ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

転職の記事

転職のきっかけとなる5つの要素と理想の働き方を実現するコツ!:r000019003427 | PARAFT [パラフト]

2019.05.28

転職の記事2019.05.28

転職のきっかけとは

転職のきっかけとなる5つの要素と理想の働き方を実現するコツ!

keyword: 転職 きっかけ 働き方 自分らしい 場所

このエントリーをはてなブックマークに追加
転職を考えるようになったきっかけは「職場が自分には合わない」「キャリアアップして年収を上げたい」「やりがいのある仕事がしたい」など様々です。 しかし「転職」という選択は、その後の人生を左右するため、簡単に踏み出せるものではありません。 迷いを乗り越えて、転職に踏み切のきっかけは何なのか。その先に、自分らしい働き方を実現するためのヒントがあります。

2019.05.28 文章 / PARAFT編集部

自分らしい働き方を見つける!転職希望の若者が増加中!

転職を考えたことがあるという方は、何もあなただけではありません。25~29歳の若者を対象に実施したアンケートによると、実際に行動していないだけで、8割程度の人が転職を考えているということがわかっています。

転職を考えたきっかけは大きく分けて以下の5つに分かれます。

▼人間関係
圧倒的に多いのがこの人間関係。人が集まる職場なので、人間関係の悩みはつきもの。逆にいうと、以下の4つの要素に不満があっても一緒に働いている人が良い人ばかりだと、実際の転職にまでは至らないケースも多いです。

▼仕事内容
「営業が苦手」「この仕事を続けても先が見えない」など仕事内容そのものを不満に感じるのも、転職のきっかけとして多いでしょう。

▼長時間労働
最近、改善しつつある残業ですが、それでも業界や会社によってはまだ深夜までの残業が当たり前のところも。特に女性は激務すぎて体を壊したりして、転職を意識することになる人もいるようです。

▼給与・賞与
人手不足の売り手市場と騒がれる今だからこそ、「転職すれば、もっと給料上がるのでは?」という期待もあるのでしょう。残業代が出ない、賞与が上がらないなど、収入がきっかけとなる人も増えています。

▼評価
自分に自身のある人に目立つのが「なかなか評価されない」というきっかけ。キャリアアップなどの意欲があるのに、それが評価されないと外のフィールドで試してみたいという気持ちになるのでしょう。

上記以外にも、もちろん何となく自分らしく働けていない、もっと家の近くで働きたいなど、モヤモヤした想いを抱えながら働いている人もたくさんいると思います。「もう転職したい!」と何度となく想いながら、今日も通勤電車に揺られる――。そんな場面の1つや2つ、誰にでも経験があることでしょう。

<<< 自由な働き方ができる「PARAFT」のお仕事情報>>>

きっかけがあっても、転職する人としない人がいるのは何故?

「転職したい」と考えるきっかけを得たのに、実際に行動に起こしていない人も数多くみられます。どうして転職する人と転職しない人がいるのでしょうか。きっかけを得たのに、転職できない人と、転職に踏み切った人の違いを解説します。

▼ きっかけがあるのに転職しない理由とは

転職には希望がある一方、リスクもあります。転職のきっかけを得ながら転職できない人は、リスクの方に注目してしまうケースが目立ちます。

転職すれば、全てが上手くいくとは限りません。職場を変えると、これまでの人間関係や職場での地位をリセットすることになります。勢いだけで転職してしまうと、新しい職場と自分の性格が合わず、苦しむケースもあります。
これを「ミスマッチ」と言います。

きっかけがあっても転職に踏み切らず、現状維持を選択してしまうのは、こうしたリスクを気にして、具体的なキャリアイメージが描けないという面もあります。

▼ 転職のきっかけはすべて「不満」

転職に踏み切った人のきっかけは一言でいうと「現職が不満があるから」。

・より自分らしく働きたい(今の会社では自分らしく働けない)
・もっとチームで結束力を持って働きたい(人間関係が良くない)
・社会的意義のある仕事がしたい(会社や事業に共感できない)

どんな理由でも現職に不満があるという事実は変わりありません。
転職に踏み切って、かつ成功した人は、こうした理由を考え抜いています。
どの部分が解消されたら、自分が満足して働けるのかを理解しているのです。

途中で頓挫せずに転職を成功させるためには、こうした強い軸を持って転職を決意する必要があると言えるでしょう。
転職のきっかけを得てから、実際に転職を決意し成功するには、仕事における自分の譲れないポイントを明確にすることが必要です。

<<< 自分らしい働き方を実現する「PARAFT」のお仕事情報>>>

転職を前向きに捉えることができれば、転職は上手くいく!

転職のきっかけは、「上司からの些細な一言」のような小さなことかもしれませんが、だからと言って後ろ向きに考えなくて大丈夫です。きっかけは「些細な出来事」だとしても、その背景には大きな不満や自分らしい働き方への渇望があるのです。
転職を前向きに捉え、冷静に状況を検討してみて下さい。そして自分にメリットがあると感じたのなら、実際に行動を起こすべきでしょう。

1人で考えていてもまとまらないのなら、求人情報をなんとなく見たり、気になる会社の社員インタビューを読むなど、「ゆる転職活動」を始めるのがオススメです。行動を起こすと見える景色が変わるため、転職のきっかけを深堀りできるかもしれません。

大切なのは「きっかけ」の深刻さではなく、自分らしく働けるかどうかです。自分らしい働き方ができる場所を得ることを第一に考えて、まずはリサーチから始めてみてはいかがでしょうか。自分の価値観やワークスタイルに合致する転職先候補が見つかるかもしれません。

┼─ 関連記事 ─────────────────
働き方に関する記事を読んで、自分に合う働き方を見つけよう!
 ■1時間単位で有給休暇が取れる「時間単位年休制度」とは
 ■有休取って転職活動どう伝える?取得理由は不要?
 ■有給休暇使い切った後に休める?
 ■出社・退社と出勤・退勤、それぞれの違いとは?
 ■「フレックスタイム制」と「みなし労働」の違い
 ■フレックスタイム とコアタイムの違いとは?

PARAFTでは、自分らしい働き方を実現できる、さまざまな企業の求人情報をご紹介しています。インタビューや求人情報を参考に、あなたに合った環境を見つけてください。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

転職を考えるきっかけは人それぞれ。 きっかけがあるということは、今の職場では自分らしく働けていないのではないでしょうか? 終身雇用ではなくなった今の時代、転職は「逃げ」ではなく、仕事を通じて自分がより輝くための「手段」です。 自分らしく働ける職場に出会って、日々が楽しくなる…そんな未来を描いてみるのもおもしろいんじゃないかなと思っています。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
転職のきっかけとなる5つの要素と理想の働き方を実現するコツ!:r000019003427 | PARAFT [パラフト]

BALANCE

転職のきっかけとは

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]