ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

後輩女性の記事

育休とったけど…悩める後輩たちと接し見えてきたこと【育休後】:r000017003139 | PARAFT [パラフト]

2017.11.02

後輩女性の記事2017.11.02

使う側・使われる側に

育休とったけど…悩める後輩たちと接し見えてきたこと【育休後】

keyword: 後輩女性 山口理栄さん 育休後 両立 育児・介護休業法

このエントリーをはてなブックマークに追加
育休後コンサルタントの山口理栄さんは、総合電機メーカーに勤めていたとき、女性活力推進プロジェクトのリーダーを兼任し、後輩女性たちと接しました。多くの後輩女性たちは、子どもができても辞めなくなっていました。けれども職場は依然として働くママを活用するようになっていませんでした。彼女たちは復帰後に不満を抱えていました。山口さんは部長職も務めたので、彼女たちを使う側の気持ちもわかります。「使う側と使われる側の溝を埋めなければ」と強い思いを抱くようになったそうです。
働くママへ 育休後コンサル山口理栄さんからの応援メッセージ /目次 に戻る

2017.11.02 文章 / PARAFT編集部

子どもができても辞めなくなった女性たち

育児休業や時短勤務などの両立支援策の広がりとともに、子どもができても会社を辞めず、働き続ける女性の割合が増えてきています。国立社会保障・人口問題研究所が2015年に実施した「第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)」によれば、1人目を出産した前後の女性の就業継続率は、これまで4割前後だったのが、53%まで上昇しています。山口さんは、これは大きな変化だと言います。

正規・非正規を合わせても半分以上の人が仕事を辞めなくなったというのが非常に大きいですね。正規で働く人に絞ると、もっと辞めなくなっており、だいたい育休をとるようになっています。

そして、男性のほうにも変化が現れています。ネットを見れば、育休をとった男性がブログなどを書いています。男性の育休取得もずいぶん身近になってきました。

男性の場合、育休を取得していなくても、配偶者出産休暇などのいわゆる「隠れ育休」をとってる人がずいぶんいます。そういう意味では、子どもが生まれて休むということは、もはや珍しいことではありません。そこは以前との大きな違いだと思います。

変わらない現実に直面、不満があふれ出す

その一方で、山口さんは「変わっていない現実もある」と言います。日本の会社ではいまも長時間労働がまだ美徳となっていることが多く、長時間働くことが評価軸になっているのです。

長時間労働に価値があるという考え方は、日本ではまだ根強いですね。長時間働く人が会社にとって価値のある人で評価されるという部分があります。「それはおかしい」と言われ始めているけれども、会社のなかで評価の指標が変わっているかというと、まだそうなっていない。

たとえば男性が育休をとったり、子どもの世話のために早く帰ったりすると、女性以上にたたかれる。もうキャリアは考えていないのだねと言われたりしますよね。もちろん女性も同じで、時短をとっていると、やる気がないとみなされることがまだまだある。時短だから評価が下がるのもしょうがないよねという、そういう空気がまだまだありますよね。そこは変わっていません。そこが変わらないといけませんよね。

夫婦単位でみると、女性が育休をとって、パートナーも昔に比べたら子どもの世話をよくしているし、抱っこひもで抱っこしたり、おむつをかえたりしているんですけど、いざ女性が職場復帰することになったとき、女性がパートナーに相談せず、自分が時短をとることを選択します。パートナーが今までとあまり働き方を変えなくてもいいように、そういうことを話し合いもせずに決めている。

子育てや家事は自分のほうが多めに担当し、そのせいで仕事が今まで通りにできなくなっても、それはしょうがない、というふうに女性が引き受ける。本当に心の底から納得していない人でも、そういう行動をとってしまうのです。それが女性を苦しめていますね。

もちろん、なかにはそういうやり方が自分にちょうど合っているという人もいるのですが、私が会う人はどちらかというと、高学歴で、大企業に勤めていて、子どもが生まれるまでずっと男性と同じくらいにがんばっていた人が多い。その人たちは内心、以前と比べて働けなくなったことに対して、もやもやしている。自分はそれだけじゃだめなのではないかと感じているんです。

本当はもっと働きたい。家庭よりも職場で自分を表現したい。そんな人たちが多いのです。その人たちは、自分だけが時短で、夫は今まで通りエンドレスで働いてくるという状況に対して、非常に不満があるんです。それだけ悩んだり、自分を責めたりしているんだけど、会社に行けば、「あなたは時短だよね」ということでやりがいのある仕事を与えられない。評価も下がる。そういう状況のなかで苦しんていますね。

使う側と使われる側の深い溝を埋めたい

山口さんは総合電機メーカーに勤めていたとき、女性活用推進プロジェクトのリーダーとして、そういう苦しむ後輩女性たちと接したわけですね。

私自身の時代には、結局、多くの女性は辞めていったのです。けれども10年たって、女性は辞めずにずっと働き続けるのが当たり前という感覚になってきました。働き続けようとする女性たちをケアするシステムができていれば両立していけるわけですけど、まだそこができていないので、彼女たちは先が見えない状況でした。育休などの制度があるから子どもができてからも復帰したのだけど、これからどうしたらいいかわからないと悩んでいました。

そういう状態の人たちがもやもやしていて、それを見た若い人たちが、あんなふうになるんだったら、出産は無理なのかなあ、私はじゃあ子どもを持たずにがんばろう、もしくは、子どもが欲しいから転職しようなどという感じでしたね。

私は管理職もやり、部長職も務めたので、会社側の考えもわかります。確かに、早く帰る人はちょっと使いづらい面もある。けれども、本人たちの気持ちもわかります。彼女たちは能力が下がっているわけでもないのに扱いがあまりにもひどいのです。使う側と使われる側の両方をわかっているので、その間をつながなくてはいけない。どうやってつなげるかというと、やはり意識のギャップが大きすぎるわけです。使う側と使われる側に深い溝のようなものがあります。そこを埋められるのは両方の経験をした人だから、自分がやらなければいけないと思ったのです。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

かつて自分がとても苦労したから、後輩にはすこしでも苦労が減るようにアドバイスをしたいーー。働く女性のなかには、そのように後輩女性への温かいまなざしを持った人が少なくありません。そうした先輩女性たちに敬意を表し、後輩の女性たちにはぜひ、先輩たちの声を大切にしていってほしいと感じます。
働くママへ 育休後コンサル山口理栄さんからの応援メッセージ /目次 に戻る

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
育休とったけど…悩める後輩たちと接し見えてきたこと【育休後】:r000017003139 | PARAFT [パラフト]

BALANCE

使う側・使われる側に

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]