ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
ボールペンの選び方で差がつく。実は知らない職務経歴書のマナー:r000017003121 | PARAFT [パラフト]

出典:freepik

職務経歴書のペンの記事

ボールペンの選び方で差がつく。実は知らない職務経歴書のマナー:r000017003121 | PARAFT [パラフト]

2019.01.17

職務経歴書のペンの記事2019.01.17

ボールペンは選び方が重要

ボールペンの選び方で差がつく。実は知らない職務経歴書のマナー

keyword: 職務経歴書のペン 職務経歴書 転職活動 手書き パソコン

このエントリーをはてなブックマークに追加
職務経歴書を手書きする際には、ボールペンを使います。万年筆はよほど使い慣れている方は別として、おすすめできません。基本的にはボールペンで書くようにしましょう。どんな太さやどんなインクのものがいいのか、ボールペンの選び方についてまとめてみました。
実践講座!職務経歴書にチャレンジ /目次 に戻る

2019.01.17 文章 / PARAFT編集部

ボールペンの選び方:太さ0.5ミリ、ゲルインクの黒ボールペンがおすすめ

▼ ここが要点 ① 履歴書用のボールペンと合わせて購入しよう

求人応募する際には、だいたい履歴書と職務経歴書をまとめて提出することが多いですよね。どちらも手書きするのであれば、必要なボールペンをまとめて買っておきましょう。履歴書を書くときのボールペンは、履歴書用紙の大きさによってちがってきます。もしA4サイズ(A3の二つ折り)の履歴書用紙を使うなら、履歴書用のボールペンは、太さ0.7ミリの黒ボールペンがいいでしょう。通常のビジネス文書よりも太く書いたほうが力強くなりますので、この太さがおすすめです。もし若干小さいB5サイス(B4の二つ折り)の履歴書用紙を使うなら、履歴書用のボールペンは、太さ0.5ミリの黒ボールペンがいいでしょう。若干小さめのスペースに書きこむことになるので、この太さがちょうどいいのです。
>> 履歴書を書くのにおすすめのボールペンは?太さは?

こうした履歴書を書く場合に比べて、職務経歴書を書くときには多少細めのボールペンを使ったほうがうまく仕上がるでしょう。職務経歴書は基本的には、A4サイズの用紙を使ってまとめましょう。A4サイズの用紙であれば、太さ0.5ミリの黒ボールペンがおすすめとなります。履歴書ほどに太く力強く書く必要はありません。職務経歴書については、パソコンで作るライバルも少なくありません。そんなライバルの職務経歴書と見比べても遜色のない、読みやすい文書にしていきましょう。ていねいにまとめていきましょうね!

▼ ここが要点 ②黒のゲルインクが使いやすい

ボールペンのインクには、水性インク、油性インク、ゲルインクの3種類があります。このなかでいちばんのおすすめなのはゲルインクです。黒のゲルインクをひとつの目安にして、あなたが使いやすいと思うものを購入しましょう。

水性のインクは書きやすいのですが、水に弱い傾向があります。万一、郵送時に水にぬれたり、応募先企業の採用担当者の手違いでぬれて判読不能になったら大変です。一方、油性インクは水には強いのですが、若干書きにくく、文字がかすれることもあります。ゲルインクは、水性インクと油性インクの長所をあわせ持つ新タイプのインクですので、職務経歴書を書くときには心強い相棒になってくれることでしょう。

ボールペンの選び方を実践する際は、ビジネス文書の常識も忘れてはいけない!

▼ 知っておこう ① 万年筆はなるべく避けよう

ボールペンに比べて、万年筆は書くのがむずかしいです。よほど使い慣れている人でないかぎり、おすすめできません。万年筆を使えば美しい文字でまとめ上げることができるのですが、職務経歴書の場合、美しい文字はそれほど求められていません。サクサクと読み進めていけるわかりやすい文字を書くほうが大事です。万年筆は職務経歴書を書くのには向いていませんので、なるべくボールペンを利用するようにしてください。

公式の文書を書くときには、かつては万年筆を使うのが一般的でした。けれども、ビジネスシーンで万年筆を利用することはずいぶん少なくなってきました。履歴書を万年筆で書く人も相当減ってきています。職務経歴書を万年筆で書く人はほとんどいません。基本的には大勢にしたがい、ボールペンを利用するのがいいでしょう。

▼ 知っておこう ② 黒以外の色は基本的には使わない

職務経歴書はビジネス文書ですので、白い書面に黒いインクでまとめるのが一般的です。デザイナーなどのクリエイティブ職を除き、黒以外の色で明るく仕上げるのはやめておきましょう。ビジネスの常識がないと誤解されかねません。

▼ 知っておこう ③ 消せるボールペンは絶対にだめ!

職務経歴書を手書きでまとめていると、たった1文字の間違いで最初から書き直さなければならないのがつらくなることでしょう。何度も書き直しているうちに、消せるボールペン(フリクションボールペン)を使いたくなっても不思議でありません。けれども、消せるボールペンの使用は、ビジネス文書では認められていませんので、絶対にやめてください。何かの拍子でフリクションボールペンであることが判明したら、その時点で常識外れのレッテルを押されてしまいます。

▼手書きのコツについて
手書きに関する他の記事はこちらです。

>> なぜ履歴書は手書きなの!?コピーはダメなの!?【履歴書】

>> 履歴書の修正はご法度!書き間違いをなくす方法は?【履歴書】

>> 手書きの職務経歴書、間違えずに書くコツとは【職務経歴書】

>> 職務経歴書用紙の選び方:手書きならこう探す【職務経歴書】

>> あなたはノート派?それともパソコン派?情報整理のコツを紹介!

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

職務経歴書を手書きするときのは大変労力のかかる作業ですから、書きやすいボールペンを相棒にしてください。大きな文房具店などに行けば、売り場で試し書きもできますから、しっかり、あなたの相棒を見つけてくださいね!
実践講座!職務経歴書にチャレンジ /目次 に戻る

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
ボールペンの選び方で差がつく。実は知らない職務経歴書のマナー:r000017003121 | PARAFT [パラフト]

CAREER CHANGE

ボールペンは選び方が重要

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]