ロゴ | PARAFT [パラフト]
clear
  1. 気になる求人情報にエントリーできる
  2. 柔軟な働き方の企業からスカウトを受け取れる
  3. コメント投稿とめくれバ!投票に参加できる


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

上記メールアドレス宛に
仮登録完了のお知らせ
メールを送りましたので、内容を確認し
記載されているURLから本登録にお進みください。

もしメールが来なかった場合は

  1. ご入力いただいたメールアドレスが間違っている
  2. お送りしたメールが迷惑メールフォルダに届いてしまっている
  3. 登録済みのメールアドレスである
clear

clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再設定

アカウントの登録メールアドレスをご入力ください。パスワードリセット用のメールをお送りします。


clear
ロゴ | PARAFT [パラフト]

パスワード再発行

ご入力いただいたメールアドレス宛に、パスワードのリセットのご案内をお送り致しました。
メールに記載されているURLからパスワードの再発行を行ってください。

メールが届かない場合、ご入力いただいたメールアドレスをご確認いただき、再度パスワードのリセット手続きを行ってください。

パラフト パラフトロゴ

スクラムマスターの記事

役割・年収・仕事内容・資格などをわかりやすく解説:r000021003629 | PARAFT [パラフト]

2021.04.14

スクラムマスターの記事2021.04.14

スクラムマスターとは?

役割・年収・仕事内容・資格などをわかりやすく解説

keyword: スクラムマスター とは 役割 年収 資格

このエントリーをはてなブックマークに追加
スクラムマスターとは、具体的にどういう役割なのでしょうか。プロジェクトマネージャー(PM)と似ている立ち位置なので、混同している人も少なくありません。本記事は、スクラムマスターの役割とPMとの違い、スクラムマスターの仕事内容について詳しく説明します。スクラムマスター向けの資格と学習方法についてもまとめていますので、資格に興味のある方もぜひ最後までご覧ください。

2021.04.14 文章 / PARAFT編集部

スクラムマスターとは「スクラムを推進する責任者」

【本項の内容】

スクラムマスターとは、スクラム開発を推進する責任者のことです。1人がスクラムマスターを担当する場合もあれば、開発者が持ち回りでスクラムマスターとなるケースもあります。

スクラム開発とはアジャイル開発手法の1つで、複雑な問題を扱うのに適しています。

スクラム開発では、5つのイベント、3つの役割、3つの作成物が規定されていますが、スクラムマスターは3つの役割のうちの1つです。

▼スクラムマスターの役割



スクラムマスターの役割は、スクラム開発を行うプロジェクトの、いわば「問題確認・解決役」で、スクラム開発を進める上で特に重要な立場です。

スクラムマスターは、チームメンバー全員が自律的にスクラム開発に取り組めるよう、さまざまな働きかけを行います。

スクラムマスターは、深い知識を踏まえてスクラム開発を円滑に進めるためのあらゆる管理を行い、スクラムが順調に進むようさまざまな働きかけを行います。

スクラムの管理は多くの人が関わるため、チームメンバー全員がスクラム開発について理解して開発しているかを確認する作業も、スクラムマスターの仕事です。

さらにチーム内でうまく協力体制が取れていない部分があれば、調整をしてチーム内の環境を整え、協力しやすいようにメンバーをサポートする、という役割もあります。

▼スクラム開発に関わる3つの職種



スクラム開発には、3つの役割があります。

  • スクラムマスター
  • プロダクトオーナー
  • チーム


スクラムマスターの役割は先に解説したため、残りの役割について簡単に見ていきましょう。

プロダクトオーナーとは、プロダクト(製品)の最終決定権を持ち、同時に製品に対する責任を負うという役割のことです。

業務の優先順位を検討して進捗管理を行い、競合他社製品と比較した際の強みや弱みを把握しており、プロジェクトの「進行役」を担当します。

スクラムマスターは、プロジェクトオーナーがスクラム開発を推進するのを補佐し、スムーズな開発に尽力する立場です。

チームは、スクラムマスター・プロダクトオーナー以外のチームメンバー全員を指します。

チームメンバー1人ひとりは、スクラム開発の概念を理解し、協力体制をとりながら開発を進めることが求められます。

▼スクラムマスターはいらない?必要?



スクラム開発を進めるなら、スクラムマスターは必要です。特にスクラム開発の開始時は、チーム運営がスムーズに進むようになるまで、専任のサポーターが必要となります。

プロダクトオーナーは、チーム全体の進捗管理を行い、対外的な交渉事などをすべて引き受ける存在です。

チームの環境に集中して気を配る役割のスクラムマスターがいないと、チーム運営が厳しくなる可能性があります。

「プロジェクトマネージャーがいれば、スクラムマスターはいらないのではないか」と思う方もいるかもしれません。

しかし、スクラムマスターとプロジェクトマネージャーは、役割が大きく異なるため、簡単には交代できません

では、スクラムマスターとプロジェクトマネージャーは具体的にどういう違いがあるのでしょうか。

▼プロジェクトマネージャーとの違い



プロジェクトマネージャーの仕事は、ひと言で言えばプロジェクトの進行役であり、各種リソース管理も行います。

納期から進捗管理表とマイルストーンを作成。進捗状況を担当から確認しつつ、定期的に進捗会議を開催して進捗状況を把握し、必要に応じて個別にフォローします。

プロジェクトマネージャーから展開する進捗管理表はトップダウン式に決まり、各担当は提示された作業範囲を見て、自分で進捗を管理します。

一方、スクラムマスターはひたすらサポートに徹する存在であり、チーム全体の様子を観察し、目的達成を見守る役割です。

各チームメンバーの様子を見ながら動きを決める、ボトムアップ式で問題を解決します。

プロジェクトマネージャーとスクラムマスターは、プロジェクトに対するアプローチがかなり違うため、役割の違いを理解して求められる仕事に対応する必要があります。

▼スクラムマスターの年収



スクラムマスターの年収は、経験や実績によって幅が大きいですが、転職サイトなどを確認すると、600万~1,000万円の間で想定年収を指定しているケースが多く見られます。

おおよそプロジェクトマネージャーと同等レベルの収入ですが、まだ募集件数は少ない状況です。(2021年3月31日時点)

ただ、DX人材として求められている職種の1つであり、今後需要の増加が見込まれています

スクラムマスターの仕事内容

【本項の内容】

スクラムマスターとは、スクラム開発を推進する責任者のことです。1人がスクラムマスターを担当する場合もあれば、開発者が持ち回りでスクラムマスターとなるケースもあります。

スクラム開発とはアジャイル開発手法の1つで、複雑な問題を扱うのに適しています。

スクラム開発では、5つのイベント、3つの役割、3つの作成物が規定されていますが、スクラムマスターは3つの役割のうちの1つです。

▼スクラムマスターの役割



スクラムマスターの役割は、スクラム開発を行うプロジェクトの、いわば「問題確認・解決役」で、スクラム開発を進める上で特に重要な立場です。

スクラムマスターは、チームメンバー全員が自律的にスクラム開発に取り組めるよう、さまざまな働きかけを行います。

スクラムマスターは、深い知識を踏まえてスクラム開発を円滑に進めるためのあらゆる管理を行い、スクラムが順調に進むようさまざまな働きかけを行います。

スクラムの管理は多くの人が関わるため、チームメンバー全員がスクラム開発について理解して開発しているかを確認する作業も、スクラムマスターの仕事です。

さらにチーム内でうまく協力体制が取れていない部分があれば、調整をしてチーム内の環境を整え、協力しやすいようにメンバーをサポートする、という役割もあります。

▼スクラム開発に関わる3つの職種



スクラム開発には、3つの役割があります。

  • スクラムマスター
  • プロダクトオーナー
  • チーム


スクラムマスターの役割は先に解説したため、残りの役割について簡単に見ていきましょう。

プロダクトオーナーとは、プロダクト(製品)の最終決定権を持ち、同時に製品に対する責任を負うという役割のことです。

業務の優先順位を検討して進捗管理を行い、競合他社製品と比較した際の強みや弱みを把握しており、プロジェクトの「進行役」を担当します。

スクラムマスターは、プロジェクトオーナーがスクラム開発を推進するのを補佐し、スムーズな開発に尽力する立場です。

チームは、スクラムマスター・プロダクトオーナー以外のチームメンバー全員を指します。

チームメンバー1人ひとりは、スクラム開発の概念を理解し、協力体制をとりながら開発を進めることが求められます。

▼スクラムマスターはいらない?必要?



スクラム開発を進めるなら、スクラムマスターは必要です。特にスクラム開発の開始時は、チーム運営がスムーズに進むようになるまで、専任のサポーターが必要となります。

プロダクトオーナーは、チーム全体の進捗管理を行い、対外的な交渉事などをすべて引き受ける存在です。

チームの環境に集中して気を配る役割のスクラムマスターがいないと、チーム運営が厳しくなる可能性があります。

「プロジェクトマネージャーがいれば、スクラムマスターはいらないのではないか」と思う方もいるかもしれません。

しかし、スクラムマスターとプロジェクトマネージャーは、役割が大きく異なるため、簡単には交代できません

では、スクラムマスターとプロジェクトマネージャーは具体的にどういう違いがあるのでしょうか。

▼プロジェクトマネージャーとの違い



プロジェクトマネージャーの仕事は、ひと言で言えばプロジェクトの進行役であり、各種リソース管理も行います。

納期から進捗管理表とマイルストーンを作成。進捗状況を担当から確認しつつ、定期的に進捗会議を開催して進捗状況を把握し、必要に応じて個別にフォローします。

プロジェクトマネージャーから展開する進捗管理表はトップダウン式に決まり、各担当は提示された作業範囲を見て、自分で進捗を管理します。

一方、スクラムマスターはひたすらサポートに徹する存在であり、チーム全体の様子を観察し、目的達成を見守る役割です。

各チームメンバーの様子を見ながら動きを決める、ボトムアップ式で問題を解決します。

プロジェクトマネージャーとスクラムマスターは、プロジェクトに対するアプローチがかなり違うため、役割の違いを理解して求められる仕事に対応する必要があります。

▼スクラムマスターの年収



スクラムマスターの年収は、経験や実績によって幅が大きいですが、転職サイトなどを確認すると、600万~1,000万円の間で想定年収を指定しているケースが多く見られます。

おおよそプロジェクトマネージャーと同等レベルの収入ですが、まだ募集件数は少ない状況です。(2021年3月31日時点)

ただ、DX人材として求められている職種の1つであり、今後需要の増加が見込まれています

スクラムマスター向けの資格と学習方法

【本項の内容】

スクラムマスター向けの資格はいくつかあります。ここからは、スクラムマスター向けの資格と学習方法について解説します。

▼資格は必須ではないが学習に役立つ



スクラムマスターに関係する資格取得は必須ではありません

また、数種類の資格が乱立していることもあり、どの資格を取得すれば社会的な評価が得られるかという点はまだまだ未知数です。

ただ、今までスクラム開発やアジャイル開発の経験が乏しいという人にとって、試験勉強は知識取得に役立ちます

スクラム開発やアジャイル開発は注目されているため、今後正しい知識を持っているエンジニアや業務経験を重ねたエンジニアは、重宝されると考えられます。

▼スクラムマスター関連の資格と難易度・学習方法



スクラムマスターに関する資格は数種類あり、どれから手を付けていいか迷うかもしれません。スクラムマスターに関する主要な資格は以下の通りです。

  • 認定スクラムマスター(CSM):3日間の研修受講・受講料33万円(税込)
  • 認定スクラムマスター(LMS):2日間の研修受講・受講料22万円(税込)
  • アジャイル認定プロフェッショナル(PMI-ACP):PMI会員435米ドル 非会員495米ドル
  • アジャイルソフトウェア開発技術者検定試験:Lv.1 受験料11,000円(税込)、Lv.2 受験料16,500円(税込)


認定スクラムマスターの試験は、事前に研修を受けてテストに臨みますが、受講料が高額です。

アジャイル認定プロフェッショナルやアジャイルソフトウェア開発技術者検定試験はまだ捻出可能な金額で受験できるため、まずはこれらの資格を目指すといいでしょう。

各資格には、対策要のオンライン講義や指定の書籍があるので、公式サイトの提示内容を確認することで学習を進められます。

WRITER

編集部チーム

PARAFT編集部

スクラムマスターは、アジャイル開発の一種であるスクラム開発をスムーズに進めるため、チームの潤滑油となる仕事を請け負う役割を負います。 従来のプロジェクトマネージャーとはアプローチの方法が違うため、違いを確認して求めらっる役割を理解しましょう。 スクラム開発やアジャイル開発の経験がない場合は、週に数日といったスポット対応も可能なPROsheeがおすすめです。 スクラム開発やアジャイル開発の現場経験を積むようご検討ください。 IT系の職種としてフリーランスになる人は、PROsheetなどの専門のエージェントを活用することで、フリーランスとしてのスタートアップをサポートしてもらうことができます。案件の獲得方法やご稼働後のサポートを受けることができます。特にIT系の職種の案件が多くなっており、活用することで得られるメリットはたくさんあるので、まずは下記URLから登録面談にてお気軽にご相談ください。 PROsheetの会員登録ページへ飛びます

ー 「生きる」と「働く」を もっと楽しく。
役割・年収・仕事内容・資格などをわかりやすく解説:r000021003629 | PARAFT [パラフト]

CAREER CHANGE

スクラムマスターとは?

RELATED POST

フリーランス向け、週2~5日のお仕事紹介:PROsheet[プロシート] | PARAFT [パラフト]