ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
自己紹介の基本をマスターしておこう / 目次【スピーチ】:r000017002937 | PARAFT [パラフト]

出典:freepik

自己紹介の記事

自己紹介の基本をマスターしておこう / 目次【スピーチ】:r000017002937 | PARAFT [パラフト]

2018.03.09

自己紹介の記事2018.03.09

共感を呼ぶ自己紹介

自己紹介の基本をマスターしておこう / 目次【スピーチ】

keyword: 自己紹介 挨拶 スピーチ 文例 事例

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビジネス社会では自己紹介を求められるシーンが多くあります。自己紹介をうまくできるかどうかで、相手は「一緒にやっていける人物かどうか」「信用できる人物かどうか」を見極めようとします。第一印象は重要ですので、しっかり自己紹介の基本をマスターしておきましょう。様々な自己紹介に共通する注意点をご紹介した上で、シーン別の自己紹介の進め方や文例をご案内していきたいと思います。

ビジネススピーチの基本を学ぼう/目次 に戻る

2018.03.09 文章 / PARAFT編集部

自己紹介の基本的な進め方をおさえておこう

出典:Frame illust

自己紹介を求められたら、①背筋を伸ばした姿勢で、そして②明るい表情で、③相手をしっかり見て話しましょう。

相手はあなたの話す内容だけでなく、あなたから伝わってくる雰囲気も見ています。猫背で、暗い自信のなさそうな表情で、目線を合わせずに自己紹介すれば、相手はちょっと考え込んでしまうでしょう。

自己紹介に盛り込みたいのは①自分の名前、②これまでどんなことをしてきた人間か、③これからどんなことをしていきたいのか、といった情報です。

話す時間はシーンによってまちまちですが、一般的には1分以内とみておきましょう。

どんな場合でも長々と話すのはNGです。あれもこれもと盛りだくさんに列挙するのはよくありません。その場でどんな自己紹介が求められるのか空気を読みましょう。

一番望ましい話題に絞って、簡潔で分かりやすい自己紹介をするといいでしょう。あらかじめ自己紹介の内容をまとめて練習しておくといいです。

自己紹介の最後には、相手といい関係を培っていきたいという思いを伝え、「どうぞよろしくお願いいたします」とお辞儀して締めましょう。

一緒に仕事したい人間だと感じてもらおう

出典:Frame illust

異動先での自己紹介なのか、懇親会での挨拶なのかなど、シーンによって詳細は違ってきますが、ビジネスシーンで共通して大事なのは、自己紹介を通じて、聞いてくれる人たちに「一緒に仕事したい人間だ」と感じてもらうことです。

自分が一緒に仕事したくなる人物であることをちゃんと訴えていきましょう。ポイントは次の4点にあります。

▼ 相手の役に立つ強みを伝える

まず自分がどんな強みを持っているのか、具体的に伝えましょう。あらかじめ自分の特徴やクセを列挙して、自分の強みとして前向きに紹介できる材料がないか考えてみましょう。

例えば、入社して配属された職場で自己紹介を求められたとき、次のように話す人がいてもいいでしょう。どんな内容でも構いませんので、自分らしい部分を前向きにアピールしましょう。

○○○○と申します。どうぞよろしくお願いいたします。私は子供の時から「記録好き」といわれてきました。何でもメモして保存していくクセがあります。例えば、サークルで皆で一緒にいったレストランでどんな料理を食べて、いくらだったか、記録していかないと気が済みません。これからは、この習癖を生かして、仕事の進め方だとか、会議の内容だとか、何でも記録していきたいと思っております。何を記録したらいいかご指導ください。

自分にはどうしても強みがないという人は、自分が一緒にいて苦にならない人間だということ、一緒にいて安心できる人間だということを伝えてみるといいかもしれません。

例えば、入社後の自己紹介で次のような話を展開する人がいてもいいでしょう。

○○○○と申します。どうぞよろしくお願いします。私は何の取り柄もない人間ですが、子どものころからみんなに「聞き上手だね」といわれていました。いろいろと人の話を聞くのは大好きです。聞いているうちに相手が元気になってきて、最後に笑顔でバイバイということになります。この会社でどんな話を聞かせてもらえるのか楽しみしております。

▼ 自分に意外な弱点があることなどを伝える

自己紹介を聞いている人たちは、あなたがあまりに非の打ち所のない人間だと、距離感を感じてしまいます。

自己紹介では親しみやすさを伝えることも大事です。最初に自分の持ち味をアピールした後、うまく自分をいじって、親しみやすい話を展開できるようにしてみましょう。意外な弱点などを伝えられるといいですね。

先ほどの入社後の自己紹介の事例でいえば、次のような展開が考えられます。

記録好きと呼ばれてはや22年という私なのですが、記録するときに欠かせないアイテムは、あくまでもペンとメモ帳という、なぜか20世紀的な男です。

▼ 共通項のある人間だと感じてもらう

自己紹介でもうひとつ大事なのは、自分が聞いてくれている人たちと共通項のある人間だと伝えることです。

仲間意識を感じてもらえれば受け入れてもらえるでしょう。例えば、会社が目指しているビジョンに共鳴して、一緒に取り組んでいきたいと思っているなど、接点があることを感じてもらいましょう。

先ほどの入社後の自己紹介の事例でも、次のような話で締めると、歓迎してもらえるのではないでしょうか。

記録好きとして、しっかり21世紀に踏み込まなければと思っているのですが、この会社に入ったからには、ぜひともパソコンやスマホを駆使して進化していきたいです。○○○○や△△△△などこの会社が生み出した商品に敬意を感じています。先輩たちと一緒に私も世の中のニーズを調べ、記録に励み、次のヒット商品を立案していけるようにがんばっていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

▼ ツッコミどころをちりばめて

自己紹介の目的は、自分について興味を持ってもらうこと、一緒にやっていきたいと感じてもらうことです。

そこで、少しでも興味を持ってもらえるように、「小ネタ」もちりばめておくといいでしょう。ほんの少しふれて、ちりばめるだけでも構いません。

例えば、自己紹介の最後に次のようにふれてみましょう。そうすれば、自己紹介が終わった後、同じような趣味を持っている人から声をかけられ、親しくなるきっかけがつくれます、

あと私はボールペンなどの文具類を集めるのが好きです。使いやすいペンとか、かわいい付箋などに興味のある方はぜひお声がけください。

たった1分間の中で完璧な自己紹介をする必要はありません。次の会話のきっかけができるように作戦を練っておきましょう。

ビジネスシーン別の自己紹介:解説と文例 / 目次

出典:Frame illust

一口に自己紹介といっても、シーンによってその内容はかなり異なります。そこでシーン別に対応策も考えていきましょう。

▼ 新入社員の自己紹介

新入社員は、自己紹介で明るく元気よく仕事に立ち向かっていく姿勢をみせていきましょう。いくつかの文例を参考にして、自分の場合、どんなまとめ方ができるか作戦を練ってみましょう。
>> 例文あり)新入社員の自己紹介!失敗しない術とは

▼ 異動先での挨拶・自己紹介

人事異動で新しい部署に着任したら、受け入れてくれる職場の人たちに向かって自分の強みはどんな点にあるのかなど、簡潔明瞭に伝えられるように準備しておきましょう。いつくかの文例をもとにご紹介します。
>> 例文あり)異動・赴任者の挨拶・自己紹介の注意点

▼ 社外の懇親会・パーティーでの自己紹介

意外に多いのは、社外の会合での自己紹介です。この場合は、いかに自分のことを覚えてもらうか印象づける作戦を展開したいところです。自己紹介をきっかけにして商機を広げていきましょう。
>> 例文あり)懇親会・パーティーでの自己紹介!成果をあげる術とは

▼ 営業実績を高める自己紹介シート

営業現場でよく活用されるのは、顧客に手渡す自己紹介シートです。自分の名前や連絡先などの基本情報のほかに、自分の出身地や特技、趣味などの情報も盛り込み、顧客との接点を探ります。営業実績を高める自己紹介シートのまとめ方を事例をまじえてご紹介します。
>> 営業に威力発揮!自己紹介シートの作り方 解説と文例

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

人が1分間のゆっくりしたスピーチで話せるのはせいぜい250字から300字程度だといわれます。1分くらいの自己紹介で伝えられることは本当にわずかです。シーンに応じて一番ふさわしい内容に絞り込み、磨き込んでいきましょう。

ビジネススピーチの基本を学ぼう/目次 に戻る

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
自己紹介の基本をマスターしておこう / 目次【スピーチ】:r000017002937 | PARAFT [パラフト]

BIZ ETIQUETTE

共感を呼ぶ自己紹介

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]