ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 転職・応募に役立つ情報をいち早くゲットできる!
  2. 気になる企業に直接エントリーができるようになる!
  3. 履歴書・職務経歴書がカンタンに作成できる!

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. ご入力いただいたメールアドレスが既にご登録いただいている
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

イケダハヤトさんの記事

最高の地方でサバイバル【イケダハヤト】:r000017002899 | PARAFT [パラフト]

2017.05.18

イケダハヤトさんの記事2017.05.18

イケハヤの地方移住論

最高の地方でサバイバル【イケダハヤト】

keyword: イケダハヤトさん 地方移住 限界集落 高知 シェアハウス

このエントリーをはてなブックマークに追加
かつて東京で消耗していたイケダハヤトさんですが、高知県の限界集落に移住してからは、とても元気なのだそうです。隣の家が見えない広々とした土地で、野菜を作り、山菜をとり、小屋を建て、そんな日々を送るうちに「生きていくために必要な生活スキル」がどんどん身についてきているのだそうです。「非常に面白いですよ」。イケハヤ流の地方移住の楽しみ方を語ってもらいました。

>> イケハヤの仕事論
>> イケハヤの家族論

2017.05.18 文章 / PARAFT編集部

面白いなあと思ったのは生活の技術です

イケハヤさん自身が、環境が変わったことで、今まで出来なかったことがたくさん出来るようになったそうです。イケハヤさん、どんなことが出来るようになったのですか?

「もう、山ほどあります。いったい何から言えばいいのかみたいな感じです。野菜を育てるスキルもそうですし、今は小屋を建てようと思っていて、それができれば、たぶんそのスキルもついてきますよね。やあ、ほんとうに、こちらで面白いなあと思ったのは生活の技術です。生活するためのいろんな技術がありますよね、生きていくために。それを習得できるのが非常に面白いですよ。暮らしていけばいくほど、新しい技術を学んでいけるんです」

イケハヤさんは自宅の畑でたくさん作物を育てているのだそうです。具体的にどんなものを栽培しているのですか?

「僕はチョー家庭菜園で(笑)、自分が食べるものだけという感じですね。今は夏野菜の栽培を始めていてナスとキュウリ、トマト、トウモロコシ、オクラなんかですね。カボチャもやりますね、あとゴーヤとか、ソラマメとかね。それにパクチー。たぶん全部で10~15種類くらいは植えています。だから野菜には困らないですね」

「山に来て最初のうちは、山菜をうまく活用できなかったんですよ。山菜は旬が1週間ぐらいなので、採り逃すともうダメなんです。昨年も一昨年も逃してしまった。でも、今はワラビや山ウドが生えているんですけど、うちの妻も大量に採ってきて、ワラビの調理が出来るようになってきました。畑のほうもスキルが上がるので、昨年育てられなかった野菜がたぶん出来るようになるんでしょうね、とか、生きていくために必要なサバイバルスキルみたいなものが、暮らしていると身についてくる。それが僕は趣味として非常に楽しいですよね」

いい会社があるように、いい地域があります

「もちろん体にもいいです。ちょっと山に入ると筋肉痛になりますからね。僕は今住んでいる集落に2500坪くらいの土地を買ったんです。土地はめちゃくちゃに安いです。でも、ただの山なので整備していかなければいけない。まあクワを持っていって、あとトゲのある植物がいっぱい生えているのを根こそぎ抜いてみたり、丸太を薪にしたり柱にしたり、そういうことをやっていると、まあ疲れますよね(笑)」

イケハヤさんご夫妻は、そういうサバイバルスキルを地域の人たちから教えてもらうことも多いようです。今の土地はそういうことができる開かれた場所なのだとか。

「僕らが住んでいる地域はもともと移住者の人がすごく多かったので受け入れがこなれているんです。先輩移住者の人も教えてくれるし、もともと地元に住んでいるかたも非常にフレンドリーに接してくれて、いろんなことを教えてくれるんですよね。そういうところから学んで、僕らもどんどんいろんなことができてくるという、いいサイクルがありますね」

移住先を選ぶのは、会社選びとすごく似ていますね。それこそ転職と似ている感じがします。いい会社があるように、いい地域があります。古臭い大企業があるように、同じような大企業っぽい集落もありますからね。会社に多様な文化があるように、集落や地域にも、ものすごく多様性があるので、やっぱり合わない文化のところに行ってしまうと、きついでしょうね」

今はシェアハウスをつくろうとしているんです

高知に移住して今、足りないと感じているものは何かありますか?

「今の暮らしには非常に満足しているんですけど、あと足りないものといえば物件ですかね。移住者の人がたくさんいるわりに物件が少ないんですよ、圧倒的に家が足りない。移住希望者が入りきらないような状態で、もっと増やしてあげないと、なんかもったいないですね。機会損失ですよね、本当に」

「家さえあれば、住みたいという人がごろごろいるんです。家が足りないのは今僕らが住んでいるところ以外でも、高知県以外も含めてよく聞きますね。田舎の住める物件がぜんぜん足りないというのが、ひとつの問題として出てきていますね」

「僕らは今、シェアハウスをつくろうとしているんです。独身でふらっと1カ月とか半年とか滞在したいという人が結構いるんですよね。こっちのほうは生活費が安いので、独身のかたなら、おそらく家賃込みで月6~7万円あれば生きていけますね。なので、例えば東京で働いて貯金が100万円あるという人だったら、こっちでは1年以上いられるんです」

「シェアハウスをつくれば、そういう人たちが休息できる場所になる。あとは僕が買った土地も、うまくやれば小屋ぐらいだったらいくらでもできるんです。海外からふらっと来た人だったり、東京で疲れた人だったり、そんな人たちにのんびりしてもらって、その代わりに農作業を手伝ってもらったりすればいい。山の土地をうまく使って、いろんな人たちが、いろんな場所に住めるようにしていきたいですね」

イケハヤの地方移住論
▼ 「とどまらなくても、その場所に貢献できる」
地方移住してもやがて別の土地へ移動していくノマド型の移住者が増えています。イケハヤさんに、そんな移住者たちと地方の新しい関係について聞いてみました。
>> 永住しなくても、ずっとつながるいいかたち

▼ 「食の面白さがまだたくさん潜んでいる」
都会では手にはいらないようなおいしい食材が、地方にはまだいっぱい眠っているようです。イケハヤさんは、自分で畑仕事をやりながら、そんな食材と出会い、感動する日々なのだそうです。
>> 地方に眠るグルメ食材を生かせ!

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

「地方移住」といっても、その実態は多岐にわたるようで、イケハヤさんファミリーが移住した高知県北部の本山町のように開放的なところもあれば、「よそ者」に冷たい閉鎖的な土地もあるようですね。Iターンで移住したものの結局、数年で東京に戻ったという人の話を聞いたことがあります。イケハヤさんが指摘するように、移住先選びはとても大切ですね。

>> イケハヤの仕事論
>> イケハヤの家族論


▼ イケダ ハヤト 1986年神奈川県生まれ。2009年に早稲田大学政治経済学部を卒業後、半導体メーカー大手に就職。と思いきや会社の経営が傾き、11カ月でベンチャー企業に転職。ソーシャルメディア活用のコンサルタントとして大企業のウェブマーケティングをサポートし、社会人3年目に独立。2011年からブロガーに。2014年高知市内に移住し、さらに翌年高知県北部の本山町に移り住む。著書に『年収150万円でぼくらは自由に生きていく』(星海社)、『武器としての書く技術』(中経出版)、『新世代努力論』(朝日新聞出版)などがある。
>> ブログ『まだ東京で消耗してるの?』

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
最高の地方でサバイバル【イケダハヤト】:r000017002899 | PARAFT [パラフト]

INTERVIEWS

イケハヤの地方移住論

RELATED POST