ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
例文あり)飲食店ホールスタッフはこう書こう!【職務経歴書】:r000017003178 | PARAFT [パラフト]

出典:freepik

飲食店の記事

例文あり)飲食店ホールスタッフはこう書こう!【職務経歴書】:r000017003178 | PARAFT [パラフト]

2017.08.31

飲食店の記事2017.08.31

接客の工夫と実績まとめよう

例文あり)飲食店ホールスタッフはこう書こう!【職務経歴書】

keyword: 飲食店 職務経歴書 転職活動 ホールスタッフ 接客

このエントリーをはてなブックマークに追加
もしあなたが飲食店のホールスタッフとして実績を積んできたのなら、同じ仕事で転職する場合、どんな職務経歴書をかけばいいのでしょうか。飲食店のホールスタッフに未経験者が応募する場合は、どんな職務経歴書が望ましいのでしょうか。ポイントを整理してご紹介します。
職務経歴書!職種別の成功する書き方 /目次 に戻る

2017.08.31 文章 / PARAFT編集部

職務経歴書にホールスタッフとしての実績を書こう

▼ ここが要点 ① 職務経歴書は仕事の実績を記載する書類

外食産業の求人に応募するとき、履歴書のほかに職務経歴書の提出を求められることがあります。そんなときは、履歴書とうまく書き分けてまとめましょう。履歴書しか求められていない場合も最近は職務経歴書を付ける応募者が増えています。状況次第ではあなたも職務経歴書づくりに挑戦したほうがいいでしょう。

履歴書はあなたの基本情報を伝え、人柄も含めてアピールする書類です。これに対して職務経歴書はあなたの仕事能力について伝える書類です。そこでこの職務経歴書では、即戦力の人材であることを訴えてください。

履歴書は書式がだいたい固定されていますが、職務経歴書は書式が自由になっています。このためにかえって「どう書けばいいの?」と悩んでしまうことが少なくありません。書き方はほんとうにいろいろあるわけですが、あなたのホールスタッフとしての実績をわかりやすく伝えられる書き方としては、次のような構成をおすすめします。

・職務要約
・勤務先
・所属歴
・職務内容
・実績
・自己PR

▼ ここが要点 ② 「職務要約」で接客力などをアピールしよう

まず職務経歴書の冒頭には、あなたの職務経歴の要約である「職務経歴」の欄を設けましょう。この欄で、あなたがホールスタッフとして優秀な能力を持っていることを明言してください。ホールスタッフには接客能力やおもてなしの精神が求められます。アルバイトなどのマネジメント能力も問われることでしょう。そうした能力をこれまでの勤務先で発揮してきたことを書きこみましょう。

たとえば次の例文のように簡潔に書きましょう。

【職務要約】
新卒で株式会社○○○○レストランに入社後、和食レストラン「○○○○」のホールスタッフとして実績を積んできました。新規出店にも関わり、3年目からはスタッフリーダーとして30人の正社員・アルバイトを統括。顧客サービスの向上に努めてまいりました。

工夫した点や実績を具体的に盛りこもう

▼ ここが要点 ③ 「勤務先」「所属歴」を簡潔に示す

次に、あなたがどんな企業のどんなレストランで働いてきたのかを記述してください。簡潔にまとめるのが重要です。ただし、どんな会社なのか、そしてどんなレストランなのかワンポイントの解説を加えてください。たとえば次の例文のようにまとめましょう。

【勤務先】
株式会社○○○○レストラン
業態:東京・大阪で和食レストラン「○○○○」を○店舗、中華レストラン「○○」を○店舗運営

【所属歴】
○○○○年○月 株式会社○○○○レストランに正社員として入社
○○○○年○月 和食レストラン「○○○○」○○店に配属
○○○○年○月 ○○○店新規オープンに伴い、同店に異動
○○○○年○月 スタッフリーダーに昇格


▼ ここが要点 ④ 「職務経歴」欄で仕事のイメージを伝える

応募先企業の採用担当者は、あなたが即戦力の人材かどうか、職務経歴書で具体的な判断材料を拾い出そうとします。そこで「職務経歴」の欄で、あなたが担ってきた仕事を具体的に列挙してください。たとえば次の例文のように記載しましょう。

【職務内容】
・開店準備、閉店作業
・お客様のお出迎え、ご案内
・料理、飲食物の配膳
・飲料の在庫管理
・制服の管理
・トイレのチェック、店外清掃
・スタッフのシフト管理
・アルバイトの教育・指導


▼ ここが要点 ⑤ 「実績」欄にはできるだけ数字を盛りこもう

「職務経歴」の欄の下には、「実績」の欄を設けましょう。売り上げなどの具体的な数字も入れ、あなたががんばってきたことを伝えていきましょう。もし新規出店などにかかわった経験があれば、スタッフをどう育成したのかなど工夫した点も書くといいでしょう。たとえば次の例文のようにまとめましょう。

【実績】
・社内接客コンテストで80人中3位に入賞(○○○○年度)
・新規出店の○○店で来店客拡大に貢献、○○○○年度から連続2ケタ増収を達成。
・サービスの質を高めるため、アルバイト向けに独自の勉強会「気づきの会」開催
・外国人の来店が増えたことに対応し、手作りの接客マニュアルを作成。


▼ ここが要点 ⑥ 「自己PR」欄で採用側のチェックポイントに対応しよう

職務経歴書では最後に「自己PR」欄を設け、応募先企業の求めている仕事能力を備えていることをアピールしてください。箇条書きのスタイルで、アピールしたい点を列挙するといいでしょう。

応募先企業の採用担当者は、応募者に求める仕事能力をある程度、明確に持っています。オーソドックスなところでは①接客力があるかどうか、②ホスピタリティー(おもてなし)の精神を持っているかどうか、③スタッフ管理能力があるかどうか、というあたりをチェックしてきます。そのチェックの目線を意識し、「この人には会ってみたい」と思ってもらえるように自己PRしてください。

応募先の企業によっては、たとえば「外国人客や外国人スタッフにうまく対応できる人材がほしい」など、特別の事情で求人募集している場合もあります。応募先企業をよく研究し、採用側があなたに興味を示すようなPRをしていってください。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

飲食店のホールスタッフには短時間のうちにさまざまな仕事を同時にこなす処理能力の高さも求められます。たとえば大きな宴会を少人数のスタッフで支えるなど、これまでにあなたの処理能力の高さを示すようなエピソードがあったら、自己PR欄などで使ってみましょう!
職務経歴書!職種別の成功する書き方 /目次 に戻る

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
例文あり)飲食店ホールスタッフはこう書こう!【職務経歴書】:r000017003178 | PARAFT [パラフト]

CAREER CHANGE

接客の工夫と実績まとめよう

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]