ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

ダイバーシティの記事

身近にあるダイバーシティの課題とインクルージョンの成功事例:r000019003500 | PARAFT [パラフト]

2019.03.19

ダイバーシティの記事2019.03.19

ダイバーシティの課題解決法

身近にあるダイバーシティの課題とインクルージョンの成功事例

keyword: ダイバーシティ 働き方改革 自分らしい働き方 転職 インクルージョン

このエントリーをはてなブックマークに追加
多様性がもたらす価値を重視するダイバーシティは、インクルージョンがあってこそ、その効果を確かなものにします。つまり、組織が成長するためのダイバーシティには、個人の意見を尊重するインクルージョンが必要になるということ。本記事では、ダイバーシティに見られる課題とインクルージョンの成功事例を紹介します。

2019.03.19 文章 / PARAFT編集部

多様性を受け入れるダイバーシティと包括するインクルージョン

ダイバーシティもインクルージョンも、多様な人材を受け入れ、それぞれが生き生きと働ける職場環境を作っていくことに使われている言葉です。それぞれの本来の意味を確認してみましょう。

▼ ダイバーシティ(多様性)

性別・人種・国籍・宗教といった属性の違いを認めて人材を採用し、さらに個々の働き方に合った制度や環境を整え、組織の成長を目指すこと。

▼ インクルージョン(包括性)

個々の社員の能力や経験を認め、適材適所で人材を生かす考え方。

多様な価値観を持つ人材が集まる組織やチームは、事業活動に新たな想像力や価値をもたらします。しかし、ただ多様性を持つだけで効果を生み出すわけではありません。

多様性を生かす取り組みがなければ、コミュニケーションがうまくいかず、生産性が低下する結果となってしまうこともあります。個人の違いを受け入れると同時に、経験や能力に応じたマネジメントを実施することが必要になります。その結果として、組織の問題解決や生産性の向上につながるのです。

今のビジネスの場では「ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)」と対になって使われることが多くなっているのも、こうした考え方によるもの。ダイバーシティが広く社会に浸透し、次のステージとしてインクルージョンの重要性が注目されています。

組織力を妨げるダイバーシティの課題とインクルージョンの必要性

企業によい効果をもたらすと考えられてきたダイバーシティにもデメリットがあります。いったいどのような状況を指すのか見ていきましょう。

例えば、働き盛りの男性社員ばかりでなく、新卒の女性正社員や時短のワーキングマザーがいる職場は、性別や年齢・働き方が異なるダイバーシティが実現されています。

しかしながら、その職場環境が以下のような問題を抱えていたら、インクルージョンが推進されているとはいえません。

・管理職についているのは男性ばかり
・長時間労働が当たり前の組織風土
・経験の少ない女性に対して研修制度が用意されていない
・ワーキングマザーは責任のあるポストにつけない


このようなダイバーシティの課題を持つ組織は、社員にネガティブな意識を持たせ、次のような事象を引き起こします。

・社員のキャリアステップを無視した配置に対し、不満を抱く人が増える
・男性VS女性、既婚者VS独身というステレオタイプの差別・偏見による対立が生まれる
・チームワークと生産性が低下する


このような状況が、優秀な人材の早期離職や創造性あるサービスの欠如につながっていくのです。

受容する企業風土とは?知ることから始まるインクルージョン

ダイバーシティが生む課題を解決するのがインクルージョンです。まずは、その違いを知ることが重要です。ダイバーシティ&インクルージョンを推進する取り組みの事例をご紹介しましょう。

▼ 株式会社リクルートマーケティングパートナーズとスリール株式会社と共同開発した研修

・ダイバーシティ&インクルージョンを推進する育児体験プログラム『育ボスブートキャンプ』

チームリーダーが子育て中の社員の家庭を訪れ、生活体験をするというもの。実際に働きながら育児をする部下の日常を体験して、年代や立場、物事の捉え方や価値観の違いなどを理解し、マネジメントに生かそうという狙いがあります。

▼ ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)の推進例

・リモートワークで働く社員とのコミュニケーション

Slackやチャットを通じて面談し、個別の目標にあわせたキャリアプランを掲示。

・長時間労働の撤廃

残業の常態化を是正し、男女の差別なく、さまざまな立場の社員が管理職を目指せる環境を整備。

これらの事例からわかるように、社員が抱える事情や考え方をを知ることからインクルージョンの推進は始まります。『PARAFT』はインクルージョンを組織文化とする企業も多数掲載しています。ぜひチェックしてみてください。

┼─ 関連記事 ─────────────────
ダイバーシティやインクルージョンに関連する記事を読んで、認識を深めていきましょう!
 ■ダイバーシティとは?多様な視点が組織にもたらす価値と成長
 ■改革のカギ!ダイバーシティー経営が企業にもたらす効果とは?
 ■注目度の高まるダイバーシティがもたらす効果とは?
 ■自宅で仕事!リモートワークを選ぶ前に知っておきたいポイント
 ■能力ある女性たちが育休後、お荷物扱いされる理不尽【育休後】

┼─ 自分らしい働き方をかなえる企業が見つかる!
『PARAFT』の求人記事一覧はこちら
┼────────────────────────

┼─ 会員登録で最新求人&記事情報をチェック
│会員登録すると、求人や新コンテンツなど最新情報満載のメルマガが届きます!
『PARAFT』の会員登録はこちら
┼────────────────────────

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

男性は外で仕事をする、女性は家庭を守るという考え方は多様性や包括性を否定するもの。もはや通用しない時代となっています。『ダイバーシティ』『インクルージョン』というワードだけでは難しいイメージを抱く人も多いでしょう。しかしその本質は、同じチームで働く仲間とのコミュニケーションから働きやすい職場が生まれるという、わかりやすいものです。コミュニケーションは組織を動かす力になるようです。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
身近にあるダイバーシティの課題とインクルージョンの成功事例:r000019003500 | PARAFT [パラフト]

BALANCE

ダイバーシティの課題解決法

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]