?

keyword: ラズロ・ボック Google ピープル・オペレーション チーム ワーク・ルールズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Googleといえば、高い給与や充実した福利厚生、カラフルなオフィスが浮かびます。さらに社員数6万人にもなる大企業で、社員の満足度が高いことでも有名ですが、なぜそこまでできるのでしょうか。 同社社員の採用・育成・評価の仕組みや、新しい働き方を指し示す『ワーク・ルールズ! 』の著者でもあり、同社の人事を導いたラズロ・ボックについて紹介します。

2017.03.28 文章 / PARAFT編集部

Googleの人事トップ、ラズロ・ボックとは?

出典:Pexels

Googleの人事担当上級副社長であるラズロ・ボック。同社へ入社した2006年は従業員数がまだ6,000人ほどでした。それが10年間で世界40か国以上にオフィスを構え、従業員数は6万人を超える大企業に成長したのです。現在は世界有数のIT企業として、働きやすい企業ランキングにも常に上位にランクインを果たすなど、働く人からみても魅力がたくさん。

「Googleで働く人は優秀である」というイメージを世界中に与えるその理由とは? 人事システムの設計をし、優秀な人材を集めてきたボックは一体どのような人なのでしょうか。

彼は1972年ルーマニアに生まれ、その後家族でアメリカへ移りました。24歳でMBAを取得するまでには、カリフォルニアで高校教師、日本で英語講師、ドラマのエキストラなど意外な経歴も持ち合わせています。その後、マッキンゼーやゼネラル・エレクトリックでの勤務を経て、Google入社へ至りました。

ボックが最も重要視するのは、採用段階

出典:Pexels

Googleでは、人事のことを「ピ−プル・オペレーションズ」と呼んでいます。ここでは人事データの分析や現状把握を行うアナリティクスグループを作り、様々な課題解決に向けてのシステムを検討し実践へと移しています。

現在同社は世界の中でも入社困難な会社の一つで、倍率はハーバード大学入学試験の約25倍。しかしボックが入社してしばらくは、他の会社に比べて給与水準が低く、優秀な社員を集めることに手間がかかっていたそう。

入社してからボックが人事チームと調べたのは、社員の学歴と仕事へのパフォーマンスの相関関係。わかったことは、この2つには全く関係がなかったという事実でした。過去の素晴らしい学歴よりも、仕事から学ぶことのできる好奇心や誠実さなどの方が重要なのです。しかしこの重要なことを、採用の段階で把握するのは困難なことで、第一印象の直観をあてにはできません。ボックは採用試験で、ワークサンプルテストや構造的な面接を用いて、優秀な人材を集めることに成功しています。

社員が楽しく働けるように、組織マネジメントの10のコツ

出典:Pexels

それでは、社員の育成や評価についてはどのように考えているのでしょうか。これらについて自身の著書『ワーク・ルールズ! 』に詳しく書かれています。ボックは人事にデータ・アナリティクスの採用、心理学者との研究などを経て、働き方または最高の生産性を誇るチームづくりなどを実現しましたが、その前提として、Googleで実践している組織マネジメントの10のコツが存在します。

① 仕事に意味をもたせる

② チームを信頼する

③ 自分より優秀な人だけを採用する

④ 発展的な対話とパフォーマンスの管理を混同しない

⑤ 最高のパフォーマンスと最低のパフォーマンスの両方に注目する

⑥ 社員のためにカネを使うべきときは惜しみなく

⑦ 報酬は「不公平に」払う

⑧ 社員を正しい方向に導く

⑨ 変化に少しずつ慣れさせる

⑩ 物事を楽しみ、常にイノベーションを

完璧な人事というのは難しいですが、常によりよい採用・育成・報酬について向き合うことが大切なのは、ここ10年間のGoogleの急成長から見ても明らかです。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

同社のピープル・オペレーションズでは人事経験者だけでなく、コンサルタント・アナリスト経験者も多数働いています。それほどボックは人事でのデータの科学的解析を大事に考えており、ユニークにも感じられる社内設計や福利厚生も、科学に基づいたものです。 こうして社員は健康的で充実した働き方を得ることができ、仕事に対する継続的なモチベーションや効率向上を実現できます。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
Googleの革新的な人事制度を築いたラズロ・ボックとは?:r000017002531 | PARAFT [パラフト]

BIZ ETIQUETTE

人事必読『ワーク・ルールズ』

RELATED POST

関連記事はありません

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]