ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

働き方改革の記事

働き方改革で残業は減る?今こそ見直したい自分らしい働き方:r000019003433 | PARAFT [パラフト]

2019.02.25

働き方改革の記事2019.02.25

働き方改革で残業は減る?

働き方改革で残業は減る?今こそ見直したい自分らしい働き方

keyword: 働き方改革 自分らしい働き方 転職 残業 企業

このエントリーをはてなブックマークに追加
働き方改革法案が成立し、2019年4月から時間外労働の上限規制が変わります。残業時間の上限を法律で規制することは初のこと。しかし、この法案により本当に長時間労働から解放されるのでしょうか。時間外労働規制の概要や目的、労働者のメリット・デメリットを解説するとともに、残業のない職場で働く意味を考えます。

2019.02.25 文章 / PARAFT編集部

残業問題はなくなる?働き方改革による改善点とは

労働基準法では1週間で40時間・1日8時間までの法定労働時間が定められており、法定労働時間を超える労働は禁止されていました。しかし、これまでは「36(サブロク)協定」を結ぶことで法定労働時間を延長したり休日に労働したりできたほか、「特別条項付き協定」を結べば限度時間を延長して時間外労働することも可能でした。

つまり、これまでの時間外労働基準には強制力がなかったわけです。特別条項付き協定においても事実上時間外労働の上限が無制限になるという問題点があり、現代の過重労働(残業問題)につながっています。

今回の働き方改革法案が成立したことにより、36協定を結んでいても年720時間を超える残業は認められず、反すると罰則が課せられるようになります。これは、36協定内の特別事項(臨時的に限度時間を超えて時間外労働をしなくてはならない特別な事情)があっても同じです。

また、繁忙期を考慮して月平均で守るべき上限が定められるようになります。大企業は2019年4月1日から、中小企業は2020年4月1日から順次施行されます。一部の業種では5年の執行猶予が設けられています。

<<< 自由な働き方ができる「PARAFT」のお仕事情報>>>

残業時間の上限規制、労働者のメリット・デメリットは?

働き方改革の目的の一つは、ワークライフバランスの改善です。長時間労働は仕事と家庭の両立が困難になるほか、女性や高齢者の就業率にも大きな影響を与えるため、今回の改正により政府は労働参加率の向上に結びつくと予想しています。

では私たち労働者にとっては、どのようなメリット・デメリットが考えられるでしょうか。

▼ 労働者のメリット

・プライベートの時間を持てるようになる

・心身のストレスを軽減できる

▼ 労働者のデメリット

・作業時間を短縮できなければ仕事が回らなくなる

・残業代がもらえないため収入が減る

時間や生活にゆとりが生まれる反面、残業をカットしても作業効率を高められなければ、結局長時間労働になるのでは? といった懸念の声も上がります。

企業側の視点から見ると、上限規制に反すると罰則を科されるリスクがあります。社員一人ひとりの業務内容を洗い出したうえで無駄な仕事をカットする、人の手を介した作業を減らすなどの対策が求められます。

<<< 自分らしい働き方を実現する「PARAFT」のお仕事情報>>>

残業規制の時代、働き方改革を独自に進めている企業に注目を!

2019年4月から順次施行される働き方改革の残業規制。国を挙げて過重労働(残業問題)を防ぐ取り組みが行われますが、近年ではさまざまな休暇制度や福利厚生を設けている企業が増えており、国よりも先に過重労働対策に取り組んでいます。

例えば、記念日を対象としたアニバーサリー休暇やバースデー休暇を設けている企業があるほか、親孝行休暇やペット忌引休暇などを設けている企業までさまざまです。

PARAFTには、残業を防ぐことはもちろん、社員のモチベーションアップにつなげている制度を掲げた企業が多数参画しているので、転職を考えている人や興味のある人は一度参考にしてみてはいかがでしょうか。また、残業にとらわれずに働きたい! という人は、在宅仕事やリモートワークなどを選び「自分らしい働き方」を見つけてみることもひとつの方法です。

┼─ 関連記事 ─────────────────
働き方に関する記事を読んで、自分に合う働き方を見つけよう!
 ■年次有給休暇の指定義務化が開始。働き方改革に企業はどう動く?
 ■時代遅れの働き方はもう終わり?日本人の働き方こう変わる!
 ■<働き方改革法案で企業が急ぐべき対策とは?注視すべきは労務管理
 ■<注目企業に学ぶ新しい働き方。今後の仕事や生活はどう変化する?
 ■1時間単位で有給休暇が取れる「時間単位年休制度」とは
 ■有給休暇使い切った後に休める?
 ■「フレックスタイム制」と「みなし労働」の違い
 ■フレックスタイム とコアタイムの違いとは?

┼─ 自分らしい働き方をかなえる企業が見つかる!
『PARAFT』の求人記事一覧はこちら
┼────────────────────────

┼─ 会員登録で最新求人&記事情報をチェック
│会員登録すると、求人や新コンテンツなど最新情報満載のメルマガが届きます!
『PARAFT』の会員登録はこちら
┼────────────────────────

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

働き方改革法案の施行により、残業時間の改善や有給が取得しやすくなる世の中に変わろうとしています。これまで残業がネックで働けなかった人、また転職を繰り返していた人も、働くことが楽になる世の中になるのではないでしょうか。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
働き方改革で残業は減る?今こそ見直したい自分らしい働き方:r000019003433 | PARAFT [パラフト]

BALANCE

働き方改革で残業は減る?

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]