ロゴ | PARAFT [パラフト]
clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

Swiftとはの記事

アップル社製品にとどまらない、言語の特徴とポイントを解説:r000021003610 | PARAFT [パラフト]

2021.03.12

Swiftとはの記事2021.03.12

Swiftとはどんな言語?

アップル社製品にとどまらない、言語の特徴とポイントを解説

keyword: Swiftとは 入門 難易度 初心者 スマホアプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加
SwiftはiPhoneアプリの開発ができる言語として、注目されています。初心者にとっては学びやすさだけでなく、作成できるアプリやシステムの種類、将来性なども気になるところです。 Swiftでは学びやすく、開発しやすい仕組みが用意されています。一方でSwiftならではの、押さえておきたいポイントもあります。本記事では将来性とあわせて、Swiftの特徴に迫ります。

2021.03.12 文章 / PARAFT編集部

アップル社製言語ならではの、Swiftが持つ3つの特徴を解説

プログラミング言語を選ぶ上で、特徴を知ることは重要です。ここではSwiftが持つ3つの特徴を取り上げ、解説していきます。

【本項の内容】


▼Swiftは、iOSアプリを開発しやすくする言語


Swiftはアップル社が2014年に、iOSアプリの開発をしやすくする目的で作られたプログラミング言語です。それまではObjective-Cという言語を用いて開発されていましたが、C言語由来であることから学習するハードルの高さが課題でした。

ここでは両者を比較しながら、Swiftの特徴と習得の難易度を解説します。

開発者にとって使いやすい言語


Swiftは、以下の特徴を持つプログラミング言語です。

  • オープンソースであるため、コーディングする際の費用がかからない
  • 直感的、かつ簡潔にコーディングできる
  • 開発環境を手軽に作成できる
  • アップル製品以外の開発にも使える
  • 高速での動作が可能


開発者にとって、使いやすい条件を兼ね備えた言語という特徴があります。Objective-Cと比べ、優位性が多いことも特徴です。加えてObjective-Cとの互換性もありますから、「段階的に移行する」「Objective-Cの開発からSwiftに移りたい」といった方にも、適した言語といえるでしょう。

習得の難易度も高くない


Swiftは難しい言語ではなく、比較的マスターしやすいことが特徴です。
読みやすく書きやすいコードは、代表的な例といえるでしょう。構文もシンプルとなったため、初心者にも学びやすい言語となっています。

▼iOSアプリを中心に、Webアプリも開発可能


Swiftの主な用途は、アップル社製品のアプリケーションです。一例として、以下のものが挙げられます。

  • iPhone
  • iPad
  • macOS
  • Apple TV
  • Apple Watch


一方でSwiftは、Webアプリやサーバー向けのシステム開発にも活用できます。「スマホアプリはSwiftだけど、Webアプリは他の言語」といったデメリットもなく、両方のアプリを同じ言語で開発できる点は強みといえるでしょう。開発に活用できるフレームワークの一例として、Vaporが挙げられます。

▼Swiftの将来は堅調と考えられる


iPhoneをはじめとしたアップル製品は、日本を含め世界で広く使われています。アップル製品のシェアが急減することは考えにくいことから、しばらくはアプリ開発の需要も高いと見込まれます。案件数は主要言語と比べて多いとはいえませんが、エンジニアの数も多くないため、今後の需要も期待できるでしょう。

一方で、以下の点も注視する必要があります。

  • Webアプリの開発案件が増えないと、シェアの急拡大は望めない可能性がある
  • JavaScriptを用いた「ハイブリッドアプリ」が普及すると、シェアが下がる可能性がある


Swiftのスキルを身につける場合は自身のスキルアップはもちろん、市場動向もよくチェックすることをおすすめします。

Swiftを使って開発する4つのメリット

Swiftを使って開発することには、多くのメリットがあります。ここでは4つのメリットを取り上げ、詳しく解説していきましょう。

【本項の内容】


▼モダンな開発言語。シンプルで読み書きしやすく、安全に使える


Swiftはモダンな開発言語であり、シンプルな構文で書きやすく読みやすいことが特徴です。代表的なメリットを、以下に示しました。

  • セミコロンの入力が不要
  • 型推測が行なわれるため、変数や関数を定義するつど型指定を行なう必要がない
  • メモリ使用量を自動的に管理し、最小限の使用量に抑えられる
  • 関数名を持たない関数として使える「クロージャ」がある
  • nilのオブジェクトを作成しようとすると、処理を止めるため安全
  • Objective-Cと比べ、少ない記述量でコーディングできる


エンジニアの手間を省きつつ、より便利に使える機能も備えています。開発しやすい言語といえるでしょう。

▼高速に動作するアプリを作成できる


Swiftを用いた開発により、他の言語よりも高速で動作するアプリを製作できます。アップル社は以下の条件で検索した結果を、公式Webサイトで公表しています。

  • 1万個の整数を検索
  • 深さ優先探索アルゴリズムを使用
  • SwiftとPython2.7、Objective-Cを比較


この結果、以下のとおりSwiftの優位性が確認されました。

  • Objective-Cと比較して、最大で2.6倍のスピード
  • Python2.7と比較して、最大で8.4倍のスピード


既存の言語より倍以上速く動くアプリを製作できることは、見逃せないポイントです。

▼アップル社製品の性能を十二分に活かした開発が可能


Swiftは、アップル社が提供する言語です。iPhoneをはじめとしたハードウェアの開発元と共通している点は、見逃せないポイント。Swiftならばハードウェアの制御も行なえるため、アップル社製品が備える性能を十分に活かした開発が可能です。

また統合開発環境「Xcode」では、iPhoneやiPadの画面上でどう見えるかチェックできる「シミュレーター」も備えています。多くの製品に対応していることもあり、開発段階で見映えをチェックできる点は大きなメリットです。

▼リアルタイムでコードの正誤を確認できる開発環境がある


Xcodeは、画期的な「Playground」機能も備えています。この機能はコーディングした瞬間にどのような値が返ってくるか、またグラフィックなどの動作を確認できる便利な機能です。書いているコードが正しいかどうかのチェックもスピーディーに行なえるため、誤った場合の修正もしやすい便利さは見逃せません。

加えて、Xcodeにはデバッグを自動で行なう「自動テストツール」も搭載しています。その都度プログラムを実行して結果を確かめる手間が不要となるため、開発のスピードアップに貢献することでしょう。

Swiftを学びたい初心者が知っておきたい4つのポイント

Swiftはさまざまなメリットのある言語ですから、学びたくなった方も多いのではないでしょうか。あなたがSwiftのスキルを得て開発現場で発揮するためには、ぜひ押さえておきたい4つのポイントがあります。どのような点に注意が必要か、順に解説していきましょう。

【本項の内容】


▼開発マシンは、Macの使用をおすすめ


Swiftを開発するなら、アップル社が開発する「Mac」パソコンの利用をおすすめします。Macのパソコンならば、便利な統合開発環境「Xcode」が使えるためです。

もちろんSwiftはLinuxや、最近ではWindowsでも開発できるようになりました。しかしこれらの開発環境はXcodeほど充実しておらず、また使用する際の難易度も上がります。例えばWindowsでは、2020年9月にSwiftのビルドができるようになったばかりです。

ふだん慣れないパソコンで開発すると、どうしてもユーザインタフェースの違いに戸惑ってしまうもの。Swiftエンジニアを目指すならばApple社製品に慣れる意味でも、Macの使用をおすすめします。

▼OSの基本的なコマンドを覚えておこう


Xcodeは便利ですが、Swiftの開発においてはコマンドラインが使えることも重要なポイントです。ls、cd、chmodなどは、代表的なコマンド。

基本的なコマンドを理解しておくと、開発作業がスムーズに進みます。ぜひ暗記し、必要なときにすぐ使えるようにしておきましょう。

▼手を動かし、積極的に学ぶ姿勢が必須


Swiftは新しい言語ですから、歴史のある言語に比べてノウハウなどの情報が多いわけではありません。初心者向けの書籍も、比較的少なめ。加えてバージョンアップ後は古くて使えなくなる情報もありますから、取捨選択が必要です。

このためSwiftを学ぶ方は、未知の状況に対応するスキルが求められます。「わからなければ教えてもらう」姿勢は、あまりよくありません。自力で調べ解決できるスキルを身につけ、ノウハウを他の方にシェアできるまで高めると良いでしょう。アップル社はSwiftの公式ドキュメントを提供していますので、しっかり読み込むことも必要です。

とはいえ初心者のうちは、比較的短い期間で集中的に学び、開発できるレベルまで技術力を高める姿勢も求められます。このため独学にこだわらず、Swiftを学べるスクールやオンラインの教材を使い、力をつけることも良い方法です。ご自身に合った方法を選び、学習を進めましょう。

▼開発やビルド、公開に関するルールも知っておこう


Swiftに限らず、iOSで動作するアプリを製作する際にはいくつかのルールがあります。代表的なものを、以下に挙げてみました。

  • Apple IDの取得
  • Apple Developer Programへの登録
  • 開発の証明書と、プロビジョニングプロファイルの作成
  • アプリの公開はアップル社の審査が必要


特にアプリを公開する際のルールには、多種多様な項目が定められています。以下の内容は、その一部です。

  • 正しく動作し、アプリに関する情報も正確であること
  • 差別や暴力、性的な内容など、不適切なコンテンツは却下される
  • 開発元への連絡方法が明記されていること
  • デザインやユーザインタフェースが優れていること


せっかく便利なアプリを作っても、ルール違反の内容があると公開されず、大幅な手戻りを要してしまいます。アップル社の要求を満たすためにも、事前にひと通りチェックし理解しておくことが開発時間の短縮につながります。

もっともこれらのすべてを、開発者が行なうとは限りません。例えばApple Developer Programへの登録は、職場で実施する場合も多いでしょう。しかし、アプリの公開までにさまざまなルールがあることを知っておくことは重要です。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

Swiftは学びやすい仕組みが整っている一方で、情報が多いとはいえません。このため、積極的に学ぶ姿勢が不可欠です。一方でエンジニアの数は不足しているため、努力しだいでやりがいが得られる言語といえるでしょう。 変化の激しいIT業界のなかで、堅調な将来性が見込めることも見逃せないポイントです。言語の難易度も高くないため、iOSに携わりたい方はぜひチャレンジしてみると良いでしょう。 フリーランス専門のエージェントPROsheetの活用 IT系の職種としてフリーランスになる人は、PROsheetなどの専門のエージェントを活用することで、フリーランスとしてのスタートアップをサポートしてもらうことができます。今回解説をしたSwift案件のご紹介だけではなく、案件の獲得方法やご稼働後のサポートを受けることができます。特にIT系の職種の案件が多くなっており、活用することで得られるメリットはたくさんあるので、まずは下記URLから登録面談にてお気軽にご相談ください。 PROsheetの会員登録ページへ飛びます

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
アップル社製品にとどまらない、言語の特徴とポイントを解説:r000021003610 | PARAFT [パラフト]

CAREER CHANGE

Swiftとはどんな言語?

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]