ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
履歴書を書くのは万年筆とボールペン、どっちがいい?【履歴書】:r000017003010 | PARAFT [パラフト]

出典:freepik

万年筆の記事

履歴書を書くのは万年筆とボールペン、どっちがいい?【履歴書】:r000017003010 | PARAFT [パラフト]

2017.06.28

万年筆の記事2017.06.28

万年筆を使いこなせるか

履歴書を書くのは万年筆とボールペン、どっちがいい?【履歴書】

keyword: 万年筆 履歴書 転職活動 インク にじみ

このエントリーをはてなブックマークに追加
「履歴書は万年筆で書くものだ」という説もありますが、それはひと昔前の話です。ボールペンの性能が上がっていますので、いまでは、むしろボールペンを使うほうが一般的になっています。もちろん、万年筆を使って書いてもいいのですが、万年筆を使い慣れていないと、うまく書けず、にじみの目立つ履歴書になってしまいますので、気をつけましょう。どんなインクを使うのかにも注意が必要です。
ゼロからの履歴書 /目次 に戻る

2017.06.28 文章 / PARAFT編集部

履歴書は無理に万年筆を使わなくてもOK

▼ ここが要点 ① 書きやすいペンで書いて大丈夫

以前、公式文書には万年筆が使われていました。インクは耐水性が高く、保存性にもすぐれた「ブルーブラック」が用いられていました。よく企業が「履歴書は黒または青のインクで」と、青色を認めているのは、この「ブルーブラック」を想定してのことです。

履歴書は、かつて万年筆で「ブルーブラック」を使って書くのが常識とされていました。そのため、いまでも「履歴書は万年筆で書くものだ」といわれることがあります。けれども、現実には、その説にあまりとらわれなくていいでしょう。大事なのは、自分なりにていねいな、読みやすい文字で書けるかどうかです。もしあなたが万年筆を使い慣れていないのなら(おそらくほとんどの人がそうでしょう)、無理をしないでボールペンで書きましょう。そのほうがきっと、ていねいで読みやすい文字を書けるはずです。

ボールペンはかつてすぐに色が変質してしまう傾向がありました。このため、公式文書の場合は「ボールペン不可」とされることが多くありました。けれども、いまのボールペンはインクが良くなっています。ボールペンの黒色インクは、コピーにも向いているので、いまでは広く履歴書に使われています。

▼ ここが要点 ② 万年筆を使うなら、耐水性の高いインクを選ぼう

もしあなたが万年筆を使って履歴書を書くのでしたら。耐水性の高いインクを選ぶようにしましょう。万一、水にぬれたときの被害が少ないようにしておきましょう。

万年筆のインクは一般に、耐水性の低いものが多いです。そんななかで、耐水性が高く、日にあたっても変質しにくいインクといえば、先ほどの「ブルーブラック」が代表格でした。このため、公式文書は「ブルーブラック」で書くことになっていました。このインクを使うのがもっともオーソドクスです。

ただ、最近は万年筆に馴染みのない人が増え、企業の採用担当者のなかにも、万年筆のことをよくしらない人が増えています。履歴書のコピーをとるときには、青色よりも黒色のほうが鮮明に出ることもあって、時代は黒色優勢になっています。このため、「ブルーブラック」にこだわらずに、極黒など、黒色のインクを選ぶことをおすすめします。現在では、黒色のインクでも耐水性の高いものがずいぶん増えています。

履歴書を万年筆で書くなら、初心者は練習も必要

▼ 知っておこう ① にじみのない文字を書けるように練習しよう

万年筆を使い慣れている人であれば、履歴書を万年筆で書いたほうが、ボールペンで書くよりもずっと味のある字でまとめられます。万年筆は、ボールペンよりもはるかにペン先がやわらかいので、筆圧の強弱をつけやすく、美しく書けるのです。うまく書けば、あなたの履歴書は、ほんとうに知的な文書になることでしょう。

けれども、それは万年筆を使い慣れている人の場合です。慣れていなければ、ペン先に力を入れすぎてしまい、太い字にしてしまうことが多いです。にじんで、履歴書の裏側にも影響が出てきます。一生懸命に書いていることは伝わるでしょうけれども、お世辞にも美しい履歴書とはいえません。

そうならないように、初心者であれば、実際に履歴書を書く前に、少し練習することをおすすめします。ポイントは、力を入れすぎないことです。力の入れ加減がわかってきて、スラスラ書けるようになったら、いいですね。そうなれば、ボールペンよりも万年筆のほうがペン先がやわらかいので書きやすく、疲れずにたくさん履歴書をつくれるようになるでしょう。

▼ 知っておこう ② 自分に合った万年筆を店員に聞いて買おう

履歴書を書くのにぴったりの万年筆は、文具店に行って、店員に聞いて選ぶようにしましょう。1000円程度で売られている簡易式の万年筆はペン先がかたいので、ボールペンを上回るような味のある文字を書けるようにはなりません。高ければ、いい万年筆はたくさんありますが、店員に聞いてあなたの予算の範囲内で、履歴書に向いている万年筆を探し出しましょう。うまくいけば、仕事でも長く使える一本に出会えるかもしれません。

万年筆を買う際に、あわせてインクも買っておきましょう。ポイントは耐水性が高いこと。インク切れにならないように予備もふくめて買っておくといいでしょう。

下記の解説ページでも関連のご紹介をしていますので参考にしてください。
>> 履歴書を書くのにおすすめのボールペンは?太さは?
>> 履歴書に印鑑必要?「履歴書在中」スタンプは?
>> 履歴書の修正はご法度!書き間違いをなくす方法は?

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

万年筆でスラスラと履歴書を書き上げることができれば、これはかなりライバルに差をつけることができるでしょうね。ただ、採用担当者が万年筆のことをよくしらないリスクもありますので、インクは黒が無難です。その点もふくめて、うまく対応していきましょう。
ゼロからの履歴書 /目次 に戻る

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
履歴書を書くのは万年筆とボールペン、どっちがいい?【履歴書】:r000017003010 | PARAFT [パラフト]

CAREER CHANGE

万年筆を使いこなせるか

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]