ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 転職・応募に役立つ情報をいち早くゲットできる!
  2. 気になる企業に直接エントリーができるようになる!
  3. 履歴書・職務経歴書がカンタンに作成できる!

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. ご入力いただいたメールアドレスが既にご登録いただいている
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

転職者インタビューの記事

ずっと働き続けたい会社に出会うまで|アタラ合同会社:r000017002829 | PARAFT [パラフト]

2017.04.27

転職者インタビューの記事2017.04.27

転職者インタビュー古山友理さん

ずっと働き続けたい会社に出会うまで|アタラ合同会社

keyword: 転職者インタビュー アタラ合同会社 テクニカルサポート 女性のキャリア 長く働ける会社

このエントリーをはてなブックマークに追加
「これから結婚・出産をすることを考えたら、今のスタイルじゃ働き続けられないんじゃないかと思ったのが転職のきっかけでした」と話すのは、PARAFTを通じて昨秋にアタラ合同会社へ入社した古山友理さん。エンジニアとして、そして1人の女性として、長く働き続けるための転職を選んだ彼女にお話を伺いました。

2017.04.27 文章 / 味志佳那子

未経験・広告分野への転職、その後は?

-- 入社から半年が経ちますね。現在の仕事内容について教えてください。

古山:
サポートチームのテクニカルサポート職として働いています。運用型広告のレポート作成支援ツール「glu」をご利用いただくお客さまのもとに伺って、導入はもちろん多様なニーズに合わせたカスタマイズ、安定的な運用に至るまでをサポートします。広告業界は初めてなので勉強することばかりですが、何よりお客さまの生の声を聞けることが嬉しいですね。前職でプログラマーとして働いていた頃は客先常駐だったこともあって、依頼主やユーザーの声が届かない位置にいて……もう少しクライアントや利用者の顔が見える位置に行きたい思っていたんです。実際にお会いしてお話すると「こういう使い方はできる?」「こんな機能があったらいいな」等、新しい気づきが得られることが多いですね。

-- 入社前後のギャップはありましたか?

古山:
そうですね、想像していた以上にチームプレーで仕事が進む点が意外でした。PARAFTの求人記事にあった「職人」や「自律的な働き方」という言葉からは独立したプレーヤーが集まっている印象を受けたのですが、実際には他部署の人も含めたチームで進めることが多いですね。私は初めのうち主担当に付いてお客さまのもとへ訪問したりしていたのですが、最近では私が主担当の案件も増えてきました。基本的には私の判断ですが、分からないことは周囲の経験豊富な先輩たちを巻き込んで進めます。一人で抱え込んでも良いことないですから(笑)。自分の対応に修正点があればすばやくアドバイスをくれますし、見守ってもらえている安心感がありますね。特にサポートチームはチームワークが良くて働きやすいです。

これで最後の転職に、“働き続けたい”会社との出会い

-- もともと転職を考え始めたきっかけは何だったのですか?

古山:
働き方を変えたかったのと、これから先も長く働き続けられる会社に入りたかったからです。以前、客先常駐で働いていたときは、月間稼働時間をベースにした契約だったのですが、休みが取りにくい雰囲気があったり、雇用元と派遣先の板挟みになることがあったりと時間で管理される苦しさみたいなものがありました。契約時間分を最大限働いてもらいたい企業の立場も理解できるのですが、もしこれから結婚して子育てすることになったらきっと今以上に気を遣うんだろうな……と不安に思うところもあって、自社開発もしくは持ち帰りで開発できる、条件の良いところがあれば転職しようという思いは常に持っていました。

30~40代になったときのことも考えて、時短勤務や在宅勤務ができる会社を中心に探していたときに見つけたのが『PARAFT』だったと思います。“働き方から会社を選ぶ”というところに惹かれましたね。当時エンジニアとしての自信は少しずつついてきたところでしたが、フリーランスになるつもりはなかったので社員の求人情報があったところも良かったです。

-- PARAFTにある求人情報の中から、アタラを選んだ理由は?

古山:
初めて見たのは今同じサポートチームで働く鶴見のインタビューだったのですが、育児について知らない私にとってもすごく印象的な内容でした。それまでは男性が多い職場ばかりでしたし、目指したい女性のキャリア像はこれといって無かったのですが、小学校でお当番があることや“朝たったの10分が足りない”といった彼女のエピソードから、結婚後に働くキャリアイメージが沸いてきたんです。こういうロールモデルがいる職場なら、私も長く働けるかもしれないと思えました。それとアタラには自社製品があること、自社オフィスに出社して働けることも魅力でした。

常駐していた頃は会社への帰属意識の薄さから寂しさを覚えることもありましたが、今は代表の杉原をはじめ尊敬できる人が周りにたくさんいます。自律的でプロフェッショナルだけど、人間らしくてあったかい。そんなチームにいられることを私自身嬉しく思います。応募のハードルが高そう……というイメージに挫けず、当たって砕けろという気持ちでチャレンジしてみて良かったです。

ロールモデルに恵まれた環境で、自分らしく働きたい

-- 今後の展望は?

古山:
今はまだ周りの助けを借りることが多いのですが、今後は広告業界や開発の知識をもっと深めて、一人でも動き回れるプレーヤーになりたいです。ロールモデルに囲まれた素晴らしい環境を生かして、メンバーたちの良いところを学んでいきたいと思っています。やるべきこともやりたいことも本当にいっぱいあるのですが、あまり急ぎすぎても自分自身に負担をかけてしまうだけ。バランス良くやりながら、自分の立場を見つけて行ければと思います。

WRITER

編集者・ライター

味志佳那子

「尊敬できる人がたくさんいるんです」と話してくれた古山さん。チームの一員として働くことに満足する姿に、私自身もとても嬉しい気持ちになりました。アタラ合同会社の職人たちが創り上げた”自律を促し成長をサポートする”文化は、組織が大きくなった後もアタラの遺伝子として受け継がれていくのだと思います。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
ずっと働き続けたい会社に出会うまで|アタラ合同会社:r000017002829 | PARAFT [パラフト]

INTERVIEWS

転職者インタビュー古山友理さん

RELATED POST