ロゴ | PARAFT [パラフト]
clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

Javaとはの記事

開発言語としての特徴と名称の意味、必要かを解説【超入門編】:r000021003600 | PARAFT [パラフト]

2021.02.09

Javaとはの記事2021.02.09

Javaとは?

開発言語としての特徴と名称の意味、必要かを解説【超入門編】

keyword: Javaとは 入門 意味 必要か フリーランス

このエントリーをはてなブックマークに追加
Javaは、プログラミング言語の中でも、多く利用されている言語です。どんな案件があるかを確認するときにも、目にすることが多いのではないでしょうか。本稿では、プログラミング初心者向けに、Javaは、開発言語としてどのような特徴を持っているか、名前の意味、これから学習する意味はあるのか、について解説します。Javaの学習方法とおすすめの資格も紹介していますので、ぜひご一読ください。

2021.02.09 文章 / PARAFT編集部

Javaとはプログラミング言語の一種

Javaとはプログラミング言語の1つで、C言語やC++というプログラミング言語をベースに誕生した言語です。

Javaはインターネットに強く、OSやデバイスを選ばす動作します。

そのため、インターネットが広まり始めた1990年代に注目されるようになり、多くの案件で利用されるようになりました。

Javaという名前の意味


Javaという名前の由来には諸説あります。

どれが正しいかははっきりしていませんが、いくつかの説を紹介します。

1つめの説は、Javaの開発に携わった3人のキーエンジニアの頭文字を取って名づけられたという説。

エンジニアは、JamesGosling、ArthurVanHoff、AndyBechtolsheimの3人です。

2つめの説は、エンジニアが通うカフェのウェイトレスが来ていたTシャツに書かれていたメッセージ「It'sajungleoutthere,SodrinkyourJava」から名づけられたという説です。

もう1つ面白い説は、エンジニアがよく通っていたコーヒーショップのメニューを取って命名されたという説です。

その根拠として、Javaのclassファイルは、すべて16進記数法で必ず「0xCAFEBABE」から始まっている、と指摘されています。

特に最後の説は、エンジニアならではの遊び心が感じられて興味深いですね。

Javaの特徴


Javaの特徴をいくつか列挙します。


  • OSを選ばず動作する

  • オブジェクト指向言語

  • コンパイルするので動作が速い



Java最大の特徴は、「Writeonce,runanywhere」と表現されるように、1回プログラムコードを書いたら、どこでも動作するという点です。

他の言語の場合、WindowsならWindows用、MacOSならMacOS用にプログラムコードを書かなければなりません。

つまり、Windows用に作成したプログラムをMacOSで動かしたい場合は、コードを書き直す必要があります。

一方Javaは、OSのことを気にすることなくプログラムを組み、どこでも動作可能です。

また、Javaはオブジェクト指向言語です。

「オブジェクト指向」の概念は、プログラミングをしたことがないとなかなかイメージが湧かないかもしれません。

オブジェクト指向とは、ある機能を持つプログラムを「オブジェクト=モノ」として扱い、モノを組み合わせて使うことで、1つの製品を作りましょう、という概念です。

オブジェクトとして作成された機能は、必要な情報(入力)と実行結果(出力)のみ決められています。この仕様部分をJavaでは「インターフェース(interface)」と呼びます。

インターフェースを実装して、実際に動作するプログラムのことは「クラス(class)」と呼びます。

機能を利用する側は、インターフェースのみ知っていればよく、クラス内でどのような実装が行われているかは感知しません。

このように、インターフェースを組み合わせて利用し、実装の中身に依存しないプログラミング言語のことを「オブジェクト指向言語」と呼びます。

オブジェクト指向で開発できると、機能ごとに分割して開発できるため、大規模システムの開発もしやすい点は、Javaの大きな特徴です。

オブジェクト指向の概念は、慣れるまではなかなか理解しにくいため、根気強く学習することをおすすめします。

Javaで開発できるシステム



どのOSでも動作するというJavaの特性上、Javaで開発できるシステムは多種多様です。

以下は、Javaで開発できるシステムの一覧です。



開発できるシステム
概要


業務システム
企業が社内業務で利用するシステムのこと。一般的に、Webブラウザで利用できるWebアプリケーションとして開発されます。


Androidアプリ
Androidで動作するアプリも、Javaで開発できるシステムの1つです。


Webアプリケーション
Webブラウザから利用できるインターネット上のサービス全般。Webサービスを支えるアプリの開発もできます。多くのユーザーが利用するTwitterのようなWebサービスも、Javaで開発されているケースが多く見られます。


Webサイト
Webサイトも、Javaを使って実装されているケースがあります。画面側はJavaScriptやPHPなどフロントエンド用のプログラミング言語で実装。Javaは主にデータベースなどから表示に必要なデータを検索したり、データベースの内容を更新したりといった裏方で使われています。


ゲーム
ゲーム開発で使われる言語はC#が主流ですが、Javaを使ったゲームも開発されています。


組み込みシステム(IoT)
OSを選ばずどこでも動作するJavaの特性は、組み込みシステムでも活躍。IoT対応している家電製品などに組み込まれたプログラムは、Javaで開発されています。



このように、さまざまな分野で活用されているため、Javaの開発案件は非常に多く、身に付けておくと案件獲得の幅が広がります

特に、大規模システムの開発案件でJavaが採用されるパターンが多く、この点もJavaの求人が多い理由の1つです。

Javaは必要か?マスターするメリット3つ

Javaというプログラミング言語は、これからも必要だと考えられます。

その理由は以下の通りです。


  • 求人数が多く仕事を獲得しやすい

  • Javaをマスターすることで他の開発言語も習得しやすくなる

  • 開発システムの幅が広く選択肢が豊富



これらの理由について、もう少し詳しく説明します。

求人数が多く仕事を獲得しやすい


ある転職支援サイトの調査によると、2019年に求人数を開発言語別で調査したところ、Javaが約35%と1位を占めているとのことでした。

特に官公庁や大企業が関係する大規模システムには、オブジェクト指向で分散開発がしやすいJavaを採用するケースも多く見られます。

Javaの案件で得られる収入は、かなり幅が広い傾向もあります。

その理由は、上流工程(要件定義・機能設計)から下流工程(テスト)まで、幅広い工程で募集があるためです。

ただ、Javaの開発案件は定収入かというとそういうわけではなく、年収600万円以上も可能な案件が約85%という調査結果もあります。

これから学習するなら、求人数の多いJavaから始めて案件を獲得し、業務経験を積んでいくことで収入アップも可能です。

Javaをマスターすることで他の開発言語も習得しやすくなる


Javaはオブジェクト指向言語であり、オブジェクト指向の概念を理解しないと、学習が進みづらいかもしれません。

ただ、Javaは参考書籍も多く、インターネット上にも多くの情報があり、学習しやすいという特徴があります。

情報量が多いとその分マスターしやすいので、学びやすさの面でもJavaは最初の言語としておすすめです。

Javaでオブジェクト指向の概念を身に付けられれば、C#やC++など、他の言語も学習しやすくなります。

開発システムの幅が広く選択肢が豊富


開発できるシステムの幅が広く、仕事を選ぶときに選択肢が多い点もJavaの魅力です。

スマホアプリやスマホゲームの開発を学びたいという場合や、大規模システムの開発に参画して経験を積みたいという場合も、Javaなら十分な選択肢があります。

最新の開発言語を学びたい、という具体的な希望がないなら、仕事量だけではなく種類にも選択肢が多いJavaを最初の言語として選択するのがおすすめです。

Javaの学習方法とおすすめの資格紹介

Javaの学習方法と、おすすめの資格を紹介します。

Javaの学習ロードマップ


Javaを独学で学ぶ場合、どのような順番で何を学ぶかを検討してから学習を始める方が効率的です。

実際に業務で必要となる知識を身に付けつつ、Javaの勉強を進めるには、以下の学習ロードマップがおすすめです。


学習の順番
学習内容
関連キーワード


1
基本の文法とデータ型を学ぶ



2
統合開発環境(IDE)について学ぶ
EclipseAndroidStudio
GitHubなどソースコード管理ソフト


3
正しく美しいコードについて学ぶ
GoogleのJavaコーディング規約


4
テストコードについて学ぶ
Junit


5
データベースとSQLについて学ぶ
SQL
DBMS製品
(Oracle・PostgreSQL)


6
フレームワークについて学ぶ
SpringFrameworkPlayFramework
JSF(JavaServerFaces)
SparkFramework
Struts


7
機能の実装を繰り返して練習




まずは、基本の文法とデータ型について学びましょう。

基本の文法やデータ側が分かっていないと、プログラミングがまったくできません。

Javaの文法などを学ぶのと並行して、Eclipseなどの統合開発環境も使い始めてください。

Eclipseで作成したJavaファイルをコンパイルするだけでも、文法が間違っていることがすぐに分かり、学習が進みます

また、統合開発環境では、外部のソースコード管理システムと連携して、ソースコードのバージョン管理を行えるものもあります。

組織でシステム開発を行う上で、ソース管理は非常に重要です。

この時点で、GitHubを使い始めることをおすすめします。

次に、Googleのコーディング規約を読み、正しく美しいコードの概念を確認し、実践しましょう。

GitHubで他人のソースコードを見るのも勉強になります

ここまでで、Javaの基本は学習できていますが、さらに開発現場で求められる知識を身に付けましょう。

テストを自動化するJunit、データベースを操作するSQLも、学んでおきたい知識です。

データベースに関しては、オープンソースのPostgreSQLで勉強するといいでしょう。

フレームワークとは、Webアプリケーションを作成する際、定型処理を提供することで効率良く開発を進められるツールの一種です。

開発案件では特定のフレームワークを使っていますが、多くの案件で利用されているフレームワークを調査して使い方を確認しましょう。

ここまできたら後は実践あるのみです。

いろいろなプログラムを組んでみて、経験値を増やしましょう。

Javaの学習成果を確認するのにおすすめの資格


Javaの学習成果を確認するには、Javaに関連する資格試験の受験がおすすめです。

Javaの資格試験は、以下の2種類があります。


  • Oracle認定Javaプログラマ

  • Javaプログラミング能力認定



Oracle認定Javaプログラマ試験は、日本オラクルが認定する資格試験です。

難易度はBronze、Associate(Silver)、Professional(Gold)の3段階あり、Javaのバージョンによっても試験は分かれています。


文法やデータ型を学んだ段階でBronzeを、学習ロードマップをひと通り学んだらAssociate(Silver)を受験すると難易度的には合っています。

Professional(Gold)は、Associate(Silver)に合格すると受験資格が得られるため、まずはAssociate(Silver)取得を目標にするといいでしょう。

Oracle認定Javaプログラマの資格はIT業界でも認知度が高いため、最終的にはProfessional(Gold)取得まで狙いたいところです。

Javaプログラミング能力認定は、一般社団法人サーティファイ情報処理能力認定委員会が認定する資格試験です。

試験区分は難易度の低い順から、3級・2級・1級とあり、3級と2級は筆記、1級は実技試験となっています。

Javaの基本的な知識を問う試験なので、学習効果を確認したい場合におすすめです。

独学で難しい場合はプログラミングスクールの利用も検討を


プログラミング言語をまったく学んだことがない人にとって、Javaは少しハードルが高いかもしれません。

書籍やインターネット上の情報を使っての独学では身に付かないと感じたら、プログラミングスクールなどを利用することも検討してみてください。

対面&実践できる環境での学習に切り替えることで、学習を進めやすくなります。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

Javaは、求人数が多く仕事を獲得しやすいという点で、ぜひ学習したいプログラミング言語のひとつです。 まったくプログラミングをしたことがない人の場合、いきなりJavaを学習するのは難易度が高いかもしれません。 独学では難しいと感じたら、オンラインのプログラミングスクールに通うなど、自分にあった学習方法で勉強を進めましょう。 Javaを学習してひととおりのプログラムが組めるようになったら、未経験でも募集可能な案件に応募し、業務経験を積むことが重要です。 フリーランス専門のエージェントPROsheetの活用 IT系の職種としてフリーランスになる人は、PROsheetなどの専門のエージェントを活用することで、フリーランスとしてのスタートアップをサポートしてもらうことができます。案件の獲得方法やご稼働後のサポートを受けることができます。特にIT系の職種の案件が多くなっており、活用することで得られるメリットはたくさんあるので、まずは下記URLから登録面談にてお気軽にご相談ください。 PROsheetの会員登録ページへ飛びます

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
開発言語としての特徴と名称の意味、必要かを解説【超入門編】:r000021003600 | PARAFT [パラフト]

CAREER CHANGE

Javaとは?

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]