ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
IT技術を駆使したオフィス空間設計が仕事の質と働き方を変える:r000017002540 | PARAFT [パラフト]

出典:freepik

スマート・ビルディングの記事

IT技術を駆使したオフィス空間設計が仕事の質と働き方を変える:r000017002540 | PARAFT [パラフト]

2017.03.16

スマート・ビルディングの記事2017.03.16

未来のオフィス最前線

IT技術を駆使したオフィス空間設計が仕事の質と働き方を変える

keyword: スマート・ビルディング IoT Apple IBM Watson 職場

このエントリーをはてなブックマークに追加
Appleの新しい社屋「Apple Park」、IBM Watsonを用いたIoT技術導入のオフィスビル、2つの事例を紹介。「スマート・ビルディング」から、働きやすさ働離職率の低下にも大きく影響するともいわれる、未来のオフィスの在り方を探ります。

2017.03.16 文章 / Shivani Gopalkrishna

働き方の変革は、「オフィス空間」にも広がっている

出典:freepik

さまざまな切り口で語られる「働き方」ですが、その多くは、企業や組織の仕組みや制度、人の考え方の変革に焦点が当てられてきました。しかし最近では、「オフィス空間が働く人にもたらす影響」という分野が注目されています。米国サンフランシスコのゲンスラー・アンド・アソシエイツ社は、この分野で先端をいく企業のひとつ。専門はオフィス設計事業ですが、建築・インテリアコンサルティング総合デザイン事務所でもあります。「企業は日々、己のミッションを実現していく必要があり、そのためにはイノベーションが不可欠。そして、イノベーションを生む源泉の一つとして、オフィス空間を位置づけるべきだ」と同社は指摘しています。

また、オフィスや施設など「ビル管理」に関しても、環境に配慮し自然災害にも対応する新しい手法や考え方が導入され始めています。これがいわば、人工知能・AIやIoTを活用した「スマート・ビルディング」。建物全体の運用効率を高め、省エネや光熱費削減を目指したもので、企業だけなく、多くの公共施設や大学などの公共機関で実用化されています。

ジョブズ最後の作品 『Apple Park』にみるオフィス空間の再定義

オフィス空間が働く人にもたらす影響を考慮した、「未来のオフィス」の例として、亡きスティーブ・ジョブズ氏が最後に計画に参画したAppleの製品として有名なAppleの新社屋、「Apple Park」があります。サンタ・クララ・ヴァリーの中心に突如として表れる、グラスパネルで覆われた宇宙船のようなユニークなビジュアル。以前より頻繁にニュースになっていたのでご存知の方も多いかと思いますが、この4月から半年という期間をかけてスタッフの引っ越しが始まる予定だとか。

175エーカー、明治神宮とほぼ同じサイズの広大な“キャンパス”の特筆すべき点は、世界でもトップクラスのエネルギー効率設備が設けられている、ということ。建物の屋根には、世界最大級といわれる17メガワットを発電するソーラーパネルを設置。キャンパス内で必要となるエネルギーのほぼすべてを、再生可能エネルギーでまかなうというから驚きです。また、最新の自然喚起システムを導入したことで、1年のうち9カ月間はエアコン無しで過ごせるほどの快適さも担保されていると聞けば、人体にやさしいオフィス環境だということが想像に難くないでしょう。

敷地の中央をはじめ、多くの場所に池や樹木など緑地帯を設けたほか、ジョギングコースやフィットネスセンター、カフェなど、仕事をする社員が心地よく過ごせる、大人のための新しいワーク型公園に仕上がっています。

テクノロジー界に変革をもたらし続け、私たちの行動様式さえも変えてきたAppleが次に目指すもの。それは、「オフィス空間の再定義」であり、それは私たちの働き方に影響をもたらすものであるといえるのではないでしょうか。

IoTの活用で利便性が高まるスマート・ビルディング

出典:freepik

もうひとつ、最先端テクノロジーを活用した「未来のオフィス」の例をご紹介しましょう。それは、世界最大級の民間企業、デンマークのISS社が提供するオフィスビル管理サービス。IoT技術を用いたセンサーをオフィスビルの各所に設置し、そこから得られる人の行動データを、オフィスビル管理に活かすという「スマート・ビルディング」を実現しています。

ISSは、自分たちが管理しているおよそ25,000の世界中のビルに、IBMのWatsonを活用したIoTの新システムを導入しています。オフィスのドアや家具、窓など各所にセンサーを設置し、リアルタイムに社員の行動データを収集。機械学習のアルゴリズムを活用して「人がオフィスの中で施設設備をどう利用しているのか」の行動パターンを分析し、さまざまな企業にサービスを提供しています。利用企業は、英国のロールスロイス社や、スイスの大手製薬・バイオテクノロジー企業のノバルティス社など。

このシステムを導入することで、たとえば、「オフィスにいる人の数」ではなく、「実際にカフェテリアを利用している人の数」に合わせた食事の提供が可能になり、カフェテリアの運用効率も利用者にとっての利便性も高まりました。あるいは、利用状況をリアルタイムに反映した予約システムを実現することで、会議室利用の利便性が高まりました。

WRITER

Contributor

Shivani Gopalkrishna

未来のオフィスは、単なる仕事場の域を超えた価値を提供する空間になるでしょう。閃きを生み、モチベーションを向上させ、一企業のコスト削減のみならず地球環境にも配慮された、「働くヒトのプラットフォーム」なのです。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
IT技術を駆使したオフィス空間設計が仕事の質と働き方を変える:r000017002540 | PARAFT [パラフト]

LOCATION

未来のオフィス最前線

RELATED POST

関連記事はありません

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]