ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
最長2年までもらえる?手厚いフランスの失業給付:r000017002986 | PARAFT [パラフト]

出典:PARAFT

1万kmリモートの記事

最長2年までもらえる?手厚いフランスの失業給付:r000017002986 | PARAFT [パラフト]

2017.06.09

1万kmリモートの記事2017.06.09

労働者の権利守られるフランス

最長2年までもらえる?手厚いフランスの失業給付

keyword: 1万kmリモート フランス 失業率 失業手当 社会保障

このエントリーをはてなブックマークに追加
[1万kmリモート社員で働いてみた]「フランスの失業手当は手厚すぎてね……」そう話してくれたのは、観光地・コルマールで帽子屋を営むご夫婦。何やら失業手当が十分に、しかも長期間出るそうで、あえて急いで仕事を探そうとしない人もいるのだとか。失業率が10%を超えるフランスの失業手当、実際はどうなっているのでしょうか。
20代女子会社員がゆく「1万kmリモート社員で働いてみた」 /目次 に戻る

2017.06.09 文章 / 味志佳那子

フランスの失業手当【雇用復帰支援手当】

日本では自己都合退職や解雇等によって離職した場合に、雇用保険の失業給付を申請することがありますが、フランスで「雇用復帰支援手当」と呼ばれる失業給付は自己都合退職の場合はもらうことができません。該当するのは、次の離職理由です。

▼ 雇用主からの解雇
▼ 会社の倒産
▼ 労使合意による労働契約破棄
▼ 遠地で働く配偶者のため土地を移る等のやむを得ない辞職
▼ CDD(期限付き労働契約)の終了

これらに加えて、離職前の勤務時間数や日数の条件もあります。28ヶ月間に122日以上(もしくは610時間以上)働いた実績が必要です(50歳未満の場合)。CDDで働いた人も4ヶ月以上働いていれば失業給付の対象になります。
>> フランスの雇用形態CDD・CDIとは?

離職したあとの流れは日本ともよく似ていて、雇用局(Pôle emploi)に求職者として登録したあと、再就職活動の指針となる『個別就職計画(PPAE:Projet Personnalisé d'Accès à l' Emploi)』にしたがって就職活動を進めていきます。ハローワークと同様に職業訓練や面接のあっせん等もあるので、これらを無視すると失業給付はストップされます。

最長2年間ももらえる失業手当

気になる給付額ですが、2つの方法で算出したうちの高い方が採用されます。

① 前職の月額賃金÷30日×40.4%+11.34ユーロ
② 前職の月額賃金÷30日×57.4%

また受給期間は最長で2年(730日)。1年しかもらえない日本の失業保険と比べても、かなり手厚い制度内容です。そのため失業してからすぐに仕事を探そうとしない人もいて、1年経ってからやっと就職活動に本腰をいれ始めるケースも多いよう。

もし失業手当の受給期間が終わる時点でも再就職できず、その後の失業状態が長引く人には「連帯失業手当」が受けられる措置も。ちなみにこの連帯失業手当はそれ以前の手当と違い、“世帯収入”をもとに最低所得額として決められている金額との差額が支給される制度です。そして連帯失業手当の受給者が再就職をした場合には「雇用復帰特別手当(日本でいう再就職手当)」ももらえます。これだけ制度が用意されていると、失業もあまり怖くないかも……?

しかし、労働者にはうれしいこのセーフティネットが国の財政を圧迫しているのも事実。若年層を中心とする失業率改善と失業手当の財源確保に直面するフランスでは、先日大統領に就任したマクロン氏がマニフェストに失業率10%→ 7%への引き下げを挙げています。手厚い社会保障、今後どう変わっていくのでしょうか。

WRITER

編集者・ライター

味志佳那子

「真面目に働く私たちの労働から、失業者の暮らしがまかなわれていると思うとなんとも言えない気持ちになるの」帽子屋の奥さんは移住まで考えていると話してくれました。てっきり日本と同じような仕組みだと思っていたら、もっともっと手厚かったフランスの失業手当。そんな制度が嬉しい一方で、仕事に専門性・即戦力であることを求められる厳しさも。日本と違う“働く問題”が見えてきたのでした。
20代女子会社員がゆく「1万kmリモート社員で働いてみた」 /目次 に戻る

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
最長2年までもらえる?手厚いフランスの失業給付:r000017002986 | PARAFT [パラフト]

LOCATION

労働者の権利守られるフランス

RELATED POST