ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

副業の記事

公務員の副業も解禁?許可されている副業についての基礎知識:r000019003491 | PARAFT [パラフト]

2019.03.18

副業の記事2019.03.18

公務員でも副業できる?

公務員の副業も解禁?許可されている副業についての基礎知識

keyword: 副業 働き方改革 自分らしい働き方 転職 公務員

このエントリーをはてなブックマークに追加
公務員の副業は可能になるのでしょうか? 一般企業では政府の働き方改革のもとで副業を前向きにとらえ、認める企業も少しずつ増えていますが、公務員の副業は法律で禁止されています。本記事では、神戸市や奈良県生駒市で公務員の副業が解禁された背景を含めて、公務員の副業について知っておくべきことをご紹介します。

2019.03.18 文章 / PARAFT編集部

法律で禁止されている公務員の副業

公務員の副業は、国家公務員と地方公務員のいずれも法律のもとで禁止されています。どのように定められているのか簡単にご紹介しましょう。

▼ 国家公務員の場合

国家公務員法第103条で営利企業の経営を禁止、国家公務員法第104条ではその他の企業や団体の事業に従事することは上長の許可が必要、とあります。

▼ 地方公務員の場合

地方公務員法第38条では営利企業の経営や報酬を得る事務などへ、許可なしで従事してはならない、としています。

上記の法律のなかで、許可があれば可能な場合もあるかのような表現がありますが、許可されるには公務員の義務に反していないことが大原則です。この場合の公務員の義務とは次の3つが挙げられます。

・信用失墜行為の禁止
信用を傷つけ、全体の不名誉となるような行為の禁止

・秘密保持義務
職務上知り得た秘密を漏らしてはならない

・職務専念義務
公務員の業務に専念する義務がある

このように、公務員は企業で働く会社員よりも守るべきルールが多いように思われるかもしれません。公務員は国民の税金で雇用され、地域の住民に奉仕する立場であるため、法律に裏付けされたルールに従うことが求められているのです。

公務員に副業を推進する地方自治体の事例

公務員の副業は原則的に禁止されているはず……。しかし、最近は職員が副業しやすい環境づくりを進める地方自治体が出てきています。許可があれば副業が可能な場合にあてはまるパターンといえるでしょう。

ここでは、神戸市と奈良県生駒市の事例をご紹介します。

▼ 神戸市

NPO法人のように地域貢献にかかわる事業への取り組みを認める『地域貢献応援制度』があります。職員の経験を生かし、地域貢献に積極的に関わることを後押ししています。社会的に公益性が高く長期的に継続される活動に、報酬を得て従事することを認めるものです。

職員のモチベーションを上げるために考えられた制度で、通常の勤務時間外の地域貢献活動を通して職員としての資質の向上やスキルアップを目指しています。さらには本業である市の仕事に、それを生かしていけるものと期待されています。

▼ 奈良県生駒市

職員の地域活動への参加を推進し、公共性のある組織や企業に従事する副業として報酬を得る活動を認めています。従来、職員は報酬が発生するNPO活動やスポーツ指導などの地域活動には公務員であるがゆえに参加できませんでした。現在は職員が積極的にまちづくりへ貢献できるようになっています。

公務員ができる副業とできない副業とは?

公務員でも副業できるケースがあることを前項で紹介しました。では、具体的にどのような副業ができるのでしょうか? 公務員ができる副業と公務員ではできない副業の両方をご紹介します。

▼ 公務員ができる副業

・家業の手伝い
親や配偶者など家族が経営している事業の手伝い、実家の農業の手伝いなどが認められています。

・不動産賃貸業
さまざまな条件はありますが、副業は可能です。

・株式やFXなどの投資
副業として認められています。ただし、本業で知り得た未公開情報をもとにした投資はインサイダー取引となるため注意が必要です。

・作家活動・講演活動
専門分野の講師などは認められやすい副業です。公務員としての信用が損なわれないこと、秘密保持の厳守や職務に支障がないことなどが前提となります。

▼ 公務員ができない副業

・企業への就職、自営
できる副業として挙げた不動産賃貸業や作家・講演活動も自営ですが、条件により認められる場合とNGになる場合があります。

このように、公務員の副業はすべてが禁止というわけではないのです。働き方改革により一般企業の労働者の副業が解禁されたことで、公務員の副業解禁も遠くないかもしれませんね。

副業についての情報を集めたいなら、新しい働き方を提案するPARAFTをチェックしてみるのもおすすめです。

┼─ 関連記事 ─────────────────
副業に関する記事を読んで、今のうちに副業に対する知識を深めておきましょう!
 ■副業解禁で変わる働き方。今後は得意分野を持つプロが活躍する?
 ■副業OKの求人メディアが考える「今、副業すべき理由
 ■在宅ワーク|人気の仕事5種類と始める前に知っておきたいこ
 ■副業フリーランスとして仕事をすることは生き抜くためのヒント
 ■副業・転職にも!キャリアップに活かせる資格を取りたい方へ

┼─ 自分らしい働き方をかなえる企業が見つかる!
『PARAFT』の求人記事一覧はこちら
┼────────────────────────

┼─ 会員登録で最新求人&記事情報をチェック
│会員登録すると、求人や新コンテンツなど最新情報満載のメルマガが届きます!
『PARAFT』の会員登録はこちら
┼────────────────────────

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

公務員は実家の農作業を手伝うくらいしか副業は認められないだろう、と思っていた方も多いでしょう。国が働き方改革で一般企業の労働者に副業を解禁し、副業に対するイメージを塗り替えています。公務員でも条件しだいで可能な副業があることを知ると、スキルアップのきっかけが意外なところに見つかるかもしれません。何事にもポジティブに取り組むことで、自分の可能性の幅を広げていきましょう!

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
公務員の副業も解禁?許可されている副業についての基礎知識:r000019003491 | PARAFT [パラフト]

BALANCE

公務員でも副業できる?

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]