ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
実はまったく違う!完全週休2日制と週休2日制について:r000017003044 | PARAFT [パラフト]

出典:PARAFT

週休の記事

実はまったく違う!完全週休2日制と週休2日制について:r000017003044 | PARAFT [パラフト]

2017.07.10

週休の記事2017.07.10

毎週2日休めるのはどちら?

実はまったく違う!完全週休2日制と週休2日制について

keyword: 週休 転職活動 完全週休2日制 週休2日制 休日

このエントリーをはてなブックマークに追加
「もっと休めると思ってた…」入社後に意外と休日数が少ないことにガッカリした人はいませんか? 求人票に記載されている「週休2日制」と「完全週休2日制」は名前こそ似ているものの、実際の休日数に大きな差が出ます。希望のライフスタイルに近づけるよう、転職活動中からしっかり見極めておきましょう。
求人票[休日欄]にまつわるマメ知識 /目次 に戻る

2017.07.10 文章 / PARAFT編集部

毎週が週休2日でも土日休みとは限らない、完全週休2日制

【完全週休2日制とは?】
完全週休2日制は、毎週必ず2日ずつ休日があることを言います。ただし何曜日と何曜日を休みにするかは会社ごとに異なり、就業規則や雇用契約に定められます。

それでは求人票でよく見かける記載例から、より詳しく見ていきましょう。

(記載例)
・完全週休2日制(土日)
→ 毎週土曜日と日曜日が休日
・完全週休2日制(日・他1日)
→ 毎週日曜とそれ以外の曜日、あわせて2日は必ず休日
・完全週休2日制(シフト制)
→ 決められた曜日ではなく、シフトに合わせて毎週2日が休日

土日休みを希望する場合には、完全週休2日制(土日)という記載のある求人情報を探すと良いでしょう。

また実は「完全週休2日制」という名称は、厳密に言えば法律用語ではありません。そのため求人媒体によっては“毎週2日ずつの休みがあること”についての記載方法が異なる場合も。例えばハローワークの求人票を見ると、週休二日欄に[毎週]と記載されていました。この場合は、毎週休日となるのがどの曜日か、文面だけでは伝わりにくいので、応募の前に担当者へ尋ねてみるとよいでしょう。

週休2日が月1回以上あればOKの、週休2日制

【週休2日制とは?】
週休2日制とは、週休2日の週が月に1回以上あることを言います。例えば次のような勤務スケジュールを見てみましょう。完全週休2日制より休日数は少ないですが、これもれっきとした「週休2日制」と呼ばれます。

1週目:土曜・日曜休み
2週目:土曜休み
3週目:土曜休み
4週目:土曜休み

週休2日制は前述の完全週休2日制と違い、週休2日が毎週必ずあることは約束していません。1ヶ月のうち1回でも週休2日があればOKなのですが、入社後にこれに気づいてしまったとなると少しガッカリしてしまうかもしれませんね。ここでしっかりと知識を身につけておきましょう。

そして実は、週休2日制という名称は週休2日にまつわる様々な制度の総称のようなもの。独立行政法人労働政策研究・研修機構の『労働統計用語解説』によれば、週休2日制を細分化した名称がいくつか紹介されています。これらも法律用語ではありませんが、その頻度によって週休2日制を区別していることが分かります。

▼ 1ヶ月あたり1回以上週休2日がある場合
→ 月1回週休2日制 ※ 月2回、月3回週休2日制もある

▼ 隔週で週休2日の場合
→ 隔週週休2日制

完全週休2日制は当たり前ではない?

日本の働き方の基礎が定められている「労働基準法」では、労働時間や休憩時間のほか、休日についてのルールも明記されています。それは、雇用主側が少なくとも毎週1日以上の休日か、4週間を通じて4日以上の休日を与える義務があるというもの。

▼ これを覚えよう!
労働基準法が定める最低限与えるべき休日数は週1日以上。週休2日制は日本の当たり前ではない


労働基準法で“最低限これだけは休ませるように”と決められている週1日の休日。それ以上の休日を与えるかどうかは、会社ごとに判断するものなので、週休2日にしていないからといって会社側の違法性が問われることはありません。もちろん、雇用契約書や就業規則に反して休日を与えていないようであれば違法になりますから、入社前には会社ごとのルールを一通り確認しておきたいところです。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

転職活動を通じて、完全週休2日制や土日祝休みのライフスタイルにしたいと考えているのであれば、求人票の[休日欄]は必須チェック。分からないことがあれば、入社前に担当者へ直接聞いてみるのが良いでしょう。「もっと休めるはずだったのに」と思うことのないよう、前もって準備しておきましょう。
求人票[休日欄]にまつわるマメ知識 /目次 に戻る

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
実はまったく違う!完全週休2日制と週休2日制について:r000017003044 | PARAFT [パラフト]

CAREER CHANGE

毎週2日休めるのはどちら?

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]