ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
会釈から最敬礼、座礼まで、お辞儀名人になる【挨拶でキメる!】:r000017002934 | PARAFT [パラフト]

出典:freepik

お辞儀の記事

会釈から最敬礼、座礼まで、お辞儀名人になる【挨拶でキメる!】:r000017002934 | PARAFT [パラフト]

2018.03.09

お辞儀の記事2018.03.09

社会人になったらまずお辞儀

会釈から最敬礼、座礼まで、お辞儀名人になる【挨拶でキメる!】

keyword: お辞儀 挨拶 最敬礼 会釈 仕方

このエントリーをはてなブックマークに追加
社会人になったら、真っ先に習得しておきたいのが正しいお辞儀の仕方です。お辞儀が貧相ですと、相手に好印象を与えられません。お辞儀は毎日する機会が多いことと思います。そのお辞儀を美しくできるようにしておきましょう。軽い会釈から、敬礼、最敬礼、さらに座った状態で行う座礼まで、マスターしておきましょう。自分のお辞儀は果たしてうまくできているのか、この機会にぜひ確認してみてください。

デキる人はこんな挨拶をしている / 目次 に戻る

2018.03.09 文章 / PARAFT編集部

お辞儀には正しい角度がある

出典:Frame illust

まずお辞儀は、真っ直ぐに立つ姿勢がしっかりできていないといけません。

猫背になっていたら、それだけで何となくやる気がない印象を与えてしまいます。暗くネガティブな感じがして、もう美しいお辞儀をするどころではありません。真っ直ぐ立った姿勢がおかしくなっていないか、まずは鏡を見ながら確認してみてください。

きれいな立ち姿勢で、しっかり相手と目線を合わせます。次に腰を曲げてお辞儀をし、ゆっくり体を起こします。
この一連のお辞儀の動作の中でとくに大切になってくるのは、頭を下げるときの角度です。

一般に、お辞儀の角度は15度、30度、45度の3つに分けられます。15度は会釈、30度は敬礼(普通礼)、45度は最敬礼と呼ばれています。

この3つを上手にできるようにしておきましょう。いずれも首だけを曲げるお辞儀にならないように注意しましょう。

頭を下げるときよりも、体を起こすときの動作のほうが少しゆっくりしていた方が丁寧なお辞儀に見えます。

礼の始めと終わりには相手と目線を合わせるのを忘れないようにしましょう。両手は、男性ならスボンの脇に置き、縫い目に合わせるようにして添える感じがいいでしょう。女性なら体の前で合わせるようにしましょう。

会釈、敬礼、最敬礼をスマートにこなそう

出典:Frame illust

▼ 会釈

15度の会釈は、人とすれ違うときや、人の前を通るときによく使われるお辞儀です。

軽い感じの挨拶ですが、決して手を抜かず、相手の目を見て明るい表情でできるようにしておきましょう。目線を下げ過ぎると、得てして首だけのお辞儀になりがちですので、そうならないように腰をしっかり曲げましょう。

▼ 敬礼(普通礼)

ビジネスシーンで一番多く使われるのは、体を30度くらい下げるお辞儀です。

取引先の訪問時や、来客の送迎時、接客時などに頻繁に行います。とにかくよく行う大事な挨拶パターンですから、これはしっかり習得しておくようにしましょう。

▼ 最敬礼

上体を腰から45度くらい前へ傾ける最敬礼もマスターしておきましょう。ビジネスシーンでは最も丁寧なお辞儀となります。

これは例えば、謝罪や感謝を伝えるときなど、改まった場で行います。大事な取引先に挨拶する場合も、この最敬礼で出迎えたり、送ったりすることがよくあります。

敬礼もそうですが、お辞儀する際には「おはようございます」「ありがとうございました」などと言葉を発することも多いです。その際には、お辞儀しながら同時に言葉を述べる「同時礼」と、まず言葉を述べてから、その後にお辞儀する「分離礼」があります。

どちらもきちんとしたお辞儀には変わりないのですが、「語先後礼」という言葉がある通り、分離礼の方が正式な印象が強いです。よく謝罪会見などで「申し訳ございませんでした」と深々と頭を下げるシーンでは、この分離礼を行うことが多いですね。

ビジネスシーンでは、状況に応じて、会釈、敬礼、最敬礼を臨機応変に繰り出せるようにしておきましょう。毎日、これらを適切なタイミングできれいに行うことができれば、ビジネスパーソンとして風格が備わることと思います。

日本人なら知っておきたい座礼

出典:Frame illust

ここまで立った状態で行うお辞儀についてみてきましたが、このほかに、畳の上などで座って行う「座礼」があります。

これはあまりする機会がありませんが、例えば、急に取引先の自宅にお邪魔することになったり、葬儀に行ったりしたときに、みんなの前で行わなければなりません。そんなときに慌てないように、その基本を知っておきましょう。

座礼は、正座の状態から上体を前傾させて行います。その際、背筋は真っ直ぐ伸ばしたまま、上体をしっかり折り曲げるように意識しましょう。猫背になって頭だけ深く下げる座礼はちょっと見苦しいので避けましょう。

両手は、ももの上に置いた状態から、上体を前傾させていくのと同時に、自然に前へ滑らせていきましょう。膝から7センチほど前の位置につくといいでしょう。

男性は両膝の前に、両手を離して平行になるようにつきます。女性は指をそろえて、両手の人差し指をつけるようにしてください。

座礼の場合にも、立礼と同じように、「最敬礼」「普通礼」「浅礼」の3種類があります。

最敬礼は、顔を床から5センチくらいのところまで下げます。普通礼は、30センチくらいのところまで下げます。浅礼は、正座の状態から、上体を30度くらい前傾させます。ビジネスシーンで行うことが比較的多いのは、最敬礼と普通礼でしょう。

いずれも気持ちを込めて、丁寧に行うように心がけましょう。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

葬儀などの場で座布団を出されていたら、座布団に座る前に座礼するようにしましょう。座布団の上で最敬礼や普通礼をするのはマナー違反になります。このようにお辞儀のマナーはいろいろとあり、最初は複雑怪奇に見えるかもしれませんが、場数を踏んで体に覚え込ませていきましょう。

デキる人はこんな挨拶をしている / 目次 に戻る

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
会釈から最敬礼、座礼まで、お辞儀名人になる【挨拶でキメる!】:r000017002934 | PARAFT [パラフト]

BIZ ETIQUETTE

社会人になったらまずお辞儀

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]