ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
なぜ履歴書は手書きなの!?コピーはダメなの!?【履歴書】:r000017002999 | PARAFT [パラフト]

出典:freepik

手書きの記事

なぜ履歴書は手書きなの!?コピーはダメなの!?【履歴書】:r000017002999 | PARAFT [パラフト]

2017.06.28

手書きの記事2017.06.28

手書きにするワケ

なぜ履歴書は手書きなの!?コピーはダメなの!?【履歴書】

keyword: 手書き 履歴書 転職活動 書き方 応募 パソコン

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本では、多くの企業が応募者に手書きの履歴書を求めています。考え方が古すぎるという見方もありますが、もし志望企業が手書きの履歴書を求めているのなら、それにしたがって、がんばって手書きでまとめていきましょう。企業が手書きにこだわるねらいを理解したうえで、そのねらいに沿って、採用担当者に高く評価される履歴書を書くようにしていきましょう。
ゼロからの履歴書 /目次 に戻る

2017.06.28 文章 / PARAFT編集部

常識ある表記・表現で、読みやすく、中身のある履歴書を!

▼ ここが要点!
企業が手書きの履歴書を求めるのはあなたの人柄や思いを感じとろうとしているからです。あなたが常識のある人か、ていねいな仕事をする人かどうか、真剣な思いで応募してきた人かどうか、履歴書の文面や見ばえから読みとろうとしています。ですから走り書きや誤字・脱字は厳禁です。常識のある表記・表現でまとめましょう。美しい文字の必要はありませんので、ていねいに判読しやすい文字を書くようにつとめましょう。中身も大事です。本気で志望していることが伝わるように企業研究に時間をかけ、じっくり考えてまとめるようにしましょう。

ライバルに差をつけるための3つのポイント

もう少しくわしく、みていきましょう。ライバルに差をつけて面接に進むには、次のようなところに気をつけるといいでしょう。履歴書を書くときに、意識するようにしてください。

知っておこう ① 常識のある表記・表現を心がけよう

履歴書を書くときには、ていねいに公式文書をまとめるときの「常識」みたいなものがあります。たとえば、住所を書く際には、都道府県からすべて省略しないで記入します。年号を書く際には、西暦と和暦を混ぜて使うことはありません。こうした常識をわきまえて、守っているかどうかチェックされますので気をつけましょう。具体的にどんな常識があるのか、この「ゼロからの履歴書」シリーズでは順を追って解説させていただきますね。

知っておこう ② 美しい必要はない!読みやすくまとめよう

企業の採用担当者は、なにも文字をいちばん美しく書ける人を採用しようとしているわけではありません。文字を美しく書くことにこだわる必要はないのです。採用担当者が手書きの履歴書から読みとろうとしているのは、あなたの誠実さとか、根気づよさとか、気配りできる人間性などです。そこで、少しでも読んでくれる人が気持ちよく読めるように心を配りましょう。そこが勝負の分かれ道です。あなたがクセ字だったとしても大丈夫です。ゆっくりていねいに字を書きましょう。全体が文字だらけにならないようにレイアウトにも気を配り、少しでも読みやすくなるようにまとめていきましょう。

知っておこう ③ 本気度が伝わるようにじっくり研究してまとめよう

手書きの履歴書というと、どうしても見た目ばかりに注意がいきがちですが、それだけではありません。採用担当者が手書きの履歴書を求めているのは、他社向けに書いた履歴書をコピペしたのではない、自社にしっかり向き合った履歴書を読みたいということでもあるのです。そこをふまえて、その会社について研究をじっくりおこない、よく考えて志望動機などを書きこみましょう。そこまでしてはじめて、手づくり感満点の履歴書ができあがります。それこそが、ライバルに負けない強い履歴書でもあるのです。

転職の場合は応募企業によって手書き・パソコンを使い分けよう

いまの日本では、履歴書は基本的に手書きが無難です。とくに新卒応募の場合は、手書きを前提にして準備していきましょう。一方、転職応募などの場合は、応募企業によってちがってきます。はっきりと線引きできるものではありませんが、おおよそ次のように区分けして、応募企業によって手書きとパソコンを使い分けていくといいでしょう。外資系企業や一部のIT企業などでは、手書きの履歴書だと、「古い」とか「パソコンを使えない人間」とか、レッテルをはられることもあるでしょうから、相手企業に合わせてうまく対応していきましょう。

▼ 手書きがよいと思われる企業

・歴史のある大企業、中小企業

(求人活動パターンからとらえた場合)
・ハローワークに求人を出している企業
・求人チラシや紙媒体の求人雑誌に求人を出している企業


▼ パソコンで作ったほうがよいと思われる企業

・外資系企業
・IT系などの歴史の浅い大企業、ベンチャー企業

(求人活動パターンからとらえた場合)
・自社サイトや求人サイトなどで応募を受けつけている企業

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

手書きの履歴書は、パソコンの場合と比べてとにかく手間がかかります。職探しのときは、多くの場合、1社だけを相手にしているわけではないので、本当にしんどいですよね。走り書きしたくなって当然。コピーしたくなって無理もありません。けれども、そこをグッとこらえましょう。手間ひまをかければ、履歴書が強くなっていきます。がんばりましょうね!
ゼロからの履歴書 /目次 に戻る

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
なぜ履歴書は手書きなの!?コピーはダメなの!?【履歴書】:r000017002999 | PARAFT [パラフト]

CAREER CHANGE

手書きにするワケ

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]