ロゴ | PARAFT [パラフト]
clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

フリーランスの記事

フリーランスの為の源泉徴収基礎知識:r000020003548 | PARAFT [パラフト]

2020.09.29

フリーランスの記事2020.09.29

フリーランスは源泉徴収必須?

フリーランスの為の源泉徴収基礎知識

keyword: フリーランス 税金 計算 高い いくら

このエントリーをはてなブックマークに追加
フリーランスとして活動していると、「源泉徴収」という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。フリーランスは会社員とは異なり、自分が稼いだ報酬は、税務署に申告する必要があります。フリーランスになると、経理をしてくれる人がいないので、ある程度、税金のことについて知識を習得する必要があります。フリーランスの中には源泉徴収についてよくわからない方もいると思うので、今回は源泉徴収の基礎知識についてご紹介します。

2020.09.29 文章 / PARAFT編集部

そもそも源泉徴収って何?源泉徴収の対象になるもの一覧

源泉徴収とは、簡単に説明すると企業がフリーランスなどの個人事業主に支払う報酬から、所得税を天引きして国に支払う金額のことを言います。

クライアントや企業が源泉徴収をすれば、フリーランスとして活動している人が税金を支払う手間が省けます。

しかし、源泉徴収は必ずしもされるわけではなく、中にはされないものもあるので注意しましょう。

源泉徴収の対象となるものは一体何があるのでしょうか?

・原稿料やデザイン料等
ライターに支払う原稿料や専門家に講演などを依頼した場合、源泉徴収が必要です。また、場合によっては取材費や交通費などをお礼として渡す場合もありますが、実態が報酬と同じならば源泉徴収は必要でしょう。

・弁護士など特定の資格を持つ人に支払う報酬
フリーランスの場合は確定申告を税理士に依頼するということもあるでしょう。この場合は源泉徴収が必要になります。

・スポーツ選手などに支払う報酬
スポーツ選手などに仕事を依頼して報酬を渡す場合も源泉徴収が必要です。

・芸能人や芸能プロダクションに報酬を支払う場合
プロ野球選手に報酬を渡す時と同じように、芸能人や芸能プロダクションの場合も源泉徴収が必要です。

・宴会等でホステスやコンパニオンに支払う報酬の場合
ホステスやコンパニオンに支払う報酬のほか、衣装代や交通費に関しても源泉徴収が必要です。

・広告宣伝のための賞金
例えば懸賞クイズや抽選などで賞品や賞金を手に入れた場合、これらは全て自分に入るのではなく、源泉徴収を行わなければなりません。

源泉徴収の手続きについて

源泉徴収には手続きが必要です。しかし、源泉徴収は仕事をしたフリーランスが行う手続きではありません。一般的に、仕事を依頼した企業や個人事業主が行う手続きになるので、注意が必要です。では実際に手続きをどのように進めていけばいいのかご紹介します。

源泉徴収の計算方法


源泉徴収額を算出するためには、計算方法を知る必要があります。源泉徴収税は得た収入の10.21%かかります。そのため、報酬額に10.21%かけた合計が源泉徴収額です。

例:報酬額×10.21=源泉徴収額

納付期限


納付期限は報酬を支払った月の翌月の10日までです。例えば1月に源泉徴収が必要な報酬をフリーランスに支払った時、2月の10日までに企業は税務署に支払う必要があります。

しかし、企業や個人の中には毎月源泉徴収税が発生する支払いをフリーランスにするところもあります。そのため、年に2回分けて支払うことも可能です。

源泉徴収額納付方法


納付する方法は、税務署に”報酬・料金等の所得税徴収高計算書”を提出することで納付できます。

確定申告の注意点とは

フリーランスが確定申告をする際に注意しておきたいポイントはいくつかありますが、その中でも源泉徴収に関しては特に注意しましょう。

確定申告をする際には、フリーランスは税金を納める必要がありますが、企業側が源泉徴収税を支払った報酬に関しては、税金を納める必要はありません。もしフリーランスの人が間違えてその分の報酬まで含めてしまうと、二重で税金を支払っていることとなります。そのため、フリーランスは還付申告を行わないと、支払う税金の額が多くなってしまいます。このミスに国は気づいてくれませんし、一度フリーランスが払ってしまったら戻ってきません。余分に税金を支払いたくないフリーランスが多いと思うので、しっかりと還付申告を行うようにしましょう。

そのほかにも、フリーランスは確定申告で注意したいポイントはたくさんあります。そのひとつに、白色申告で損をしていないのか確認します。確定申告には白色申告と青色申告の2種類のタイプがあります。フリーランスが確定申告をする時には、この2つの中から選ぶことになりますが、白色申告のほうは節税特典が少なく、収入が多いフリーランスは税金を支払いすぎるという可能性もあります。そのため、年収が高い人はできるだけ青色申告をすることをおすすめします。

そのほかの注意点としては、税金の滞納をしないことです。フリーランスが税金を滞納するとペナルティが課されます。そのペナルティとは延滞税、無申告加算税です。しっかりと税金を納めていれば、支払う必要がなかった税金になるため、できるだけ滞納はしないように気をつけましょう。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

フリーランスにとって源泉徴収などの税金の知識は必要です。フリーランスがこのような知識を知っておけば、確定申告の時に役立てられるからです。 また、確定申告にはいくつかの注意点があります。フリーランスが注意点を知らないと、税金を多く支払ってしまうことになる可能性があります。実際に節税対策ができないと、フリーランスの人が支払う所得税や国民健康保険料の負担は増すことになるでしょう。 事業のスキルアップや知識の習得も必要ですが、フリーランスとして活動していくために、税金のことや確定申告のことを学んでおく必要があります。

フリーランス専門のエージェントPROsheetの活用

IT系の職種としてフリーランスになる人は、PROsheetなどの専門のエージェントを活用することで、フリーランスとしてのスタートアップをサポートしてもらうことができます。今回解説をした税金面だけではなく、案件の獲得方法やご稼働後のサポートを受けることができます。特にIT系の職種の案件が多くなっており、活用することで得られるメリットはたくさんあるので、まずは下記URLから登録面談にてお気軽にご相談ください。 PROsheetの会員登録ページへ飛びます

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
フリーランスの為の源泉徴収基礎知識:r000020003548 | PARAFT [パラフト]

CAREER CHANGE

フリーランスは源泉徴収必須?

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]