ロゴ | PARAFT [パラフト]
clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

ブロックの記事

ブロックチェーンエンジニアの仕事内容や必要なスキル・キャリア:r000021003607 | PARAFT [パラフト]

2021.02.16

ブロックの記事2021.02.16

ブロックチェーンエンジニアとは

ブロックチェーンエンジニアの仕事内容や必要なスキル・キャリア

keyword: ブロック チェーンエンジニアとは になるには 経験 将来性 フリーランス

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブロック チェーンエンジニアになるには。ブロックチェーンエンジニアの経験や将来性とはに関してご紹介。ビットコインなどの仮想通貨サービスを作るために重要な役割を担っているブロックチェーンエンジニアですが、具体的にどのような仕事をしているのか疑問に感じる人も多いのではないでしょうか?そこで、本記事ではブロックチェーンエンジニアの役割や仕事内容、ブロックチェーンエンジニアに必要なスキルやキャリアパスなどについて説明してきます。

2021.02.16 文章 / PARAFT編集部

ブロックチェーンエンジニアとは?

ブロックチェーンエンジニアは、ブロックチェーンと呼ばれる「分散型台帳技術」を活用して開発に携わっているエンジニアのことを指します。

主に、ブロックチエーンの技術はビットコインなどの仮想通貨サービスを開発する際に用いられるもので、データベースの情報を共有しててシステムを連携する際に利用されています。
では、具体的にブロックチェーンエンジニアの仕事内容にはどのようなものがあり、年収はどれくらいになるのかについて解説していきましょう。
【本項の内容】


▼ブロックチェーンエンジニアの仕事内容


ブロックチェーンの技術は、「決済・証明・契約」と「業務効率化・自動化」に用いられることが多く、現代社会においては重要な役割を担っています。

特に仮想通貨の中でビットコイン(Bitcoin)やイーサリアム(Ethereum)における契約システムや運用システムなどが有名です。

また、スマートコントラクトや、自律分散型アプリケーション(dApps)など、契約情報の改竄防止に関連する技術も存在し、様々な場面で利用されています。

ブロックチェーン分野は、専門用語が多くなかなか理解を深めることは難しいかもしれませんが、主に以下のような開発を行っています。

  • 電子決済に関連するペイメントサービスの開発
  • <ブロックチェーンを用いたアプリケーション開発
  • 独自のブロックチェーンの開発
  • ブロックチェーン技術の研究開発


ブロックチェーンの技術は、まだ発展途上でこれからより技術のレベルを高めていくフェースにあります。


そのため、ブロックチェーンエンジニアとして活動をしていく場合には、ペイメントサービスの開発やアプリケーション・独自のブロックチェーン開発をはじめとして、技術の研究も行う場合もあるでしょう。

▼ブロックチェーンエンジニアの年収


ブロックチェーンエンジニアの年収は、500万円〜1,000万円以上と大きな開きがあります。

というのも、ブロックチェーンエンジニアは、まだまだ人材が少ないため経験を積んでいけば年収は1000万円を超えることもあるでしょう。

しかし、注目されている職種のため未経験からブロックチェーンエンジニアになる人材も増えているため、スキルレベルによって大きく年収は変わってきます。

スキルレベルとしてのイメージは下記の通りです。

  • 業務経験1年未満 月収 30万円〜40万円 年収 360万円〜480万円
  • 業務経験2年未満 月収 40万円〜50万円 年収 480万円〜600万円
  • 業務経験3年未満 月収 50万円〜60万円 年収 600万円〜720万円
  • 業務経験3年以上 月収 60万円〜80万円 年収 720万円〜960万円
  • 業務経験5年以上 月収 70万円〜90万円 年収 840万円〜1,080万円


※ボーナスの額により月収に変動あり

上記のように、業務経験やスキルレベルによっては他のエンジニアに比べて高い割合で高収入を実現することも可能でしょう。

また、フリーランスととして活動していく場合でも、3年以上の業務経験があれば案件の相場は70万円〜100万円と高収入の案件に携わることができる可能性も高くなっています。

ブロックチェーンエンジニアに必要な知識

ブロックチェーンエンジニアは、需要も高く年収も経験次第では1,000万円を超えることもあります。

そのため、「ブロックチェーンエンジニアとして働いていきたい!」と感じた方もいるのではないでしょうか。

そこで、本項ではブロックチェーンエンジニアにとって必要になる知識や資格について紹介していきます

【本項の内容】


▼ブロックチェーンエンジニアに必要なスキル


ブロックチェーンエンジニアに必要になるスキルには、下記のようなものがあります。

暗号技術に関する知識
ブロックチェーンに関する知識や言語スキル
ソフトウェア開発や分散型データベースに関連する知識

暗号技術に関する知識
ブロックチェーンにおいて、暗号化に関する知識は重要です。

「公開鍵暗号化方式」「ハッシュ関数」「電子署名」などの暗号技術の知識はブロックチェーンエンジニアとして活動をしていくにあたり、必要な知識になるため、必ず習得しておきましょう。

ブロックチェーンに関する知識や言語スキル

ブロックチェーンの中には、以下のような言語スキルがあります。
  • C++:ビットコインの開発に利用されている技術でブロックチェーン開発を行う
  • Go:イーサリアムのソフトを利用する際に必要になる言語
  • JavaScript:webサービスの作成において必要になる言語
  • Solidity:スマートコントラクトに関連する言語


ブロックチェーン自体の開発を行いたい場合には「C++」・Webサービスの実装したい場合は「JavaScript」・スマートコントラクトの開発をしたい場合は「Solidity」のように、用途によって使い分けていきます。

そのため、自分がブロックチェーンの中でもどの技術に興味があり、関わっていきたいのかによって勉強する言語を選択していくと良いでしょう。

ソフトウェア開発や分散型データベースに関連する知識

スマートコントラクトや仮想通貨、分散型データベースやdAppsなど、ブロックチェーンに関連する知識や専門用語は幅広く存在します。

実際にビットコインのペイメントサービスや決済システムの仕組みなど、その他にも技術として把握しておくべきモデルがあるでしょう。

また、ブロックチェーンの開発においても「要件定義」「設計」「実装」「テスト」「保守・運用」の工程は変わらないので、ソフトウェア開発における基礎知識についても現況しておく必要があります。

▼ブロックチェーンエンジニアの資格


ブロックチェーンエンジニアに関連する資格には、下記のようなものがあります。

  • 暗号通貨技術検定仮想通貨システムやウォレットシステムのセキュリティをはじめとしたブロックチェーン技術や知識を証明する検定
  • ブロックチェーン技術検定ECDSA/データ書式/Script/BIPS/P2Pのブロックチェーンに関する5つのカテゴリから出題されるブロックチェーンの技術認定資格


ブロックチェーンに関する国内の資格・検定は現時点では上記の2つに限られています。

そのため、ブロックチェーンエンジニアとして活動をしたい場合には、講座を受講して検定資格を取得をしておくことで仕事探しを有利に進めることが可能です。

また、ソフトウェアやITに関する知識を身につけたい場合には、「基本情報技術者試験」や「応用情報技術者試験」でITに関する基本・応用知識を身につけておくのも良いでしょう。

ブロックチェーンエンジニアとして働くために

ここまで、ブロックチェーンエンジニアの仕事内容や年収・必要になる知識やスキルについて紹介してきました。

しかし、ブロックチェーンエンジニアとして働くためには、具体的にどのような形で学習を進めていけば良いのでしょうか?

本項では、ブロックチェーンエンジニアの働き方や仕事の探し方、将来性やキャリアパスについて解説していきます。

【本項の内容】


▼ブロックチェーンエンジニアの働くために


はじめに、ブロックチェーンエンジニアの働くためには、暗号通貨や関連する知識やプログラミング言語スキルが必要だとお話ししました。

しかし、未経験の方やソフトウェア開発などの経験がある人でも、ブロックチェーンの技術を独学で行うことは、難しいのも実情です。

そのため、これからブロックチェーンエンジニアとして、知識やスキルを身につけていきたいと考えているのであれば、以下のサービスを活用すると良いでしょう。

  • Udemy:オンライン講座を中心にブロックチェーンに関連する知識を学ぶことができる
  • テックアカデミー:オンライン講座と課題などを中心にメンターがいる状態で学習が可能
  • ブロックチェーン大学:ブロックチェーンの専門的な知識習得に特化した学習プログラムを用意

  
上記のようなサービスを用いることで、効率的に学習を進めていくことができます。

また、テックアカデミーでは、転職サポートが全コースでついているため、転職活動も視野に入れているという方は、テックアカデミーを活用してみると良いでしょう。

▼ブロックチェーンエンジニアの将来性


ブロックチェーンの技術は電子決済や電子署名などサービスの質向上や業務効率化に影響する技術のため注目されており、企業の中でも導入したいという声は増加しています。

しかし、必要になるスキルも金融から暗号に関する知識まで幅広く、開発の難易度も高いため、人材不足の状況です。

そのため、ブロックチェーンエンジニアの需要はかなり高い状態で、技術を持っていれば高収入の案件にも携わることもできるでしょう。

そのため、エンジニア未経験の人材でもブロックチェーンの技術を学び、ブロックチェーンエンジニアとして経験を積んでいくことでキャリアアップや収入アップをしていくことも可能です。

▼ブロックチェーンエンジニアのキャリアパス


ブロックチェーンエンジニアとして経験を積み上げていく場合、キャリアパスとしては以下のものが挙げられるでしょう。

  • ブロックチェーンエンジニアとして上流工程の仕事にも携わる
  • ブロックチェーンの知見を活かして企業コンサルに携わる
  • 技術発展のための研究を専門的に行う


現時点では、ブロックチェーン技術は発展途上のため、キャリアアップを行なっていくか技術発展のための研究開発を行なっていくかに分かれるでしょう。

ブロックチェーンエンジニアとしてある程度のスキルを身につけて、別のエンジニアの職種に転向するする選択もありますが、現時点ではブロックチェーンは需要が高いスキルのため専門的にスキルを磨いていく方がオススメです。

▼まとめ


以上、ブロックチェーンエンジニアの仕事内容・必要になるスキルや資格・将来性やキャリアパスについて紹介してきました。

ブロックチェーンエンジニアは、今後も需要は伸びる職種のため、興味のある方は、積極的に学習をしていくと良いでしょう。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

フリーランス専門のエージェントPROsheetの活用 IT系の職種としてフリーランスになる人は、PROsheetなどの専門のエージェントを活用することで、フリーランスとしてのスタートアップをサポートしてもらうことができます。案件の獲得方法やご稼働後のサポートを受けることができます。特にIT系の職種の案件が多くなっており、活用することで得られるメリットはたくさんあるので、まずは下記URLから登録面談にてお気軽にご相談ください。 PROsheetの会員登録ページへ飛びます

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
ブロックチェーンエンジニアの仕事内容や必要なスキル・キャリア:r000021003607 | PARAFT [パラフト]

CAREER CHANGE

ブロックチェーンエンジニアとは

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]