ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

転職の記事

【転職に生かす自己分析】簡単な3つのステップで転職を成功:r000019003449 | PARAFT [パラフト]

2019.06.05

転職の記事2019.06.05

自己分析で転職を有利に

【転職に生かす自己分析】簡単な3つのステップで転職を成功

keyword: 転職 働き方改革 自分らしい働き方 自己分析 転職活動

このエントリーをはてなブックマークに追加
採用は売り手市場といわれる昨今ですが、転職を成功させるのは意外に簡単ではないはず。転職活動をスムーズに進めるには、まずは自己分析から始めてみましょう。この記事では、なぜ自己分析を重視すべきなのか、また自己分析を無理なく進める方法を具体的にご紹介します。

2019.06.05 文章 / PARAFT編集部

なぜ自己分析が必要なのか?

採用マーケットでは売り手市場が続いていますが、転職が当たり前となっている現在、企業側は年齢や経験だけでは測れない、ポテンシャルや志向性にも注目しています。つまり、転職を成功させるには“自分の具体的なアピールポイント”がより重要になっているわけです。

企業に自分をアピールするには、履歴書や職務履歴書などの応募書類、そして面接の場など、転職活動の重要なポイントで幾度となく自分の強みを簡潔に訴える必要があります。自己分析が転職に必要なのは、自分の強みとなる「企業に売り込むポイント」を整理する有効な手段となるためです。

自分の強みを言語化できていなければ、企業側に自分の強みをアピールすることはできません。とくに、転職を繰り返している人こそ「転職に失敗した……」と後悔しないよう、自己分析をして自分自身を客観視することが必要です。

<<< 自由な働き方ができる「PARAFT」のお仕事情報>>>

簡単に自己分析ができる!3つのステップ

自己分析と聞くと、とてつもなく面倒くさいことのように感じてしまいます。ついつい後回しにして転職活動を始めてしまう人も多いのではないですようか。ここでは、誰でも簡単に自己分析が進められる、3つステップでシンプルにご紹介します。

①キャリアを振り返る

まず、これまでの仕事内容について振り返ってみましょう。例えば職種経験の場合、「どんな職種や業務を経験したか?」「もっとも印象に残った仕事は何か?」を洗い出します。このほかにも、スキルや経験、実績について棚卸ししてみると、自身が歩んできた道、将来につながる道が見えやすくなります。これは、履歴書は職務経歴書の作成と同時に進めると効率よく進められるでしょう。

②実際に自分ができることを考える

次に、自分ができることを書き出してみましょう。「他人に関わる力」「自分に関わる力」「課題に対する力」に分けて考えてみると楽に進められます。その後、書き出した内容を裏付けるための具体的なエピソードを書いてみてください。できることを自分の強みにしていきましょう。
次に、①の過去のそれぞれの職種経験の中で得たを書き出してみましょう。「他人に関わる力」「自分に関わる力」「課題に対する力」に分けて考えてみると楽に進められます。その後、書き出した内容を裏付けるための具体的なエピソードを書いてみてください。ここで書き出した能力(できること)を自分の強みにしていきましょう。

③企業に求められるスキルを洗い出し

せっかく強みをアピールしても、応募先の企業にマッチしなければ意味がありません。②で書いた自分のアピールしたい能力、そして応募先企業が求めるスキルが合致するかをしっかり確認しましょう。多くの場合、求人情報の中に、求められるスキルや経験など詳細が記載されています。求人に記載されている情報は企業のメッセージです。細かいことも、見逃さないように注意が必要です。

<<< 自分らしい働き方を実現する「PARAFT」のお仕事情報>>>

自己分析で強みがわかれば、企業選びにも生かされる

いざ転職したいと思っても、「どんな仕事が自分に合っているのかわからない」「求人が多すぎてどの企業を受けていいかわからない」といった悩みはつきものです。自己分析で自分を正しく理解しなければ、このような悩みが解決できず、転職活動がなかなか進まないという状況になってしまいます。

3つのステップで自己分析をするれば、企業へのアピールポイントが明確になるだけではなく、自分を客観視する良い機会になります。自分の強み・弱みを知ることで、自分らしく働ける企業を選ぶことがより明確かつスムーズになるはずです。やりたいことだけで企業を選ぶよりも、自分ができることを整理してから仕事や企業を選ぶと、将来的に活躍できる可能性も広がるでしょう。

求人が増え続けている売り手市場の今だからこそ、正しい自己分析をして、より自分に合った職場を探す機会にしてみてはいかがでしょうか。企業の採用熱が高い状況が続いていますので、日々、求人情報も更新されています。こまめにチェックしてみると、新しい発見があるかもしれません。

┼─ 関連記事 ─────────────────
転職ノウハウに関する記事を読んで、自分らしい転職を実現しよう!
 ■転職したいけれど何がしたいのかわからない……どうすれば良い?
 ■情報収集方法と始める前の必須知識|転職活動のすべて
 ■転職活動における応募から内定までの一般的な流れとは?
 ■ベンチャーに転職するのもあり! 自分らしいキャリアを実現する

┼─ 自分らしい働き方をかなえる企業が見つかる!
『PARAFT』の求人記事一覧はこちら
┼────────────────────────

┼─ 会員登録で最新求人&記事情報をチェック
│会員登録すると、求人や新コンテンツなど最新情報満載のメルマガが届きます!
『PARAFT』の会員登録はこちら
┼────────────────────────

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

自己分析をすることで自分の強み・弱みが客観視できるのはもちろん、自分らしい働き方、そして自分が輝ける環境を見つけるきっかけになるはず。転職を考えている人は、3つのステップをもとに自己分析を進めてみてくださいね。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
【転職に生かす自己分析】簡単な3つのステップで転職を成功:r000019003449 | PARAFT [パラフト]

CAREER CHANGE

自己分析で転職を有利に

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]