ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

仕事の記事

結婚のために仕事を辞める人が少ない理由と両立するコツ:r000019003496 | PARAFT [パラフト]

2019.03.19

仕事の記事2019.03.19

仕事と結婚は両立できる!

結婚のために仕事を辞める人が少ない理由と両立するコツ

keyword: 仕事 働き方改革 自分らしい働き方 転職 結婚

このエントリーをはてなブックマークに追加
「仕事を辞めたいから結婚する」「結婚や子育てを楽しみたいから仕事を辞める」という考え方は古くなりつつあります。結婚しても仕事とうまく両立するためにはどんなコツがあるのでしょうか。本記事では結婚しても仕事を続けられる方法をご紹介します。

2019.03.19 文章 / PARAFT編集部

仕事を辞めたいから結婚!は後悔のもと?

仕事にやりがいが見いだせないときに結婚のタイミングを迎えると、「辞めてしまえば?」と言われることは少なくありません。仕事にさほど不満がなくても、パートナーの仕事の関係上やむを得ず仕事を辞める人もいるでしょう。結婚と仕事を両立させるのは、考えているよりも難しいものです。

しかし、いざ結婚を機に仕事を辞めたものの、後になって「やっぱり社会とのつながりを感じたい」と思うこともあります。生きがいを見つけたいという理由で復職を望む人は少なくないのです。

▼ 出産のタイミングによっては復職が困難に

結婚のタイミングで安易に専業主婦(夫)を選択してしまうと、働きたいときに働けなくなるリスクがあります。また、出産後に仕事をしたい場合は、タイミングについても考えておかなければなりません。

例えば、子育てが始まるタイミングに職に就いていないと復職のタイミングをつかめなくなることがあります。第一子の出産、第二子の出産と続いた場合は、いつまでたっても仕事に復帰できないという状態に陥ることも。

結婚や出産を機に仕事を辞めることが本当に得策なのか、事前に考えておくことが重要です。

結婚しても仕事を続けるための方法

結婚から出産、子育てとライフスタイルが変化していくことを考えると、結婚を機に転職するというのも最適とはいえません。なぜなら育児休業を取得するには勤続年数が関わるためです。

結婚したら転職という限定的な選択をせずに、まずは同じ企業内でキャリアチェンジや時短勤務などの働き方ができないか模索してみましょう。

制度をうまく活用すれば、出産後も仕事を続けられることもあります。職場で結婚後も仕事を続けている人がいたら、話を聞いてみるのもおすすめです。

▼ 出産しても仕事を続けられる制度

子育てをしながら社会で活躍できるように、両立を支援する制度があります。例えば、「育児・介護休業法」で定められている短時間勤務制度は、3歳未満の子育てをしている人が原則1日6時間の短時間勤務ができることを認める制度です。配偶者が専業主婦(夫)でも利用できます。

会社によって具体的な内容が異なるので、結婚のタイミングでしっかり調べておくことをおすすめします。取得する場合の条件や申請方法なども確認しておきましょう。

仕事を変えるなら結婚前が良いタイミング

転職することが最適ではないといっても、無理して現職を続ける必要はありません。結婚後の働き方を考えたときに、現在の勤務先で理想の働き方が叶わないと判断した場合は、転職を選択するのもアリです。

女性は結婚することで、家事や育児が加わりライフスタイルが大きく変わります。転職は可能であれば早めに済ませておくと良いでしょう。例えば、育児休業の取得は勤続年数1年以上が対象者の要件となっています。結婚よりも先に転職して、仕事や職場に慣れておくことも大切です。

▼ 結婚を機に仕事を変えるならPARAFTをチェック!

結婚よりも早めに仕事の環境を変えておくと、出産や子育てのタイミングでしっかり休みを取れるメリットがあります。とはいえ、転職先を探すのは簡単ではありませんよね。そこでおすすめなのがPARAFTです。

ライフステージが変わっても柔軟な働き方ができる企業が多数掲載されています。情報が豊富なPARAFTを活用して自分に合った職場を見つけましょう。

┼─ 関連記事 ─────────────────
女性の働き方に関する記事を読んで、結婚後のキャリアプランを考えてみましょう!
 ■結婚後の働き方を考える|女性が仕事を選ぶ際のポイントとは
 ■これから女性の働き方が変わる?企業の例に見る新しい働き方とは
 ■女性の仕事はライフステージごとに選ぶと二兎追って二兎得られる
 ■【転職者インタビュー vol. 1】アタラ合同会社 鶴見さん
 ■子育てママ必見!時短勤務ワーカーが多い業界を紹介します

┼─ 自分らしい働き方をかなえる企業が見つかる!
『PARAFT』の求人記事一覧はこちら
┼────────────────────────

┼─ 会員登録で最新求人&記事情報をチェック
│会員登録すると、求人や新コンテンツなど最新情報満載のメルマガが届きます!
『PARAFT』の会員登録はこちら
┼────────────────────────

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

結婚は人生の大きなライフイベント。結婚後の生活を考えたときに、仕事をどうするかは大きな問題ですよね。結婚後に転職すると理想の働き方ができないこともあるので、計画性を持って転職のタイミングを決めると良いでしょう。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
結婚のために仕事を辞める人が少ない理由と両立するコツ:r000019003496 | PARAFT [パラフト]

BALANCE

仕事と結婚は両立できる!

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]