採用ご担当者様へ

clear
  1. 転職・応募に役立つ情報をいち早くゲットできる!
  2. 気になる企業に直接エントリーができるようになる!
  3. 履歴書・職務経歴書がカンタンに作成できる!

clear

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. ご入力いただいたメールアドレスが既にご登録いただいている
clear

clear

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

04.18

tue
SKILLS
KEY
WORD

おもたせの記事

2017.04.18

おもたせの記事2017.04.18

ビジネスでの手土産の選び方

大切な取引先に喜ばれるおもたせセレクトのコツを紹介

keyword: おもたせ 手土産 取引先 セレクト 仕事

このエントリーをはてなブックマークに追加
大切な取引先に手土産を持っていくときに、煩わしさから適当に選んでしまっていることはありませんか?おもたせもセレクト次第で、取引先相手からの評価をアップさせることができます。今回はそんなおもたせの選び方のコツを紹介します。いつも選び方がわからなくて、ついつい適当なものを選んでしまうと言う人は必見です!

2017.04.18文章 / PARAFT編集部

取引先の社員構成でおもたせを変えてみよう

一般的におもたせといえば食品のイメージが大きいですが、同じ食品でもセレクトによって印象が変わります。失敗しないためには、取引先企業のメンバー構成を考えて選ぶと失敗することもありません。

例えば従業員数が多い企業では小分けされている、食べ物を選ぶのが基本。その企業の従業員全員に購入する必要はありませんが、実際に交渉している担当者の課のメンバーすべてに行き渡るように数を調整したいものです。

何人くらいいるのかわからないときは20から30個入りの食品をセレクトすることがおすすめ。仕事をしながらつまむ人も多いので、フロアに置いておくと溶けたり食べている途中に手がベタベタしてしまうチョコレートよりも、クッキーやキャンディーのようなお菓子の方が好まれる傾向にあります。

年齢層や性別によってセレクトを変えるべし

例えば女性従業員か多い取引先におもたせを持参するときには、味もさることながら、見た目も非常に大切です。

味は普通でも見た目がかわいらしいお菓子なら、女性の心をぐっと掴みます。また食品が入っている箱やラッピングも凝ったものを選ぶと、わっと会話が盛り上がるかもしれません。トレンドに弱い女性も多いので、重要な取引先におもたせを贈る場合は、最近新しくオープンしたり行列ができるような話題のお店で購入してみるのもいいかもしれません。

反対に年配者や地位の高い役職に就いている人の多い職場では、老舗の名店で銘菓を購入することがおすすめ。お菓子に詳しくない男性は多いものですが、老舗の名前は知られていることが多く、あなたの心遣いが伝わります。

気になるお菓子はどんなものが喜ばれる?

手土産のお菓子を選ぶときに見落としてはいけないのが賞味期限。取引先がすぐに召し上がるとは限らないので、最低でも1週間は賞味期限に余裕があるものを選びたいところです。

また和菓子のあんこが苦手という人は意外と多いことも覚えておきましょう。洋菓子なら比較的賞味期限が長く包装が華やかであることも多く、バリエーションが豊富なところも魅力的です。

遠方の取引先に手土産を持参するときには自分の地元の名産を持っていくと喜ばれる傾向にあり、商談に入る前の会話も盛り上がります。紙袋からお菓子の品名が見えてしまうのは大変見苦しいので、必ずラッピングをしてもらってください。

いずれもちょっとした細かいことではありますが、こうした気配りができることは好印象につながるはずです。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

おもたせを選ぶコツはさまざまですが、一番いいのはあらかじめ取引相手の好みを熟知していること。好みを把握するためには、日頃からマメに通って仕事相手の情報を少しでも多く取り入れたいものです。 これまで何気なく選んでいた人も、次からは少しだけ凝ったおもたせを考えてみてはいかがでしょうか。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。

“SKILLS”

ビジネスでの手土産の選び方

RELATED POST