ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
奇跡の働き方改革を実現したオランダ:r000017002825 | PARAFT [パラフト]

出典:stockunlimited

パートタイムの記事

奇跡の働き方改革を実現したオランダ:r000017002825 | PARAFT [パラフト]

2017.04.05

パートタイムの記事2017.04.05

オランダ・モデルの奇跡

奇跡の働き方改革を実現したオランダ

keyword: パートタイム オランダ 失業率 働き方 女性

このエントリーをはてなブックマークに追加
海外の女性は子育てしながらも活躍している人が大勢いるのに、日本で子育てしながら働くのが大変なのは、「家庭を守るのは女性の役目」という意識が根強いから……?「子どもを産んでも働きたい」という意欲へ水をかける「三歳児神話」。日本社会に浸透した意識を変えるのは本当に大変、とため息をつく人も多いのでは? ところが、「家庭を守るのは女性の役目」という当たり前から、女性の労働参加率58%(※注1)への変貌を30年ほどで成し遂げた国が!世界各国の男女平等の度合いを指数化した「ジェンダー・ギャップ指数」でも16位、と上位に輝いたオランダの奇跡をご紹介します。 ※注1:U.S. Department of Labor 2011

2017.04.05 文章 / 和田由紀恵

最悪な状況だったオランダ

出典:Pixabay

1980年代前半、「オランダ病」といわれる大不況がオランダを襲っていました。その起点は60年代にオランダ近海で天然ガス資源が発見されたことから始まります。

天然ガスの輸出は大きな利益を産むため、当時のオランダは、天然ガス採掘のために労働と資本を集中投下しました。多額の外貨獲得という好循環が生まれるなか、国家財政も潤い高福祉社会を実現、エネルギー産業にひっぱられるような形で労働者全体の賃金も上昇しました。60年代から70年代にかけて、オランダはヨーロッパの中でも最も社会福祉の充実した、豊かな国になったのです。

ところが、エネルギーブームが70年代末には収束し、好調だったオランダ経済は失速、高福祉であることが国家財政を圧迫し、高賃金が会社経営を悪化させました。結果、大量の失業者が生まれ、80年代前半には失業率が14%を記録し、経済成長率はマイナスへ転じました。財政を支えるために税負担はどんどん重くなり、労働組合による闘争が頻発。周囲の国からは、オランダはもはや再起不能、とまで思われる状況でした。

この最悪な状況を、オランダは15年かけて克服したのです。
90年代には、年平均2%ほどの安定した成長率を達成し、失業率も6%を切るまでになりました。

オランダ・モデルとは

出典:Pixabay

現在の日本にも通じるこの状況、オランダはどうやって克服したのでしょうか。

それは、1980年代初めに導入されたワークシェアリングとその実行を支える「ワッセナー合意」から始まる、当事者の意識改革から生まれた一連の奇跡によるものでした。

14%という高い失業率に苦しんでいたオランダは、1人のフルタイム雇用を2人のパートタイム雇用で分け合うことで、失業率を改善しようとしました。とはいえ、単純に分け合うだけでは、企業の雇用コストは減らないうえ、個人の所得も下がってしまいます。ワークシェアを促進しようにも、当事者の利害がぶつかりあってなかなか進みませんでした。

そこで、当事者がそれぞれに痛みを分かち合いながらこの状況を打開する必要があるという強い危機意識のもとに、「ワッセナー合意」が政府・労働者・雇用者の三者間で結ばれました。政府は所得税の減税や社会保障負担の軽減を行う、労働者は賃金を抑えることに合意する、企業は労働時間短縮や雇用の確保をする、という役割分担を明確化し、それぞれに協調して失業率の低下を目指したのです。

その結果、「パートタイム正社員」というオランダ独特の働き方が生み出されました。96年に、フルタイム労働とパートタイム労働の権利を同一として差別を禁止する法律が制定されてから、パートタイム労働者が増加しました。オランダのパートタイマーは、勤務時間の短い正社員として定着したのです。

こうしたパートタイマーの立場が確立したことで、女性の社会進出も進みました。実は、オランダは保守的なカトリック社会です。70年代までは、男性が稼ぎ、女性は家庭を守るという意識が根強く、女性が外で働くことは一般的ではありませんでした。ところが、70年代以降の女性の教育水準の向上やパートタイマーを積極的に雇用したい企業の需要が後押しとなり、パートタイムで働く女性が急増したのです。

こうした「ワッセナー合意」から始まる様々な協調と試行錯誤を重ねた雇用制度改革によって、オランダは、2000年には失業率3%まで改善することができました。失業率を改善できた大きな要因が、女性の社会進出だったことはいうまでもありません。

オランダと日本のいま

出典:Pixabay

オランダで女性の社会進出が進んだ、といっても、男性がフルタイムで働き、女性がパートタイムで働くスタイルが多いのは否めません。しかし、短い時間で時間分の同等の働き方ができるオランダスタイルでは、育児や家事を分担しながらゆとりを持って生活することができるようになり、結果的にパートタイムで管理職となる女性も現れています。

オランダ・モデルは、自国の状況が極めて危機的であることを、それぞれの立場で理解し、お互いに協調しながら解決策を模索するなかで生まれました。
解決策のひとつとして、働き方に対する根本的な意識(女性は家庭に・パートタイムは正社員と同等に扱えない、など)を大きく変えることが、短期的に大きな成果をあげることことなりました。

翻って日本でも、背景は違うものの、財政や経済成長や労働人口が危機的な状況であることは同じです。そして、働きたい女性を中心に、社会全体で柔軟な働き方が求められていることも同様です。

どうやら、「女性は家庭に」という意識は、日本の風土に根付いているから変えにくい、というわけではないようです。当事者が働き方を変えることの必要性を十分に理解し、妥協をしてでも変えていく努力をすること。

それが、日本の働き方を本当に変える原動力になるかもしれません。

WRITER

編集者・ライター

和田由紀恵

漠然と、欧米は女性の社会進出が進んでいる、と認識していた筆者。今回、オランダ・モデルを紐解いて、意外にも最近になって社会進出が進んだのだと知りました。パートタイムでもフルタイムと同等に働く、というのは時短の正社員とも違う魅力的な仕組みだと思います。こうした事例を知ることで、働いていくことに心強さを感じたワーママの筆者でした。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
奇跡の働き方改革を実現したオランダ:r000017002825 | PARAFT [パラフト]

LOCATION

オランダ・モデルの奇跡

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]