ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

主婦の記事

今さらだけど知りたい! 主婦が得する働き方・損する働き方:r000019003445 | PARAFT [パラフト]

2019.02.26

主婦の記事2019.02.26

主婦が得する働き方とは

今さらだけど知りたい! 主婦が得する働き方・損する働き方

keyword: 主婦 働き方改革 自分らしい働き方 転職 働き方

このエントリーをはてなブックマークに追加
パート主婦が働き損になるケースとは? 配偶者控除や配偶者特別控除が2018年に改正され、夫が38万円の所得控除を受けられる妻の年収上限が103万円から150万円まで引き上げられました。しかし、年収によっては損する可能性も。ここでは、主婦が損する働き方、得する働き方について解説していきます。

2019.02.26 文章 / PARAFT編集部

2018年の配偶者控除改正で、主婦の働き方はどう変わった?

税法が改正される2017年までは、パートやアルバイトで働いている妻の年収が103万円以下であれば所得税を払わずに済み、同時に夫も38万円分の配偶者控除が受けられました。控除のために年収103万円の壁を超えないよう、パートの収入を月収8万5,000円以内に抑えていた主婦も多いでしょう。

そして2018年、配偶者控除の改正により年収の壁が103万円以下から150万円以下に拡大しました。これにより、月収12万5,000円までは夫が配偶者控除を受けられるようになりました。

しかし、ここで気をつけたいのは、妻の年収150万円以下というのは「夫が38万円の所得控除を受けられる」条件ということ。妻が払う所得税の課税対象は変わらず103万円以上です。さらに、これは税制上のみの改正であり、夫の社会保険の扶養に入れるボーダーは130万円(条件により106万円)のままです。

<<< 自由な働き方ができる「PARAFT」のお仕事情報>>>

年収130万円の壁とは?年収いくらで損をする?

主婦の年収は、税金負担や社会保険の扶養などさまざまなボーダーラインがあるため、単純に働く時間を増やしても手取りがそのまま増えるわけではありません。ここで、主婦が損する働き方について考えてみましょう。

まず、主婦の年収が150万円を超えると配偶者控除がなくなり、控除額分に相応する税金が増え収入が減ります。また、130万円(条件により106万円)を超えると夫の社会保険の扶養から外れ、自分で社会保険料(または国民健康保険、国民年金)を支払う義務が発生します。

▼ 年収150万円を超えないように、140万円分働いた場合=損

140万円の年収となるよう働いた場合の例を見てみましょう。社会保険料が約20万円、所得税+住民税で3万円程度になるため、年収から社会保険料と税金を差し引くと117万円程度の収入に。

これだと、年収140万円を稼いだとしても課税されない120万円分を働いたことと変わりません。つまり、130万円を少しだけ超えるような働き方をすると主婦にとって損する働き方になるので、130万円未満となるよう調整したほうがお得になります。

ちなみに、夫の年収によって配偶者控除の額も変わるため、世帯年収で計算することも大切です。

<<< 自分らしい働き方を実現する「PARAFT」のお仕事情報>>>

主婦が得する働き方を目指すにはどうすれば良い?

それでは、主婦が得する働き方とは何なのかを考えてみましょう。

前述の通り、年収140万円程度・月収約11万6,000円ほどの収入だと非課税となる年収120万円分働いたことと変わりません。子育てなどで長時間働けない主婦は損してしまうでしょう。

損しにくい働き方をしたいなら、年収170万円まで一気に底上げできる働き方を目指すべきです。仮に夫の年収が500万円・主婦の年収が201万円以上の場合、年収が1万円増加するごとに家計収入が約8,798円増加する計算になるため、夫の所得税額が増えても家計全体の収入はプラスになります。

年収170万円以上働くとなると、キャリアップのための準備も必要です。PARAFTでは、働きながらキャリアアップを目指せる企業の求人情報や、リモートワークに対応している企業の求人情報を多数掲載しています。新しい働き方として検討してみてはいかがでしょうか。

┼─ 関連記事 ─────────────────
働く女性のための記事を読んで、自分らしい働き方を実現しよう!
 ■在宅ワーク|人気の仕事5種類と始める前に知っておきたいこと
 ■家事、子育て、仕事を両立!ワーママが早朝勤務したい理由3つ
 ■両立に悩むママたちが陥りやすい抱え込み症候群【育休後】
 ■ワンストップの相談窓口!子育て世代包括支援センターとは?
 ■育児との両立がしやすい?くるみん認定、子育てサポート企業とは
 ■年齢を活かす働き方!女性が仕事を続けるためのキャリアプラン
 ■足のいく時短勤務のため、働くママが押さえておきたいポイント
 ■子育てと仕事は両立できないと思う方へ。新しい働き方を提案

┼─ 自分らしい働き方をかなえる企業が見つかる!
『PARAFT』の求人記事一覧はこちら
┼────────────────────────

┼─ 会員登録で最新求人&記事情報をチェック
│会員登録すると、求人や新コンテンツなど最新情報満載のメルマガが届きます!
『PARAFT』の会員登録はこちら
┼────────────────────────

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

2018年の改正から1年、主婦のパート月収を増やせるようになった反面、制度が複雑化しつつあります。思いっきり働ける主婦なら扶養から外れた方が得をしますが、夫の年収を加味しながらこれからの働き方について考えてみましょう。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
今さらだけど知りたい! 主婦が得する働き方・損する働き方:r000019003445 | PARAFT [パラフト]

BALANCE

主婦が得する働き方とは

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]