ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

飲み会の幹事の記事

店選びで株を上げる8つのポイント【会社飲み会の幹事】:r000017002857 | PARAFT [パラフト]

2017.04.24

飲み会の幹事の記事2017.04.24

めざせ名幹事最初が肝心

店選びで株を上げる8つのポイント【会社飲み会の幹事】

keyword: 飲み会の幹事 店選び 下見 宴会 居酒屋

このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたが会社の飲み会の幹事になったら、真っ先にやらなければいけないのは店選び。今回は、その店選びのポイントをご紹介します。会社の飲み会にぴったりのレストランや居酒屋はすぐ満席になりますから、早く決めなければいけません。けれども、これが難しいところです。新人幹事は独りで抱え込み、決められないままズルズルといきがちです。そうならないように周りの人を巻き込んでいきましょう。

初心者こそ押さえておきたい!幹事の作法これだけ / 目次 に戻る

2017.04.24 文章 / PARAFT編集部

飲み会の店選びはチーム力で進めよう

出典:Frame illust

「おしゃれな店にしてよ」「おいしい日本酒が飲みたい」「新しいレストランを開拓してね」。会社の飲み会をやることが決まると、幹事のところには、参加予定者からいろんな要望が届きます。みんなに気に入ってもらえるレストランや居酒屋を確保しようと探しているうちに、ネット情報の洪水のなかでだんだんよく分からなくなってくる。そんな経験はありませんか。

会社の飲み会の店選びで大事なのは、レストランや居酒屋の情報が無数にあるなかで、「自分の店選びにぴったりの情報を見極める目」かもしれません。それができれば、無数のビジネス情報があるなかで、必要な情報を選んで戦略を組み立てるビジネス能力も養われるかもしれません。ここは腕の見せどころです。どう進めたらいいか、ポイントは以下のようなところです。

① 職場のキーパーソンを巻き込もう
自分の店選びに合致するレストラン、居酒屋情報を仕入れるにはどうしたらいいのでしょうか。その答えはひとつではありませんが、ここでは、「職場のキーパーソンを巻き込む」手法を提案したいです。まだ会社の飲み会に不慣れな場合、自分ひとりで情報選択するのには限界があります。無理して抱え込まないで、キーパーソンに相談して一緒に決めていくことを検討してみましょう。

②トップの助言でイメージづくり
最初に巻き込みたいキーパーソンは本部長や部長など、その会社の飲み会に参加する一番エライ人です。トップがどんな飲み会を望んでいるのか、まず情報収集しておきましょう。その際、トップが食べたいものや飲みたいものを尋ねるのではなく、飲み会の目的にいちばん合致した店はどんなところか相談する姿勢が肝心です。その人の助言を大切にして、店選びを進めていきましょう。

③ 主賓の人の素敵な思い出になるように
キーパーソンとして第2におさえたい人は、職場に異動してきた人や退職する人など、その会社の飲み会の主賓になる方々です。その人たちにどんな飲み会を望んでいるか、聞いてみましょう。その際も、どんな食べ物や飲み物を希望するかということよりも、どんな雰囲気の会社の飲み会がいいのか、ざっくりとした希望を聞く姿勢が望ましいでしょう。希望のイメージに合わせて店選びを進め、その人の希望通りに素敵な思い出のひとときをプレゼントできるように頑張りましょう。

④ 「宴会部長」さんたちに助言を請おう
キーパーソンとして最後におさえたいのは、職場の「宴会部長」さんたちです。職場にはたいてい宴会が好きだったり、レストランや居酒屋の情報に詳しかったりする人がいます。姉御肌で、おしゃれな店が大好きな女性社員や、職場のムードメーカーになっている兄貴分の男性社員などに相談してみましょう。相談を受けた人はまず悪い気はしません。それどころか、この会社の飲み会を成功させようとして、あなたと一緒に真剣に考えてくれることでしょう。その人たちにトップの意向や主賓の希望などを伝え、店選びを進めていくのです。それができれば、幹事はひとりでなく、「幹事団」に成長していき、当日の飲み会の進行でも心強いことでしょう。こうしてキーパーソンを巻き込むことができるようになれば、その経験は必ず、ほかの仕事でも生かされるでしょう。

飲み会の下見は必須、当日をシュミレーションしよう

出典:Frame illust

会社の飲み会の店選びでは、下見がとても重要になってきます。いくつか候補の店を見つけることができたら、その時点で、少なくとも第1候補の店には実際に出向いてみましょう。

⑤ チェックポイントを整理して下見に
下見でチェックするべき点は、あらかじめキーパーソンの先輩たちに聞いて洗い出しておきましょう。チェックポイントはその会社の飲み会の目的によって違ってきます。例えば、みんなで盛り上がりたいなら、参加者の席を店の1カ所にまとめて取ることができ、「お立ち台」になるような、みんなの視線を集められる場所があることを目安にするといいでしょう。実際に下見に行き、そんな空間を確保できるかどうか確認しましょう。静かにゆっくり話したい飲み会なら、できれば個室で、他のグループ客の大声などの影響を受けない席があるかどうか見ておきましょう。

⑥トップはどこに座る?
そのほかに幹事が下見でチェックしなければいけないのは、下記のような点です。まず大事なのは飲み会当日のおおまかな席順です。主賓やトップの人たちが落ち着いて座れる「上座」をどこにしたらいいか、目星をつけておきましょう。上席を確保できない雑多な雰囲気の店でしたら、本当にその店でいいのか再検討も必要になります。

⑦ 女性目線も欠かせない
次に、女性の参加者がくつろいで楽しめる店かどうか現場でよく考えてみましょう。トイレに行く動線が簡単に確保できるかどうか。これは重要です。長い大きなテーブルの奥のほうに座ってしまうと、トイレに行く際、多くの参加者に立ち上がってもらわなければなりません。そうではなく、誰にも動いてもらう必要がなく、すっと出ていける席が理想です。年配者や足の悪い人が多ければ、たたみではなく、掘りごたつやテーブルの席のほうが望ましいでしょう。

⑧ 料理は大丈夫?
さらに、コースメニューが参加者に満足してもらえる内容かどうか、店でチェックしておきましょう。コースメニューの内容は貧弱でないか、量は十分あるか。これはネットの画像情報だけでは確認しきれないことがあります。お酒などの飲み物もネットに掲載されていた銘柄が実際には品切れになっていることがありますので、本当に参加者に納得してもらえる状況かどうか確認しておきましょう。

飲み会の下見、「もうひと押し」で名幹事に

出典:Frame illust

以上のような点が一般的なポイントになりますが、もしあなたが「名幹事」を目指すなら、下見の際に、もうひと押しをしてみましょう。一般的な幹事よりも、もうひと押しすることで、「さすが名幹事」という評価も見えてきます。

できることなら店長やマネジャーなどの店の責任者に会い、特別な飲み会なのだとアピールして意気込みを伝えるのです。店によって対応はまちまちでしょうが、運が良ければ、その会社の飲み会に合わせて、コース料理の内容をアレンジしたり、サービス品を加えてくれたりするかもしれません。

異動する人や退職する人が喜ぶ一品を出してもらえたら、飲み会は盛り上がります。その会社の飲み会で余興のゲームを考えている場合は、店の責任者にそのことも伝え、頭に入れておいてもらいましょう。コース料理が出てくるタイミングを、ゲームの前後にずらすなど、細かな対応もしてもらえるかもしれません。レストランや居酒屋は多くの来店客を抱えているため、なかなか個別の飲み会に対して特別サービスをすることができないかもしれませんが、幹事の熱意があれば、接客サービスを含めて熱意で答えてくれる可能性はあります。

会社の飲み会は上司や先輩を巻き込むだけでなく、店を巻き込むことでさらに盛り上がっていきます。ビジネスにおいて、会社内外の人たちを巻き込んでプロジェクトを進めることに似ていますね。プロジェクトリーダーのようなことをできるのが、会社の飲み会の幹事です。積極的にトライしてみたいものです。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

店を下見する際には、店の中だけでなく、最寄り駅からどのくらい歩くかなど、周辺情報を確認することも大切です。実際に歩いてみて、もし迷いやすい場所なら、詳しい地図をつけるなどの配慮が必要になります。その場で自分の頭で考え、ていねいに取り組んでいきましょう。

初心者こそ押さえておきたい!幹事の作法これだけ / 目次 に戻る

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
店選びで株を上げる8つのポイント【会社飲み会の幹事】:r000017002857 | PARAFT [パラフト]

BIZ ETIQUETTE

めざせ名幹事最初が肝心

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]