ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
初めて目標を持たされた新人こそ振り返りを大切に:r000017002535 | PARAFT [パラフト]

出典:Pixabay

目標の記事

初めて目標を持たされた新人こそ振り返りを大切に:r000017002535 | PARAFT [パラフト]

2017.04.04

目標の記事2017.04.04

モチベーションを上げるコツ

初めて目標を持たされた新人こそ振り返りを大切に

keyword: 目標 フィードバック 目標達成 振り返り 反省

このエントリーをはてなブックマークに追加
社会人として働いていく上では、仕事の目標やミッションが課せられますが、大切なのは目標を達成したか未達だったかどうかではありません。もちろん、設定された目標そのものやでもありません。今回はその目標について、振り返りが大切であるという事を中心にお話しいたします。

2017.04.04 文章 / PARAFT編集部

日々どのような目標を立てて生活していますか?

出典:Pixabay

みなさんは毎日、どのような目標を立てて業務にのぞんでいますか?営業職の場合、半期ごとや毎月の売り上げ目標を課せられて仕事をしているのは当然ですが、毎日の行動目標を自分で立てて、月間目標を追いかけているという人はどれくらいいるでしょうか。

何かしらの目標を課せられるということは、その仕事の主担当として目指すべきゴールを明確にすることであり、目標達成に向かって邁進することが求められます。

しかし、その目標自体に気圧されて、「達成の自信が持てない」という人や、”上から降ろされた”目標自体に「納得がいかない」という社会人も多いものです。目標に合点がいかずモチベーションも上がらず、ただただ、未達の言い訳を探している……というのはつらいものです。そんなときは、壮大すぎるように思える目標を、細分化して「これはがんばれる」というのもを見つけてみてはいかがでしょうか。そう、日々の行動目標にまで分解できれば、高く感じる目標に対しても意外とやる気がわくものなのです。

目標は立てただけではダメということ

出典:Pixabay

目標を立てることはとても大切です。しかし、その目標に対して、どのようにして達成したか、あるいは達成できなかったかを振り返り反省することはもっと大切です。

営業職の場合、数字目標に対して、このクライアントからどれだけの売上を確保するか、どうやってアプローチするかなどを戦略的に考え、期の途中で定期的に上司からフィードバックがあります。目標を達成できなければ、どうして達成できなかったのかを上司に説明する必要があり、次は達成できるようにさらに念を入れた作戦会議を行ったりします。

これと同様に、仮に数字にできない目標だとしても、常に進捗状況を把握し、達成の可否を判断すること、そして達成したしないにかかわらず振り返りを行うことが重要。

日々の行動目標を立てたら、毎日の行動を5分でもよいので振り返り、「あのときこうすれば、もう1件アポイントを入れられたな」など、改善点を具体的にしていくことが大切なのです。

目標を振り返るための具体的な手順例

出典:Pixabay

目標を振り返ると言っても、どのようにすればよいかわからない方もいるでしょう。そこで、振り返り方の具体的な例をいくつかお話しします。

①物語化してみる

自分の立てた目標と、その結果、そこに至るまでのプロセスを、簡単な物語にしてみましょう。文章にする、あるいは他人に話すなどして、客観的に自分を眺めることにより、なぜそうなったのかを気づくのです。

②記録をつける

目標に対しての進捗を、パソコンや紙などでグラフ化し記録していきましょう。時系列で記録することで今後の目標設定時の参考になります。

③ご褒美を与える

目標を達成したら、ちょっと高額な自分へのご褒美をプレゼントしましょう。そのプレゼントを見るたび次の目標達成への意識が高まるはずです。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

社会人になりたてのころは、「目標」や「ミッション」を与えられると、兎角「難しそうだ」と感じがちです。目標達成に向けてスタートダッシュを切った同期を見ると、ますます自己嫌悪に陥ることも。そんなときこそ、自己否定に走りすぎず、「できること」を自分でさがして、まずは「できたら褒める」こと。できなかったら、できるようにするにはどうしたらいいかを、「自分で」考えて、それでもダメだったら近くの先輩に相談して。人からの相談は意外と嬉しいものですよ。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
初めて目標を持たされた新人こそ振り返りを大切に:r000017002535 | PARAFT [パラフト]

OTHERS

モチベーションを上げるコツ

RELATED POST

関連記事はありません

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]