ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
履歴書郵送は普通郵便?速達?簡易書留?どこに出す?【履歴書】:r000017003062 | PARAFT [パラフト]

出典:freepik

送り方の記事

履歴書郵送は普通郵便?速達?簡易書留?どこに出す?【履歴書】:r000017003062 | PARAFT [パラフト]

2017.07.13

送り方の記事2017.07.13

早めに出そう普通郵便

履歴書郵送は普通郵便?速達?簡易書留?どこに出す?【履歴書】

keyword: 送り方 履歴書 転職活動 郵送 速達

このエントリーをはてなブックマークに追加
履歴書などの応募書類を郵送するとき、普通郵便にするか、速達や簡易書留にするか、そもそもポストに出すのか郵便局に出すのか、悩む人も多いと思います。結論からいえば、締め切りよりも早めに余裕をもって郵便局に行き、普通郵便で出すのがベストでしょう。応募の締め切りが迫ってきたら速達で出すのもやむを得ませんが、慌てて出したようで感心できません。
ゼロからの履歴書 /目次 に戻る

2017.07.13 文章 / PARAFT編集部

履歴書は余裕を持って郵便局に出しに行こう

▼ ここが要点 ① ポストではなく、郵便局の窓口に出そう

履歴書を郵送するとき、ポストに入れてもNGとは言い切れませんが、決して望ましいことではないでしょう。

ポストに入れるということは、切手をいくら貼ったらいいのか、自分で見きわめないといけません。ただ、もし切手代が足りなければ戻ってきてしまうこともあります。多めに切手を貼っておくと「いい加減な人間」と見られてしまうかもしれません。

さらに履歴書がポストにうまく入るかどうか定かでありません。封筒を丸めたら入れられるかもしれませんが、履歴書などの応募書類が丸まってしまったり、傷ついたりするおそれもあります。そうしたことを考えると、郵便局の窓口に出しに行くのが無難です。

最近は、土日や夜間でも窓口を開けている郵便局が増えています。「ゆうゆう窓口」と呼ばれています。郵便局のホームページを見れば、あなたの自宅や会社、学校の近くの「ゆうゆう窓口」がわかりますから、もし平日の昼間に行くのがむずかしければ、この窓口を利用するといいでしょう。

▼ ここが要点 ② 普通郵便を利用するのが一般的

企業の採用担当者に聞くと、たいていの人は「普通郵便で届くのが一般的」と言います。普通郵便を利用して問題になることはありません。応募締め切りよりも前に、余裕を持って普通郵便で出すのがいちばんいいでしょう。わざわざ追加料金のかかる簡易書留や速達などを利用する必要はありません。
>> 履歴書を郵送するときの封筒の選び方
>> 履歴書郵送の切手料金はいくら!? 勝つための郵送法

簡易書留は応募先企業に手間をかける一面も

▼ 知っておこう ① 簡易書留は企業側で受け取り印が必要

履歴書を郵送するとき、ちゃんと届いたかどうか確認できるということで簡易書留を利用する人もいます。簡易書留は郵便物の追跡ができるようになっていて、ネット上で配達状況を確認することができます。けれども、簡易書留は応募先企業のほうで到着時に受け取り印を押さなければいけません。企業側にその手間をかけることになるので、あまりおすすめできません。

▼ 知っておこう ② 特定記録郵便なら企業の受け取り印は不要

届いたかどうか不安な人には、簡易書留ではなく、特定記録郵便の利用をおすすめします。簡易書留と同じように、ネット上で配達状況が確認できます。企業側の受け取り印が不要なので、手間をかけさせることもありません。

ただ、特定記録郵便は、企業側のポストに投函されたかどうかが確認できるものの、その企業の人がほんとうに受け取ったかどうかはつかめません。ちゃんと受け取ってもらえたかどうかまで確認したいのなら、簡易書留を使うしかないでしょう。

▼ 知っておこう ③ 締め切りギリギリの速達は避けよう

もし応募の締め切り日が迫っていて、普通郵便で間に合わないのなら、速達を使うしかないでしょう。けれども、ギリギリに速達で届く応募書類に、応募先企業の採用担当者はあまりいい印象は持たないでしょう。どんな郵送方法で届いても、それで差別されることは基本的にありませんが、ギリギリの速達は避けるに越したことはありません。

▼ 知っておこう ④ 宅配便やメール便の利用はNG

履歴書は「一般信書」とよばれる文書に分類されます。これは法律上、郵便以外の方法で送るのは禁じられています。履歴書なら、そもそも宅配会社が引き受けてくれないでしょう。万一、宅配便やメール便で企業側に届いた場合、企業の採用担当者はあなたに「常識外れ」のレッテルを貼ることになります。だから、絶対にやめましょう!

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

履歴書の書き方に悩んでいると、応募締め切り日があっという間に近づいてきますよね。複数企業に同時に応募するときなどは、とくに時間との勝負で、厳しいたたかいになることもあるでしょう。けれども、それはライバルの人たちも同じです。負けないようにがんばりましょう。
ゼロからの履歴書 /目次 に戻る

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
履歴書郵送は普通郵便?速達?簡易書留?どこに出す?【履歴書】:r000017003062 | PARAFT [パラフト]

CAREER CHANGE

早めに出そう普通郵便

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]