ロゴ | PARAFT [パラフト]
clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
似た名前で大きな違い!休日と休暇・休業・休職の違い:r000017003032 | PARAFT [パラフト]

出典:PARAFT

休暇と休日の記事

似た名前で大きな違い!休日と休暇・休業・休職の違い:r000017003032 | PARAFT [パラフト]

2017.07.06

休暇と休日の記事2017.07.06

カギは労働義務を負うかどうか

似た名前で大きな違い!休日と休暇・休業・休職の違い

keyword: 休暇と休日 転職活動 休業 休職 休暇制度

このエントリーをはてなブックマークに追加
会社の休暇制度について調べていると「休暇」の他にも休日や休業、休職など様々な言葉が出てきます。ひと口に“休む”といってもその種類も制度もいろいろ。今回は会社と休みにまつわる言葉の違いをご紹介します。
求人票[休日欄]にまつわるマメ知識 /目次 に戻る

2017.07.06 文章 / PARAFT編集部

休日と休暇の違いとは?

会社に勤めながら短期の休みを取る際には、「休日と休暇」のどちらかを使うことになります。それぞれを詳しく見ていきましょう。

休日とは?
心身を休めるための時間として、労働者が働く義務を負わない日。労働基準法には、週1日以上・あるいは4週間のうち4日以上の休日を設けるようにと決められていて、これを「法定休日」と呼ぶ。どの会社も守らなければならない基本的なルール。

休暇とは?
本来は働く義務を負う日に、その義務を免除するもの。法定休日の枠を超える休みはすべて「法定外休日」と呼ばれ、ほとんどの休暇は法定外休日にあたる。最も有名なものには年次有給休暇があり、その他にも各社は様々な理由に応じた休暇制度を設けている。

▼ これを覚えよう!
休日=働く義務がない日
休暇=本来は働く義務を負うが、その義務を免除される日


前述の通り、法定休日とされているのは[週1日以上・あるいは4週間のうち4日以上の休日]なので、それ以外の祝日等を休日として扱うかどうかは、各社の就業規則によって異なります。例えば、お盆休みや年末年始の休みを休日(=働く義務のない日)とするか、休暇(=本来働く義務があるが免除する日)とするかは就業規則によってまちまちです。

また、年次有給休暇は給料を保証されるお休みですが、それを超える休暇や独自に定める休暇のとき給料を支払うかどうかは会社ごとに異なりますので、気になる休暇制度があった場合には入社前に質問しておくと良いでしょう。

長期的なお休み、休業と休職

「育児休業」「介護休業」「休職制度」など、休暇や休日よりも長期で業務を離れる場合に使われる休業と休職は、それぞれどう違うのでしょうか。

休業とは?
休業は前述の休暇と同じように、本来働く義務を負う日にその義務を免除するもの。言葉による明確な違いは実際のところなく、制度ごとにその使い分けが個別に決められていることが多い。例えば育児休業や介護休業、介護休暇を定める育児介護休業法では、短期(1年あたり5労働日)のものを「休暇」、長期(育児休業は原則 1 歳まで,介護休業は原則 93 日)のものを「休業」と呼んでいる※(神吉知郁子『休日と休暇・休業』より)。

▼ これを覚えよう!
休業=休暇と同様、本来ある労働義務を免除される日。短期のものを休暇、長期のものを休業と呼ぶことが多い


休職とは?
これまで紹介した休日、休暇、休業と少し異なる性質を持つのが、休職制度。労働者を働かせることが適切ではない状況において、労働契約はそのままにして働く義務を一時的に消滅させることをいう。一般的には、就業規則等にもとづき会社側が休職を命じることが多いが、労働者と合意の上で実施されることも。病気や自己研鑽、事故によるケガなど休職制度は理由によってさまざまな種類がある。休職中の給料を補償する法律はなく、各企業の就業規則で給料を支払うかどうかを決定する。

▼ これを覚えよう!
休職=労働契約はそのままに、働く義務を一時的に消滅させること

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

結果的にはどれも“仕事を休む日”ですが、詳しく見ていくとその違いが労働関係の各種制度と密接に結びついていることが分かりました。些細なことですが知っているのと知らないのとでは大違い。休日にまつわる知識を持って、改めて求人票を眺めてみてくださいね。
求人票[休日欄]にまつわるマメ知識 /目次 に戻る

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
似た名前で大きな違い!休日と休暇・休業・休職の違い:r000017003032 | PARAFT [パラフト]

CAREER CHANGE

カギは労働義務を負うかどうか

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]