ロゴ | PARAFT [パラフト]
clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

フリーランスの記事

今すぐ役立つ基礎知識や計算方法、節税対策をご紹介:r000020003547 | PARAFT [パラフト]

2020.09.29

フリーランスの記事2020.09.29

フリーランスの税金を解説!

今すぐ役立つ基礎知識や計算方法、節税対策をご紹介

keyword: フリーランス 税金 計算 いくら 高い

このエントリーをはてなブックマークに追加
フリーランスは、会社員のように会社が税金の管理をしてくれるわけではないので、自身で全て管理しなければなりません。税金は支払わなくても気づかれないと思っているフリーランスもいますが、税金の管理を放置すると法によって罰則を受ける対象となります。 これからフリーランスになろうと思っている方で、税金のことに関してよくわからないという方のために、今回は税金の仕組みや節税対策までご紹介します。

2020.09.29 文章 / PARAFT編集部

そもそもフリーランスとして活動するためにかかる税金の種類は?

フリーランスとして活動するなら、まずは税金の種類について把握しておいた方がいいでしょう。
以下に5つの種類の税金を紹介します。

所得税


所得税はその名の通り、所得に対して国に納税する税金のことを言います。サラリーマンなどの会社員は、給料明細をチェックすると源泉徴収税が引かれていますが、報酬が源泉徴収で差し引かれている場合、所得税は既に国に納められていることになるので、税金は発生しません。

フリーランスの場合は、取引先によって源泉徴収で差し引く場合もありますが、基本的には自身で確定申告をするのが一般的です。

所得税は、所得に対して何%支払う必要があるのかと疑問に思っているフリーランスも多いですが、実は、所得税に関しては収入が上がれば上がるほど税率はアップします。そのため、納める税金は所得によって変わるので注意しましょう。

住民税


住民税とは、都道府県や市区町村に支払う税金のことを言います。住民税は基本的に所得税のように確定申告を行う必要はありません。確定申告をした後に納付書が送られてくるので、届いたらコンビニや市役所などで支払うようにしましょう。

個人事業税


所得税や住民税はサラリーマンにもかかる税金なので聞きなれている方も多いですが、個人事業税はフリーランスなど個人事業主に発生する税金となっているので、サラリーマンからフリーランスになる人は、「この税金は何だろう?」と思う人も多いでしょう。

個人事業税とは、事業をしていることに対して都道府県に支払う税金のことを言います。税率に関してはどんな事業をしているかによっても異なり、3%から5%ほどとなっています。個人事業税も住民税と同じように、納付書が送られてくるので、期日までに納税するようにしましょう。

消費税


フリーランスの場合、職種によって異なりますが課税売上が1,000万円以上ある場合は納付義務が生じます。

消費税はフリーランスの中でも支払わなくてもいい人と、支払う義務がある人に分かれるので、しっかりと確認しておきたいポイントです。

国民健康保険税


これから会社員を辞めて独立をする人は、社会保険ではなく、国民健康保険に加入しなければなりません。手続きは市区町村の窓口で行っているので、なるべく早めに手続きを済ませるようにしましょう。

国民健康保険税は、世帯割に扶養家族の人数や収入を状況に応じて加算されます。そのため、住民税と比べると納税額は増える可能性が高くなります。しかし、納めた国民健康保険税は、確定申告をする時に控除されますので、負担はありません。

「思っていたより高い?」フリーランスの税金の仕組みを解説

税金はどのようにして決まっているのか気になっている方も多いでしょう。簡単に説明すると、税金の納付額は収入によって大きく変わります。例えば、所得が195万円以下のフリーランスは、税率が5%となっています。あまり税金は発生しませんが、所得が4,000万円を超えた場合、税率は45%まで引き上げられます。日本は所得が高い人が多くの税金を支払わなければならない社会なので、収入によって納付額が変わることはフリーランスになる前に把握しておくといいでしょう。

また、フリーランスになったばかりの人は、「税金が高い!」とびっくりされる方もいますが、税金は前年度の所得によって決まりますので、サラリーマンからフリーランスになったばかりの人は負担が大きく感じることもあります。そのため、サラリーマンからフリーランスになることを考えている人は、税金のことも考えてある程度の蓄えはあった方がいいでしょう。

フリーランスの税金の計算方法と目安

ここで簡単な税金の計算式を紹介するので、フリーランスの人は参考にしてください。

{(収入-必要経費-青色申告控除)-保険料控除等-扶養控除等-基礎控除}×税率

税率は所得に応じて5%~45%まであるので、自身の所得に応じて計算をするようにしましょう。

結局、フリーランスの税金の目安は?


フリーランスの税金の目安について、年収が600万円だったと仮定した場合の具体例をご紹介します。

{(600万円―150万円―65万円)-38万円}×20%=26万円

単純計算ですが、年収が600万円だった場合、所得税はおよそ26万円となっています。
報酬によって税率が変更しますので、その都度確認をする必要があります。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

今回はフリーランスの税金についてご紹介しましたが、これから独立を検討している人は特に考えなければならないポイントです。将来的に起業する場合も必要になる知識なので、よくわからないという方は事前に調べておくようにしましょう。

フリーランス専門のエージェントPROsheetの活用

IT系の職種としてフリーランスになる人は、PROsheetなどの専門のエージェントを活用することで、フリーランスとしてのスタートアップをサポートしてもらうことができます。今回解説をした税金面だけではなく、案件の獲得方法やご稼働後のサポートを受けることができます。特にIT系の職種の案件が多くなっており、活用することで得られるメリットはたくさんあるので、まずは下記URLから登録面談にてお気軽にご相談ください。 PROsheetの会員登録ページへ飛びます

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
今すぐ役立つ基礎知識や計算方法、節税対策をご紹介:r000020003547 | PARAFT [パラフト]

CAREER CHANGE

フリーランスの税金を解説!

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]