ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ
めくれバ! : 2位 > 単純な言葉に集約された創作への思い|つくることばいきることば:r000017003206 | PARAFT [パラフト]

第6回

  • 結果発表中

投票受付は終了しました

いい書棚、いいオフィス

出典:PARAFT

つくることばいきることばの記事

めくれバ! : 2位 > 単純な言葉に集約された創作への思い|つくることばいきることば:r000017003206 | PARAFT [パラフト]

2017.09.26

めくれバ! | PARAFT [パラフト]
■収益金について
本のある生活はあなたの人生を豊かにします。パラフトは、あなたの行動により生まれた収益金のすべてを寄付し、次世代を担う子どもたちの人生をより豊かなものにします。

つくることばいきることばの記事2017.09.26

特別な言葉に出合える予感

単純な言葉に集約された創作への思い|つくることばいきることば

keyword: つくることばいきることば 永井一正 めくれバ いい書棚、いいオフィス 言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加
初めに言葉ありき、ではないけれど、人が生きていくうえで「ことば」は欠かせません。言葉は時に人を傷つけ傷つけられもしますが、人生にいい影響を与えてくれるのもまた言葉。いつまでも心の中で大切にしたい言葉にめぐりあったとき、きっと何かが変わるような気がします。日本を代表するグラフィックデザイナー・永井一正氏の『つくることば いきることば』(六耀社、2012年)は、そんな出合いに満ちた一冊。仕事に行き詰まりや迷いを感じたときなどに開いてみれば、今の自分が探していた言葉が飛び込んでくるかもしれません。【めくれバ!/いい書棚、いいオフィス】

2017.09.26 文章 / 岡野 美紀子

画集のような、エッセイのような、詩集のような

なにげない、ちょっとした言葉が自分の進むべき道を照らしてくれた--。

こんな経験をされた方は少なくないと思います。仕事に悩んだとき、ライフステージの節目を迎えたとき、漠然としたモヤモヤが心を覆っているとき、不思議と人はそうした言葉に出合うもの。いえ、むしろそんなときだから、羅針盤の針となるような言葉や、なぐさめ励ましてくれる言葉を無意識に探しているのかもしれません。

それは身近な人が話してくれた体験談だったり、好きな歌の歌詞だったり、街中で偶然目に入った広告のコピーだったりします。そしてもちろん読書でも。ふと開いた本のページに答えを見つけた…なんて、読書好きならきっと誰しも経験があるのではないでしょうか。

もしかしたら、そんな言葉に出合えるかもしれない。そんな予感をくれるのが『つくることば いきることば』。画集のようなエッセイのような詩集のような、仕事の合間、「ふう、疲れたな」とちょっと伸びをした後なんかに、すいっと書棚から手に取ってみてもらいたい不思議な一冊です。

単純な言葉に集約された「そうありたい」という願い

著者の永井一正氏は日本のデザイン界の重鎮。JRやアサヒビール、三菱UFJフィナンシャルグループといった数々の企業ロゴマークをはじめ、誰もが必ず目にしたことのある作品を生み出してきました。1929(昭和4)年生まれの88歳ながら、80年代後半から手掛ける『LIFE』シリーズにいまだ現役で取り組み、動物をモチーフにしたポスターや銅版画を制作し続けている方です。

本書は『LIFE』シリーズの不思議な動物たちと、短い言葉たちで構成されています。1ページには、たった一文か二文。例えば、こんな言葉です。

「つたなくてもいい。一生懸命は尊い。」
 
「本当にやりたいことは
 熱があるから伝わりやすい。」

「できるだけ低い姿勢を保っているほうが
 高く飛べるような気がする。」

「よくできたと思っても、
 すぐ過去になる。
 過去のものには頼りたくない。」

隣のページでは、神話の世界から出てきたような銅版画のサイやキリンや鳥や魚がこちらを見つめています。その魅力も相まって言葉はさらに輝きを増すかのようです。シンプルな言葉ゆえか、そのときどきで自分の心に届く一文が違うのもまたいい。教訓めいた言葉や格言を集めた本にありがちな分別くささはありません。「よし、この本を読んで解決策を探してやろう!」などと変に気負うことなく、日ごろから眺めたくなる素朴さが心地よいのです。

前書きの中で永井氏は、「描くのに手間のかかる銅版画だからこそ、わたしの思いがより強く出たのではないだろうか」と言い、「ここに発せられた言葉は、むしろそうありたいと願ってきた言葉」「自分を励まし、勇気づけてきたもの」と明かします。88歳となった今も新しい一歩を探し続ける永井氏の創作活動への思いが、ごくごく単純な言葉に集約されている本書は、クリエイティブ系の仕事をする方には特に響く何かがあるはずです。

「あっ…!」と声が漏れてしまうような発見をくれる一文や、まるで今の自分に向けて書かれたんじゃないかと思うような一節との出合いは、読書で得られるうれしい瞬間のひとつ。

みなさんにも本書でそんな出合いがありますように。

『つくることば いきることば』の書籍情報

書名:『つくることば いきることば』
著者: 永井一正
初版発行: 2012/3/3
出版社: 六耀社
価格: 1,620円(税込)
サイズ: 18.8cm x 14cm
頁数:200ページ
ジャンル: エッセイ
読了目安: 0.5時間
ISBN: 978-4897377018

WRITER

編集者・ライター

岡野 美紀子

「何かをつくる」という仕事には、いつも迷いや葛藤がつきものです。自分が何をよりどころにしているのかが見えなくなることもあります。そんなとき、原点に立ち戻るためのきっかけになってくれる『つくることば いきることば』。表紙のデザインも素敵なのでオフィスに飾っておくもよし。ふと手に取った誰かを励ます日があるはずです。

投票受付は終了しました

0/2

あなたの投票数

■収益金について
本のある生活はあなたの人生を豊かにします。パラフトは、あなたの行動により生まれた収益金のすべてを寄付し、次世代を担う子どもたちの人生をより豊かなものにします。

COMMENT

コメントガイドライン

コメントはありません

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
めくれバ! : 2位 > 単純な言葉に集約された創作への思い|つくることばいきることば:r000017003206 | PARAFT [パラフト]

BOOKS

特別な言葉に出合える予感

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]