ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

雇用形態の記事

雇用形態にとらわれない自分らしい働き方を見つけよう:r000019003463 | PARAFT [パラフト]

2019.02.28

雇用形態の記事2019.02.28

多様化する雇用形態

雇用形態にとらわれない自分らしい働き方を見つけよう

keyword: 雇用形態 働き方改革 自分らしい働き方 転職 業務委託

このエントリーをはてなブックマークに追加
正社員で働き続ければ安泰という時代は終わりを告げています。さまざまな雇用形態の中で、働き方はますます多様化しています。しかし実際の雇用形態について、じつは詳しく知らないという人も多いはず。本記事では今さら人には聞けない雇用形態の種類と概要、そこから選ぶ自分に合った働き方を解説します。

2019.02.28 文章 / PARAFT編集部

どんな雇用形態がある?まずは基本をおさらい

ここでは労働者保護(藤堂基準法や、労働組合法、最低賃金法等によって守られる)の対象となる雇用形態の概要を説明します。基本をしっかり理解すれば、仕事選びにも自信を持って取り組めます。

▼ 正社員とは?

直接企業に雇用されている労働者で、労働契約に期間の定めがありません。所定の労働時間がフルタイムで、就業規則に明記されています。

▼ 契約社員とは?

契約社員と会社との合意のもと、労働契約に雇用期間が定められています。正社員と同様に直接企業に雇用されているものの、契約期間が満了になると、自動的に契約終了となります。一回当たりの契約期間の上限は三年です(一定の場合を除く)。

▼ 派遣社員とは?

派遣社員は人材派遣会社との間で雇用契約を結んでいます。派遣元が派遣先の企業に社員を派遣し、派遣社員は派遣先の指揮の下で働きます。トラブルや事故の責任は基本、雇用主である人材派遣会社が対応しますが、派遣先も責任ゼロというわけではなく法律上は派遣元と派遣先に責任を分担されます。

▼ パート・アルバイトとは?

一週間の所定労働時間が正社員と比べて短い労働者のことです。労働条件を明確に記した文書を作成し、労働者に合意してもらうことが義務付けられています。アルバイトも呼び名は違いますが、同じ「パートタイム労働者」となります。

<<< 自由な働き方ができる「PARAFT」のお仕事情報>>>

自分が事業主として「業務委託を結んで働く」という雇用形態も

業務委託とは、一つの仕事ごとに契約を結び、企業と対等な立場で業務を行うことを指します。業務を受けた側は契約した仕事を行うことはもちろん、自分の責任で提案や見積もり、交渉、報酬などの全てを自分の裁量で行います。

▼業務委託のメリット

業務委託は、好きな場所で時間に縛られることなく自由に仕事を進められます。さらに自分の得意な分野で仕事を選ぶことができるため、実力を発揮しやすいです。

▼ 業務委託のデメリット

業務委託は労働法が適応されないので、健康保険や雇用保険、残業規制や賃金規制がありません。自由な反面、自己管理能力が必要です。また、確定申告も自分でしなければなりません。

<<< 自分らしい働き方を実現する「PARAFT」のお仕事情報>>>

雇用形態で選ばない! 自分に合った働き方を見つけよう

正社員・パート・アルバイト、業務委託などさまざまな形態がありますが、どれが一番よい形と明言することはできません。大切なのは、自分が実現したいライフスタイルに合わせて働き方を選ぶということ。

例えば、正社員でもフルリモートワークや週2日勤務の部分リモートワークを導入している企業が増えているなど、一つの雇用形態でも働き方はさまざまです。さらに、副業・兼業といったダブルワークもスタンダードな働き方になりつつあります。それゆえに、年金や保険などの自己管理を自分でやっていくことも大事になっています。

そんな多様化する働き方を歓迎する企業が「PARAFT」では見つかります。雇用形態を確認しながらも、どういった働き方をしたいかを考えて企業選びすると、きっと自分に合った転職先が見つかるでしょう。

┼─ 関連記事 ─────────────────
リモートワークに関する記事を読んで、自分らしい働き方を実現しよう!
 ■必要機材は揃えた?リモートワークの必需品を確認しよう!
 ■複数拠点がカギ!リモートワーク、あなたはどこで仕事する?
 ■在宅勤務・リモートワーカーが持つべき納期と成果に対する意識
 ■リモートワークで起こりやすいやりとりの失敗例

┼─ 自分らしい働き方をかなえる企業が見つかる!
『PARAFT』の求人記事一覧はこちら
┼────────────────────────

┼─ 会員登録で最新求人&記事情報をチェック
│会員登録すると、求人や新コンテンツなど最新情報満載のメルマガが届きます!
『PARAFT』の会員登録はこちら
┼────────────────────────

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

働き方が多様化する現代、今までのように雇用形態だけで選んでいては理想の働き方にたどり着けないかもしれません。「自分らしい働き方」をまず第一に考え、自分に合った企業を見つけるというスタイルが今後の転職活動の主流になっていくのではないでしょうか。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
雇用形態にとらわれない自分らしい働き方を見つけよう:r000019003463 | PARAFT [パラフト]

BIZ ETIQUETTE

多様化する雇用形態

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]