ロゴ | PARAFT [パラフト]

採用ご担当者様へ

clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

ワーキングマザーの記事

ワーキングマザーの悩み。家庭と仕事を両立する理想の働き方とは:r000019003503 | PARAFT [パラフト]

2019.03.20

ワーキングマザーの記事2019.03.20

ワーキングマザーの試練

ワーキングマザーの悩み。家庭と仕事を両立する理想の働き方とは

keyword: ワーキングマザー 働き方改革 自分らしい働き方 転職 両立

このエントリーをはてなブックマークに追加
保育園の内定は決まったものの、育児と仕事の両立ができるか不安を抱いているワーキングマザーは多いのではないでしょうか。本記事では、ワーキングマザーが抱える悩みに寄り添い、仕事と家庭を両立しながら前向きに働くためのヒントをお届けします。

2019.03.20 文章 / PARAFT編集部

毎日が戦争?ワーキングマザーが抱える悩み

家庭と仕事の両立は、ひとことで表現すれば毎日が戦争という状態かもしれません。特にお子さんが保育園に慣れていない時期は、毎朝ぐずることもあるでしょう。

やっと保育園に送り届けて仕事に向かうことができても、帰宅すれば片付けや洗濯、夕飯の準備などの家事が待っています。お子さんが小さいときは、食事もお風呂も補助が必要です。寝かしつけできたら持ち帰った仕事を片付ける……これだけでも、自分の時間は皆無に等しいでしょう。

もちろんパートナーが家事や育児を一緒にやってくれることが望ましいですが、共働き世帯の場合、お互いの負担になるのであれば家事をスマートに済ます方法を考えましょう。

洗濯から乾燥まで1台で済む全自動洗濯機、お掃除ロボット、食洗機、自動調理鍋……近年では家事が楽になる電化製品も充実しています。また、宅配サービスの利用やファミリーサポートセンターの支援を受けるだけでも家事負担の大きな軽減につながります。

ワーキングマザーを阻む「マミートラック」の悩み

ワーキングマザーを悩ませるのは、家事や育児だけではなく「マミートラック」もその一つ。マミートラックとは、陸上のトラックをぐるぐると走っていることの例えからきた言葉で、仕事と子育てが両立できるにも関わらず、昇進・昇格の階段を登ることができない状態をいいます。

人労働政策研究・研修機構が公表している「労働政策研究報告書」によると、女性の管理職に占める割合は2015年で部長級6.2%、課長級9.8%、係長クラスでも17%と、決して高い数値といえません。また、育休から復職した場合、仕事内容が限定されてしまうなど昇進とは縁遠いキャリアコースになってしまうこともあります。

こうした状況が起こる背景には、じつは男性側の終業時間の長さや不規則な就業形態も関係しています。

「労働政策研究報告書」(2017年)では、残業日数が多い父親ほど育児に関わる時間が減ることを示しています。また、父親の仕事がシフト制・交代制などで不規則な場合、女性がフルタイムで働くことが難しいことも指摘されています。

育児は夫婦それぞれが当事者。理想の働き方を実現するために

ワーキングマザーを悩ませる家事・育児問題やマミートラック。これらの問題解決に求められるのは、父親の当事者意識です。

ワーキングマザーが家庭・仕事を安心して両立するには、母親一人が全責任を負うのではなく、父親と分かち合うことが大切です。保育園の送迎を担当する、病気になったら会社を休む、夫婦ともに休めないときは病児保育を手配するなど方法はさまざまです。

一方で、父親の長時間労働も無視できない問題です。仕事と育児に追われて体調を崩してしまえば元も子もありません。夫婦で協力して、どういった働き方がベストな状態なのかを探すことが大切です。

現在の職場ではどうしても対応できないという場合は、労働環境を変えてみるのも一つの選択肢です。PARAFTには、ワークライフバランスを重視した企業が多数掲載されているので、ワーキングマザーにとってもきっと役に立つ情報が得られますよ。

┼─ 関連記事 ─────────────────
ワーキングマザーに関する記事を読んで、不安を取り除いて育児と仕事を両立させましょう!(仕事と健康に関する記事を読んで、より良い状態で仕事に臨めるようにしましょう!)
 ■ワーキングマザーが働きやすい環境作りとは?
 ■両立に悩むママたちが陥りやすい抱え込み症候群【育休後】
 ■【転職者インタビュー vol. 1】アタラ合同会社 鶴見さん
 ■地域正社員でキャリアも諦めない働き方
 ■これから女性の働き方が変わる?企業の例に見る新しい働き方とは

┼─ 自分らしい働き方をかなえる企業が見つかる!
『PARAFT』の求人記事一覧はこちら
┼────────────────────────

┼─ 会員登録で最新求人&記事情報をチェック
│会員登録すると、求人や新コンテンツなど最新情報満載のメルマガが届きます!
『PARAFT』の会員登録はこちら
┼────────────────────────

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

仕事と家庭の両立は、想像以上に過酷なもの。ですが、毎日ギリギリで耐えているワーキングマザーでも、夫婦二人で協力できれば笑いに変えられます。これから社会復帰をする方は、分担バランスや働き方を見直すきっかけなるといいですね。

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
ワーキングマザーの悩み。家庭と仕事を両立する理想の働き方とは:r000019003503 | PARAFT [パラフト]

BALANCE

ワーキングマザーの試練

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]