ロゴ | PARAFT [パラフト]
clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
めくれバ! > これから少子高齢の日本で起きること|未来の年表:r000017003133 | PARAFT [パラフト]

第6回

  • 結果発表中

投票受付は終了しました

いい書棚、いいオフィス

出典:PARAFT

未来の年表の記事

めくれバ! > これから少子高齢の日本で起きること|未来の年表:r000017003133 | PARAFT [パラフト]

2017.09.26

めくれバ! | PARAFT [パラフト]

未来の年表の記事2017.09.26

人口推計で見える日本の未来

これから少子高齢の日本で起きること|未来の年表

keyword: 未来の年表 河合雅司 めくれバ! いい書棚、いいオフィス 少子高齢化

このエントリーをはてなブックマークに追加
よく政治家などが「少子高齢化に歯止めをかける!」などと言いますが、残念ながら、歯止めはかけられません。少子高齢化の負のスパイラルに入ってしまった日本の風景は、これから大きく変わっていきます。『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること』(河合雅司著、講談社現代新書、2017年)は、国の将来推計データなどをもとに、いま見えてきている日本の未来の姿を教えてくれます。もちろん絶望する必要はありません。現実を理解したうえで、これからどうしていくかを考え、動いていきましょう。【めくれバ!/いい書棚、いいオフィス】

2017.09.26 文章 / 平田浩司

2040年には自治体の半数が消滅!?

最初に、本書『未来の年表』の表紙で紹介されている「これから起きること」を見てみましょう。

2020年:女性の半数が50歳超え

2024年:全国民の3人に1人が65歳以上

2027年:輸血用血液が不足

2033年:3戸に1戸が空き家に

2039年:火葬場が不足

2040年:自治体の半数が消滅

2042年:高齢者人口がピークを迎える

本書を紐解くと、このほかにも30項目ほど、「これから起きること」が一覧表示されています。たとえば、2019年には、ITを担う人材がピークを迎え、人手不足が顕在化し始めます。2030年には、ITを担う人材が最大79万人不足し、社会基盤に混乱が生じるそうです。

2035年には、男性の3人に1人、女性は5人に1人が生涯未婚という「未婚大国」になるとのこと。2059年には、5人に1人が80歳以上になるとのこと。

丹念にまとめ上げられたこれらの「予言」が本書の売り物ですので、これ以上は、ここに提示できません。ぜひ実際に手に取ってご覧いただきたいわけですが、ともかくも、ずらりと並べられたこの先のデータに唖然(あぜん)とし、「日本はこの先大変なことになる」という事実に直面させられます。

今年日本を出発した人工衛星が10年後にどこにいるかなど、物理的なことはある程度計算して見通すことができますが、人間社会でこの先にどんなことが起きるのかは、なかなか見通せるものではありません。人間には不確定要因が多すぎるのです。

けれども人口の動きだけは別です。たとえば今年20歳の人は10年後に確実に30歳になります。毎年どれくらいの人が死亡していくかは、これまでの統計データをもとに推計できますので、この結果、10年後に30歳になる人口は、おおよそとらえることができます。同じようにして計算され、明らかにされたのが、本書の「これから起きること」の数々です。

筆者の河合雅司さんは産経新聞論説委員で、大正大学客員教授として人口政策や社会保障政策の研究も続けています。国立社会保障・人口問題研究所(社人研)が発表している「日本の将来推計人口」(直近の改定は2017年)のデータをもとに、この先の日本でいったいどんなことが起きるのか、実に丹念に調べ、本書をまとめ上げました。労作だと思います。

事実を直視して、対応策を考えていこう

河合さんがこの『未来の年表』を世に出した背景には、日本の少子高齢化の実態を正確にわかっている人があまりにも少ない、という危機感があったようです。いま日本では政治家が「少子高齢化に歯止めをかける」と決意表明し、「少子化対策を講じて若い人の流入を増やす」などと明るい未来を約束したりしていますが、「歯止め」をかけるのが不可能なのは歴然とした事実です。この分野に詳しい筆者は、これから日本に起きることについてもっと多くの人と情報共有し、対応策を考えていかなければいけないとの思いが強いようです。筆者の問題意識に共鳴します。

筆者は本書のなかで、「日本を救う10の処方箋」を提示しています。くわしくは実際に本書を手にしてご覧いただきたいのですが、とても興味深い処方箋の数々です。かなり大胆な対応策も打ち出しており、この先の日本ではここまで踏みこまなければいけないのだ、と教えられます。個々の処方箋について、個人的には著者と意見を異にするところも多いのですが、それにしても、価値あるたたき台だと思いました。あなたはこれを読んでどう思われるでしょうか。

筆者は文末で、「未来を担う君たちへ」と題し、中学・高校生や大学生に向けてメッセージを投げかけています。いまの10代の人たちにぜひ読んでもらいたいですね。いまの大人たちがどんな未来を押しつけようとしているのか、10代の人たちにディスカッションしてもらいたいと思います。

同時に、この「未来を担う君たちへ」を大人の読者にも読んでもらいたいと思いました。大人たちが「これから起きること」にしっかりと目を向け、次の世代のために本気で考え、何か行動を起こしていかなければいけない。そのように思います。未来について考えるとき、本書は欠くことのできない一冊だと感じております。

『未来の年表』の書籍情報

書名:『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること』
著者: 河合雅司
初版発行: 2017/6/14
出版社: 講談社
価格: 760円(税別)
サイズ: 17.2 x 10.6 cm
頁数:208ページ
ジャンル:社会問題
読了目安: 3時間
ISBN: 978-4062884310

WRITER

編集者・ライター

平田浩司

アジアを旅すると、日本の街中の風景とかなり違うので驚かされます。日本に比べて、歩いている人たちが若いですよね。逆に、いま日本にやって来る外国人観光客は、日本の街中を歩いてみて、どんなふうに感じるのでしょうか。この高齢社会をどうやりくりしていくのか、日本人の知恵が試されます。かなりキツイと思いますが、日本人の底力を発揮していかないといけませんね。

投票受付は終了しました

0/2

あなたの投票数

COMMENT

コメントガイドライン

コメントはありません

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
めくれバ! > これから少子高齢の日本で起きること|未来の年表:r000017003133 | PARAFT [パラフト]

BOOKS

人口推計で見える日本の未来

RELATED POST

関連記事はありません

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]