ロゴ | PARAFT [パラフト]
clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
履歴書で中退・海外放浪をうまく書くコツ【履歴書】:r000017003029 | PARAFT [パラフト]

出典:freepik

中途退学の記事

履歴書で中退・海外放浪をうまく書くコツ【履歴書】:r000017003029 | PARAFT [パラフト]

2017.07.05

中途退学の記事2017.07.05

中退でもひるまない

履歴書で中退・海外放浪をうまく書くコツ【履歴書】

keyword: 中途退学 履歴書 転職活動 海外放浪 書き方

このエントリーをはてなブックマークに追加
もし大学中退、短大中退などで空白期間がある場合、履歴書にはその事実をきちんと書きましょう。あわせて中退の理由も記入しておいたほうがいいです。大事なのは現在のあなたの気持ちです。ひるまず、前を向き、しっかり仕事に取り組む意欲を伝えていきましょう。海外放浪で空白がある場合も、前向きにアピールできそうなら隠す必要はないでしょう。
履歴書で一番有利になる学歴の書き方 /目次 に戻る

2017.07.05 文章 / PARAFT編集部

中退の事実は履歴書に書く必要があります

▼ ここが要点 ① 学歴詐称にならないように事実を記載しよう

中退の事実は、履歴書に記載しておきましょう。記載する際は、「中退」ではなく、「中途退学」と書いたほうがていねいな印象を与えます。中退の年月、中退した学校名を記入し、その横に「中途退学」と記します。次のように書くといいでしょう。

平成○年○月 ○○高等学校 卒業
平成○年○月 ○○大学○○学部□□学科 入学
平成○年○月 ○○大学△△学部□□学科 中途退学


大学を中退したのに「大学卒業」と書いたり、高校を卒業したところまでしか書かなかったりすると、学歴詐称になるおそれがあります。会社に入ったあとに「大学卒業」と偽ったことが発覚すれば、最悪の場合、懲戒解雇も考えられますので、そうならないようにきちんと書くようにしてください。

▼ ここが要点 ② 中退の理由を書こう

採用担当者はあなたがなぜ中退したのか、その理由を知りたがると思います。納得のいく理由であれば、採用担当者はマイナスのイメージを持たないかもしれません。ですので履歴書には中退の理由もあわせて記載するといいでしょう。

履歴書に理由を書く際は、たとえば次のようにまとめるといいでしょう。

平成○年○月○○大学 ○○学部□□学科 中途退学
進路志望変更に伴い退学

平成○年○月 ○○大学○○学部□□学科 中途退学
社会人として早く働きたいと考え退学

平成○年○月 ○○大学○○学部□□学科 中途退学
家庭の収入事情のため退学

平成○年○月 ○○大学○○学部□□学科 中途退学
病気療養のため退学 現在は完治しており勤務に支障なし


▼ ここが要点 ③ 中退後、成長した点があればそれを記そう

中退したあと、あなたが心機一転、何か資格取得に励んだり、貴重な経験を積んだりしたのなら、そこのところを履歴書の自己PR欄、自由記入欄などに記しておきましょう。あなたの努力をアピールするといいでしょう。

たとえば、次の例文は、家庭の収入事情のために中退したとき、自由記入欄でアピールする一文です。

大学中退後、父母やまだ高校生の妹を金銭的に支えるため4カ月にわたり懸命にアルバイトをしてまいりました。働いて家族を支えることがいかに重要で素晴らしいことかを実感し、正社員として本格的に働く決意をいたしました。

次の例文は、病気療養のために大学を中退したときの自由記入欄の一文です。

長期療養を覚悟して大学を中退しましたが、病気は完治しました。療養中、多くの人に支えられたことに感謝し、自分も社会人として真剣に働き、人の役に立ちたいと考えております。

▼ ここが要点 ④ 中退理由が前向きでなければ無理に書かない手も

もし中退の理由が「何となくなじめなかった」「単位を落としてしまった」など、あまり前向きでなければ、無理に書かない手もあります。あるいは「一身上の理由により中退」などとぼかしておくのが妥当かもしれません。書類選考を通過し、面接で聞かれたら、その段階で説明しましょう。いまでは中退にいたったことを反省していること、前向きに生きるために中退後、努力していることなどを伝えましょう。

海外放浪から学んだことがあればアピールしよう

▼ ここが要点 ① 前向きに説明できるなら履歴書に書いておこう

海外放浪は恥ずかしいことではありません。伝統的な大企業などでは、採用担当者によっては「いつまた出ていってしまうか分からない不安定な人間」とみる向きもあるでしょう。けれども最近では、グローバル化の流れを受けて、独力で海外を渡り歩いた人を評価する機運も広がっています。大事なのは書き方です。海外放浪の経験からどんなことを学び、現在はどんなふうに前向きに働いていきたいのかを伝えるようにしましょう。

海外放浪については学歴欄ではなく、自己PR欄や自由記入欄、志望動機欄などで説明してください。そうした欄が大きくレイアウトされている履歴書用紙を使うようにしましょう。たとえば、次の例文のようにアピールすることが考えられます。

平成○年○月から△年△月までアジア・ヨーロッパを単独で旅行。その経験から、不測の事態にも慌てることなく柔軟に対応する行動力が養われました。また多くの国を知ることで、日本人の律儀さ、優秀さを実感。この国を支えるために生きていきたいと考えるに至りました。

▼ ここが要点 ② 面接で聞かれる可能性があるので対応しよう

大学中退などとちがい、海外放浪は履歴書に必ず書かなければいけないものではありません。けれども書類選考を通過し、採用面接となった場合、採用担当者から空白期間について問われることになるでしょう。その際、あたふたせず、きちんと対応できるように心の準備をしておきましょう。

履歴書の書き方については、記入項目ごとに下記の解説ページでもご紹介しています。
>> 履歴書の日付の書き方・ルールを知っておこう
>> 履歴書の氏名や住所、無造作に書くと危ない!
>> 履歴書で一番有利になる学歴の書き方 / 目次
>> 履歴書の学歴欄記入に便利な卒業年・入学年早見表
>> 職歴欄の書き方:知っておきたい基本ルール
>> 職歴欄の書き方:勝ち残るための3つのテクニック
>> 趣味・特技欄では自分の適性や人間性をアピール!
>> 履歴書の免許・資格欄 ライバルに差をつける書き方
>> 健康状態に自信がないときの履歴書の書き方
>> 長所・短所欄の書き方 説得力を上げる5つのポイント
>> 履歴書の通勤時間・扶養家族欄はここが見られている!
>> 志望動機は安易さが透けたらアウト! 書き方はこうだ
>> 前職と同じ職種で応募する際の志望動機の書き方
>> 未経験の職種に応募!志望動機の上手な書き方
>> 履歴書の本人希望欄に書いてよいこと悪いこと

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

中退や海外放浪で日本社会の「レール」から外れたとしても、あなたのその経験や、それだからこそ得られた貴重な経験に目を留め、耳を傾ける企業はきっとあります。大事なのは、ひるまず、前向きに生きていく姿勢だと思います。あなたを堂々と売り込んでいきましょう。
履歴書で一番有利になる学歴の書き方 /目次 に戻る

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
履歴書で中退・海外放浪をうまく書くコツ【履歴書】:r000017003029 | PARAFT [パラフト]

CAREER CHANGE

中退でもひるまない

RELATED POST

関連記事はありません

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]