ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
職歴の書き方!仕事別に整理:キャリア式はこうだ【職務経歴書】:r000017003111 | PARAFT [パラフト]

出典:freepik

キャリア式の記事

職歴の書き方!仕事別に整理:キャリア式はこうだ【職務経歴書】:r000017003111 | PARAFT [パラフト]

2017.08.04

キャリア式の記事2017.08.04

キャリア明快にアピール

職歴の書き方!仕事別に整理:キャリア式はこうだ【職務経歴書】

keyword: キャリア式 職務経歴書 転職活動 職歴 書き方

このエントリーをはてなブックマークに追加
職務経歴書の「職務経歴」を書くとき、職歴を古い順にまとめる書き方のほかに、職務内容ごとにまとめる「キャリア式」と呼ばれる書き方があります。転職回数の多い人や、応募先企業に向けて強調したい職務実績がある人などに向いています。この書き方のキホンをご紹介しましょう。
職務経歴書の書き方!キホンのキ! /目次 に戻る

2017.08.04 文章 / PARAFT編集部

「職務経歴」の書き方:キャリア式のキホンのキ!

▼ ここが要点 ① 職歴を職務内容ごとに整理してまとめよう

職務経歴書の「職務経歴」を、職務内容ごとにまとめて、あなたがどんな仕事のエキスパートなのかを明確にするのが「キャリア式」の書き方です。これまでの職歴を、職務内容ごとに整理して、その上で、いちばん応募先企業に向けてアピールしたいものから順番に書きます。いずれも簡潔明瞭に記載し、さらに実績も具体的に書き添るといいでしょう。たとえば、次のようなまとめ方が考えられます。

【職務経歴】
株式会社○○産業(在籍○年○カ月)
(アパレル販売/従業員数○○人/年間売上高○○億円)

【職務内容】
① 営業統括
  ・□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  ・□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  ・□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
② 法人向け営業活動
  ・□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  ・□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  ・□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
③ 販売促進事業の企画
  ・□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  ・□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
④ 顧客管理情報システムの運用
  ・□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  ・□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


▼ ここが要点 ② 勤務先企業の情報も盛りこもう

もしあなたがこれまでに何回か転職している場合、キャリア式で「職務経歴」をまとめると、あなたがいつからいつまで、どんな企業に勤めていたのかわかりづらくなります。履歴書に記載しているとはいえ、職務経歴書だけを見ている採用担当者もいますので、あなたの勤務先企業の情報も補足して盛りこんでおきましょう。キャリア式でまとめた「職務経歴」の下に、たとえば次のように、あなたの勤務経験についての説明を加えましょう。

平成○年○月~平成○年○月 株式会社○○産業入社。東京本社営業部営業一課
平成○年○月~平成○年○月 仙台支社営業課
平成○年○月~平成○年○月 東京本社営業部営業三課
平成○年○月~平成○年○月 東京本社営業部営業三課○○○係係長


▼ ここが要点 ③ アピールしたいキャリアを目立たせよう!

職務経歴書にこのキャリア式をとり入れたら、応募先企業に向けてアピールしたいキャリアを目立たせることができます。その職務内容を真っ先に、手厚く記載するといいでしょう。その一方で、応募職種とあまり関係のない職務内容については、最低限の記載ですませましょう。場合によって記載しなくてもかまいません。職務経歴書でアピールしたい職務内容を目立たせるためには、メリハリをつけることが大事です。

▼ ここが要点 ④ 転職回数の多い人もキャリア式がおすすめ

転職回数の多い人が職務経歴書の「職務経歴」を書くと、たくさんの企業名が並んで、転職の多さが際立ってしまいます。そんな場合も、キャリア式の書き方がおすすめです。これまでの数多くの仕事実績を、職務内容ごとに集約しましょう。応募先企業にとくにアピールしたい職務内容を筆頭にして、記載する職務内容を厳選しましょう。その上で、「職務経歴」の下にこれまでの勤務先企業の情報を盛りこみます。この書き方の方が、古い順に時系列でまとめるよりも転職回数の多さを目立たなくしてくれます。

「職務経歴」の書き方としては、このキャリア式のほかに、オーソドックスな編年体式や、職務内容を直近のものから順番に記載する逆編年体式などがあります。それぞれの長所・短所を見きわめて、あなたにいちばん合った書き方を選択していきましょう。
>> 職歴の書き方!普通のパターン:編年体式はこうだ
>> 職歴の書き方!逆順に並べる:逆編年体式はこうだ

キャリアの浅い人やブランクのある人にもおすすめ

▼ 知っておこう! 職歴を職務内容ごとにまとめるキャリア式は、キャリアのまだ浅い人や、キャリアにブランクがある人にもおすすめです。まずキャリアの浅い人の場合、職歴を古い順に書いていくパターンでは、あっという間に記載が終わってしまい、書面に空白が目立ってしまいます。けれども、キャリア式で書くなら、もう少し書きこめます。同じ期間中に複数の職務内容を経験していた場合、それを別々に記載できるからです。これまでに経験してきた職務内容を洗い出して、それらをうまく生かしきりましょう。たとえキャリアが浅くても、工夫すれば幅広い仕事を経験してきたことを伝えられるはずです。

キャリアにブランクのある人も、年代ごとでなく、職務内容ごとにまとめれば、ブランクが目立たたなくなります。採用担当者の関心を、あなたのアピールしたい職務内容に引きつけましょう。もちろんブランクについては、面接時に聞かれることになるでしょう。履歴書や職務経歴書の自己PR・志望動機欄などでひとこと触れておいたほうが、面接時に突っこまれなくてすむかもしれません。いずれにしても、職務経歴書の核心部分である「職務経歴」のところをうまくまとめる工夫はしておいて損はないと思います。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

転職回数の多い人や、ひとつの企業の中でも仕事歴の長い人は、職務経歴書の「職務経歴」が長くなりがちです。キャリア式でまとめる場合も、職務内容がたくさん並び、得意分野がぼやけてしまうおそれがありますので用心しましょう。応募先企業の仕事について情報収集し、その仕事に近い職務内容に絞りこみ、メリハリをつけて書くようにしましょう。
職務経歴書の書き方!キホンのキ! /目次 に戻る

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
職歴の書き方!仕事別に整理:キャリア式はこうだ【職務経歴書】:r000017003111 | PARAFT [パラフト]

CAREER CHANGE

キャリア明快にアピール

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]